ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

mecicolle

mecicolle

mecicolle

生いちご データ提供:ユーザー投稿

生いちご データ提供:ユーザー投稿

九十九餅 データ提供:ユーザー投稿

クリームあんみつ データ提供:ユーザー投稿

生いちご データ提供:ユーザー投稿

生いちご データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

目白通りにある、2、3階が甘味喫茶の和菓子屋。一番人気の九十九餅は、求肥の甘さにふっくら虎豆、無糖のきなこがマッチした名品。

データ提供:昭文社

目白志むらが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    志むらは、東京の目白通りにある和菓子店です。志むらは1939年(昭和14年)創業で、長い伝統を持つお店です。お店の1階は和菓子の販売、2・3階は甘味喫茶です。初代の跡を継ぎ、現在は3人の兄弟が経営とお菓子作りを行っています。志むらのお菓子はどれも有名ですが、やわらかい牛皮がおいしい九十九餅は志村を代表するお菓子です。

    その菓子店の上にある甘味喫茶では、甘いものだけでなく赤飯弁当や、野菜カレーなども提供しています。赤飯弁当は、上質な豆を使用した赤飯、和菓子店らしい可愛らしい盛り付けが女性に人気です。煮物、がんもどき、卵焼きなどの和風のおかずは、丁寧に作られたプロの味わいになっています。甘い甘味を食べる前に、一度は食べておきたい名物弁当です。

    お店で一番人気のメニューがあんみつです。どの季節も注文するお客さんが多いといいます。果物、こしあん、えんどう豆、寒天、そして黒蜜、素材の力を生かした、体に優しいデザートです。

    志むらの名物九十九餅にバニラアイスをたっぷりとのせ、きな粉をトッピングした、その名も「九十九アイス」も人気です。ボリュームがあるので、これ一品で満足できるスイーツです。

    そして夏場に絶大な人気を誇るのが、「氷」です。この時期は、喫茶スペースはいつも満席になる賑わいとなります。真っ白でふわふわの氷に、自家製シロップが上からかけられています。その姿はまるで滝のようで、氷の白とシロップの鮮やかな色がなんとも涼しげです。

    シロップは各種あり、生いちごはジャムのようなトロリとした甘さが印象的です。ブドウは、皮もまるごと使用した美しい紫色のゼリーシロップと生の巨峰がかかっていて、甘みと酸味が見事にマッチしています。リンゴキャラメルは、リンゴのシロップ漬けの甘さとキャラメルの苦味が秋の気配を感じさせてくれます。どれも他では味わえない、志むらオリジナルの味付けです。

    長い伝統を
    誇る志むらのお菓子を、ぜひ自分の舌と目で体験してみてください。

    続きを読む
  • メシコレ

    断崖絶壁かき氷!老舗和菓子店の迫力ある盛り盛りはオススメ!の記事で紹介されました。

    断崖絶壁かき氷!老舗和菓子店の迫力ある盛り盛りはオススメ! メシコレ記事画像
  • テレビ

    なないろ日和!(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    厳選した素材を使って作った和菓子を販売しています。 目白のクリスマススポットを特集した中で紹介されました。

目白志むらの基本情報

店名

目白志むら

メジロシムラ

電話番号
  • 03-3953-3388
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR山手線目白駅からすぐ
営業時間 10:00~18:30(閉店19:00)、祝日は~17:30(閉店18:00)
定休日
  • 日曜(8月は臨時休あり、年末年始休)
平均予算
  • 800円(通常平均)

データ提供:昭文社

目白にあるスポット

目白には目白駅や 学習院大学目白庭園上智大学(目白聖母キャンパス) 等、様々なスポットがあります。この目白にあるのが、和菓子「目白志むら」です。