牛久・龍ケ崎・阿見  人気グルメ&レストラン

牛久・龍ケ崎エリアは茨城県の南部に位置するエリアです。牛久市・龍ヶ崎市ともに東京から50km前後の距離であることから、東京のベッドタウンとして開発が進みました。エリア内の産業は農業や工業が中心で、稲作や落花生、ゴボウなどが栽培されています。また、明治時代にはワインの醸造施設が作られ、当時の建物は重要文化財に指定されています。阿見町は霞ケ浦の南に面していて2017年5月時点で関東地方で2番目に人口の多い町である。

番組情報提供:株式会社エム・データ

ページ上部へ