当店は東京スカイツリー至近、両国エリアに立地する「ちゃんこ鍋」と新鮮な魚介類を中心とした割烹です。
 

 当店は昭和58年に宮城野部屋と横綱吉葉山の名前を譲り受け誕生致しました。
 総檜造りの由緒ある建屋、力士たちが稽古に励んだ土俵、店内に響き渡る相撲甚句は料理に彩りを添え、築地市場・仲卸の直営店ならではの新鮮な食材と料理人の熟練の技によるこだわりの味を存分にご堪能戴けるものと存じます。
 また、当店は個人、グループのお客様はもとより団体のお客様(最大150名規模)のお食事・宴会まで対応させて戴きます。

<店内・土俵上などでの催し物案内>
●相撲甚句:月・水・金・土曜の午後7時30分から、本館・土俵上にて 
●津軽三味線演奏:火・木曜の午後7時から、本館・土俵上にて
●グランドピアノ演奏:火・木・土曜の午後8時から、新館1階にて
※大相撲東京場所期間中をはじめ、都合により日程変更があり得ますので予めご了承下さい。

当店のこだわり

食材や調理法、空間から接客まで。お客様をおもてなし。

  • 鮮魚

    東京スカイツーリー至近

    築地市場仲卸の直営だからこそできる、築地から毎日直送される新鮮な魚介類と調理職人の熟練の技による「ちゃんこ鍋」から一品料理まで、こだわりの味を大相撲の伝統と風情と共にご堪能戴けます。 また当店では個人・グループのお客様の個室対応はもとより経験豊かなスタッフにより100名規模の団体様の対応も可能です。

    詳細を見る

トピックス
当店のおいしい情報や
オススメ情報をお知らせ
お得掲示板

ピックアップ写真

  • 故横綱吉葉山の宮城野部屋の由緒ある建屋(店舗外観)

  • 割烹吉葉名物「本物の土俵」と豪華な総檜造りの内装

  • 割烹吉葉自慢のこだわりの「ちゃんこ吉葉鍋」、是非ご賞味下さい

  • 築地市場・仲卸のプロが厳選した鮮度抜群の魚介類をご堪能下さい

写真をもっと見る

割烹 吉葉  基本情報

店名

割烹 吉葉

カッポウヨシバ

電話番号・FAX
  • 03-3623-4480
  • お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

  • FAX:03-3623-4561
住所
アクセス
  • JR 両国駅 西口 徒歩10分
  • 都営大江戸線 両国駅 徒歩7分
駐車場
  • (近隣に有料駐車場有り)
営業時間
月~土
11:30~14:00
(L.O.13:30)
17:00~22:00
(L.O.21:10)
定休日
  • 日曜日
  • 祝日
  • ※GW、盆休みにつきましてはお問い合わせ下さい
平均予算
  • 5,000円(通常平均)
  • 7,000円(宴会平均)
  • 900円(ランチ平均)
その他料金
  • サービス料:無
クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • UC
  • ダイナースクラブ
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。
備考
  • ※本場所中は日・祝日も夜のみ営業いたします。(21:30閉店)
    ※土俵廻りの砂かぶり席 1コーナー3,000円

席・設備

総席数
  • 250席
  • 座敷席あり
  • 掘りごたつ席あり
  • 座椅子あり
宴会最大人数
  • 150名様(着席時)
個室
  • 座敷個室あり(6名~8名様用)
  • 座敷個室あり(16名~20名様用)
  • 座敷個室あり(2名~4名様用)
  • ※個室の詳細はお店にお問い合わせください

禁煙・喫煙
  • 喫煙可
お子様連れ

お子様連れOK

  • 設備・サービス:
  • お子様用食器あり
ペット同伴
  • 同伴不可
外国語対応
  • 外国語メニューあり:
  • 英語メニューあり
携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( NTT ドコモ )
その他の設備・サービス
  • ワインセラーがある

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス
  • ランチメニューあり

このお店のメニュー:

ドレスコード
  • カジュアル
お店のウリ
  • 【両国】
  • 【ちゃんこ鍋】
  • 【大宴会場】

割烹 吉葉 のサービス一覧

Foreign Language Version

割烹 吉葉  が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    朝の!さんぽ道(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    昭和58年(1983年)に相撲部屋と横綱の名前を譲り受けて創業した老舗ちゃんこ店です。 両国のスタート地点から3000歩以内にあるステキなものを散策した際に紹介されました。

    朝の!さんぽ道

    テレビ東京  放送

    2月15日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、東京・両国からスタートして3000歩以内にステキなものをたくさん発見しようと散策する中で「割烹・吉葉」(東京都墨田区)が紹介された。

    両国での散策途中に何度もちゃんこ店を見かける事があった。それも
    そのはず、なんとこのエリアには約13軒ものちゃんこ料理店が集中しているのだという。これも相撲の街として知られる両国ならではの光景だ。数あるちゃんこ料理店の中から渡辺正行さんが選んだのは、隅田川の近くで営業している同店。風情ある佇まいが特徴の店に入ると、中は既にたくさんのお客さんで賑わっていた。
    「こんにちは。お邪魔します」と挨拶しながら案内された席に着いた渡辺さんは、とある事に気づく。店内の中央に土俵が設置されていたのだ。実は同店、かつて横綱に昇格したとある力士から名前を譲り受けて営業している。当時の相撲部屋を改装し、横綱や他の力士達が稽古で使っていた本物の土俵をそのまま残して店を開けたのだという。

    こちらの看板メニューは醤油ベースの味付けがされた「ちゃんこ・吉葉鍋」(2,600円)だ。魚介類と鶏肉、野菜など約17種類の具材を盛りだくさんに使った店自慢の一品。店員から「特につみれは絶対に食べていただきたいですね」とオススメされた渡辺さんは、さっそく小皿につみれを取り分けて実食へ。「鰯のつみれとは違って凄く弾力がありますね。あ~。このスープがやっぱり絶品ですね!」とコメントし、「本物の相撲部屋でちゃんこ料理を食べられるっていうのは醍醐味ですよね」「一般の人はこういう体験が出来ることはそうないですから」「こんだけ土俵を近くで見れるってなかなかないですもんね~」と店員と語り合った。最後に渡辺さんは店を後にして「満腹!あったまりました~お腹もういっぱいです!」と満足気に笑顔を見せた。
    なお、同メニューは2人前から注文出来るという事だ。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

    ビビット(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    TBS  放送

    昭和58年(1983年)に相撲部屋と横綱の名前を譲り受けて創業した老舗ちゃんこ店です。 この時期だからこそゆっくり回れる両国にある相撲スポットを特集したコーナーで紹介されました。

    ビビット

    TBS  放送

    8月4日放送の「ビビット」(TBS系、午前08時00分~)では、この時期だからこそゆっくり回れる両国にある相撲スポットを特集したコーナーで、「割烹・吉葉」(東京都墨田区)が紹介された。

    移転をきっかけに居抜きで相撲部屋を譲り受け創業したという同店。中には多くの力士達が修
    練に励んだ土俵がある。当時の原形を残し開業したために店の真ん中にある土俵には、本来入れない女性も入ることが出来た。土俵横の席に座ればよりいっそう相撲部屋の雰囲気を味わえそうだ。
    こちらの一番人気は、メカジキのつみれ・エビ・ホタテなどの豊富な魚介類に豚肉など、17種類の具材を盛り込んだ贅沢な一品、「ちゃんこ吉葉鍋」(1人前2600円)。
    「ちゃんこ吉葉鍋」を一口食べた男性アイドルは「美味しい!」と歓声をあげた。「おー!美味しい!ふわふわ!美味しいです!すごい美味しい!」と繰り返した男性アイドルに田中美佐子さんも「うん!美味しい!美味しい!」と驚いたように頷いた。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

    ノンストップ!(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    フジテレビ  放送

    昭和58年(1983年)に相撲部屋と横綱の名前を譲り受けて創業した老舗ちゃんこ店です。 大相撲の新番付で大関となった力士を特集した中で紹介されました。

    出没!アド街ック天国(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    昭和58年(1983年)に相撲部屋と横綱の名前を譲り受けて創業した老舗ちゃんこ店です。 新スポットも続々登場の大相撲の聖地、東京都墨田区の両国を特集した中のランキング第4位の項目内で紹介されました。

    Nスタ(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    TBS  放送

    昭和58年(1983年)に相撲部屋と横綱の名前を譲り受けて創業した老舗ちゃんこ店です。 両国の江戸前グルメを特集した中で紹介されました。

    更にテレビ番組情報を見る
割烹 吉葉
  • TEL03-3623-4480