かほく・津幡・内灘 の人気グルメ&レストラン

石川県かほく市・津幡町・内灘町は、石川県の中部に位置しており、かほく市は宝達志水町に、津幡町・内灘町は金沢市に隣接しています。かほく市には北陸で最大規模の商業施設「イオンモールかほく」があり、多くの人でにぎわっています。内灘海岸では、世界中の凧が一堂に会す「世界の凧の祭典」が開催され、多くの観光客が訪れています。かほく市の名産品として「鍋の素」の元祖と言われる「とり野菜みそ」が知られています。もっと見るかほく・津幡・内灘のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「カフェ・スイーツ」です。おすすめのお店は、「京都やさかダイニング かほく店」「ペッパーランチ イオンモールかほく店」「お好み焼 道とん堀 津幡店」です。おすすめのスポットは、「うのけ総合公園」「浜茶屋「白山」」「今本ぶどう園」です。ランチ情報も盛りだくさんです。

かほく・津幡・内灘のエリア情報

石川県かほく市は、河北郡宇ノ気町、七塚町、高松町が合併して誕生した市です。江戸時代には能登地方と加賀地方をつなぐ街道の宿場町として栄えました。かほく市は日本海に面しており、海岸砂丘を利用したぶどう、すいか、長いも等の果樹栽培を行っています。石川県幡町と富山県小矢部市の境に位置する倶利伽羅峠(くりからとうげ)では、木曾義仲が「火牛の計」を用いて平家を破ったという伝説が残っています。

ページ上部へ