大田原 の人気グルメ&レストラン

大田原エリアは栃木県の北東部に位置するエリアです。2005年10月1日に大田原市が那須郡湯津上村と黒羽町を編入し、現在の形となりました。大田原市は五街道のひとつ、「奥州街道」の宿場町として発展した町で、松尾芭蕉の「奥の細道」と縁の深い地域で、芭蕉が滞在した雲巌寺などがあります。また、那珂川に面していることから、水産試験場や淡水魚水族館の栃木県なかがわ水遊園があります。もっと見る大田原のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「カフェ・スイーツ」です。おすすめのお店は、「ほっこり串焼 たのしや 」「鉄板ダイニング グリ鉄 」「楽てん 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。

大田原のエリア情報

大田原エリアは縄文時代から人が居住していたとされています。戦国時代から大田原氏の領地でした。江戸時代になると大田原氏によって大田原藩が成立します。また、五街道のひとつ「奥州街道」の整備が進められ、大田原藩の城下町と街道の宿場町として発展していきます。明治維新後は大田原県を経て、栃木県に編入されました。

ページ上部へ