ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

mecicolle

mecicolle

mecicolle

餃子 データ提供:ユーザー投稿

データ提供:ユーザー投稿

餃子 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

ぎょうざ一本で行列を呼ぶ昔からの人気店だ。素材の旨みを凝縮した味は1人前7個で、小腹が空いたときにも使えそうだ。

データ提供:昭文社

ひょうたんが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「瓢たん 三宮店」は阪急神戸線本線三宮駅の西口から徒歩1分の焼き餃子の専門店です。お店は線路下ですから元町方面へ線路に沿って歩けば迷うことはありません。線路下の飲食店が連なっているところの一角で、赤いのれんが目印です。

    店内はカウンター席とテーブル席があって20席ちょっとくらいと、そこまで広い感じはしません。お店は居酒屋っぽいというか、どちらかというと大衆酒場といった感じでおしゃれな感じではありません。線路下のお店らしくこぢんまりした雰囲気です。本当に焼き餃子専門店らしく、お店にはご飯はありません。ここは餃子とビールという幸せのセットを楽しむお店です。

    神戸には神戸味噌ダレ餃子といって、餃子を味噌だれで食べます。その味噌ダレは豆板醤、味噌、醤油、ごま油、ラー油に鶏がらスープ、花椒などで作られ、店舗や家庭によって作り方が異なり特徴があります。こちらの味噌ダレは濃厚な赤味噌ダレです。それが挽き肉と野菜が大目に入った餃子にベストマッチです。

    餃子は水をたっぷりと使って蒸し上げるように焼いています。かなり水を使うので、出来上がった餃子は、表面はぱりっとしているものの、ふっくらといった感じです。餃子は皮が厚めでもっちりしています。具の汁が餃子にしみこみ、しっかりと蒸しあがった餃子には以外にあっさりしています。だからこそ濃厚な味噌ダレによく合います。

    一人前は餃子7個。370円です。味噌ダレには、少量のお酢や醤油を入れても美味しいです。この辺は好みに合わせて調整します。

    あっさりした餃子のせいでしょう。3人前を食べるのはさすがに強者ですが、2人前は当たり前のように平らげることができます。餃子は家に持って帰って再び温めるより、焼きたてを食べるのが一番です。地域の赤味噌ダレ餃子の人気を担っている店舗のため、休日となると昼でも満席になるほど、餃子好きの人が集います。食事後や翌日に打ち合わせ、またデー
    トがない日にはぜひチャレンジを。

    続きを読む
  • メシコレ

    メニューは餃子と酒のみ!神戸のB級グルメ・味噌餃子の有名店の記事で紹介されました。

    メニューは餃子と酒のみ!神戸のB級グルメ・味噌餃子の有名店 メシコレ記事画像
  • テレビ

    ナミノリ!ジェニー(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    毎日放送  放送

    皮は自家製、具は全て国産で、味噌だれで食べる餃子を提供しています。 神戸・大阪・京都で美味しい餃子を探すコーナーで紹介されました。

ひょうたんの基本情報

店名

ひょうたん

ヒョウタン

電話番号
  • 078-331-1354
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR三ノ宮駅から徒歩3分
営業時間 11:30~23:30(閉店24:00)、日曜、祝日、連休の最終日は~22:30(閉店23:00)
定休日
  • 不定休(年末年始休)
平均予算
  • 1000円(通常平均)

データ提供:昭文社

三宮駅山手にあるスポット

三宮駅山手には三宮駅や ホテルモントレ神戸ホテルピエナ神戸 等、様々なスポットがあります。 また、三宮駅山手には、「生田神社」もあります。兵庫県神戸市中央区にあり、神功皇后以来の歴史がある神社です。かつては、現在の神戸市中央区の一帯が社領でであり、「神戸」の地名の語源となっています。初詣時期にはもちろん、三宮駅からも繁華街からも近く、普段から参拝客が絶えず、「生田さん」と呼ばれて親しまれています。境内に足を踏み入れると、かつては源平の戦場にもなった、生田森があります。近くの喧騒も遠ざかり、しばし日常を忘れる静けさがあります。また、各地より集まった稲を使い、境内で神職が酒造りをしたことが、灘の酒造りの起源になったとも伝えられています。この三宮駅山手にあるのが、餃子「ひょうたん」です。