シェフ・料理人の紹介

オーナーシェフ

羽鳥 祐司はとり ゆうじ

羽鳥祐司

大学卒業後、コーヒー会社に就職して9年間勤務。その後、弁当製造会社、レストランチェーンなどで働き、料理の知識を深める。35歳で独立、オーナーシェフとして藤沢に「しぇんろん」をオープンする。当初はランチ主体だったが、1年後に居酒屋業態へ移行。埼玉県の老舗蔵元との出会いで、純米酒の魅力に目覚め、日本酒に合った和食の追及を始める。
地産地消、国産の素材にこだわり、湘南・藤沢産の農薬不使用の野菜、東京湾や相模湾で水揚げされる天然魚介、藤沢産の豚肉などを中心に、旬の素材を使った四季折々の料理を提供する。豊富に取り揃えた純米酒と、それに合わせた料理の数々は、多くの日本酒愛好家からも愛されている。

  • 得意(専門)料理ジャンル
    日本酒との相性を大切にし、旬の食材にこだわった和食。
  • 料理人としてのモットー
    当たり前のことを手を抜かずにちゃんとやる。煮干しと鰹節で丁寧に出汁を引くなど手間暇を惜しまない。
  • 料理人になったきっかけ
    飲食に関わる会社で働くうちに、もともと料理が好きなこともあって、独立したいと考えるようになりました。
  • 料理人として影響を受けたもの(味・人など)
    純米酒の魅力を教えてくれた埼玉県の蔵元さんから、日本酒に合う素材や調味料を学びました。

私の一品

ふじさわ産豚肉のソテー

旨みのある脂身、豚特有の臭みが少ない藤沢産の豚肉に出会って生まれた一品です。美味しい食べ方を追究した結果、シンプルな塩焼きに。良質な塩を使って焼き上げる豚の風味と、日本酒との相性も抜群です。
付け合わせは藤沢産の野菜をソテー。季節に応じた旬の野菜を選び、アンチョビソースと合わせています。

私のおもてなしスタイル

  • 食材選択

    食材選択

    魚介は地元の相模湾や東京湾を中心に天然物のみにこだわっていますが、地元の魚介のみですと品数も限られてしまうため、全国から旬の魚介が集まる横浜の市場からも仕入れています。
    私は地産地消の考え方が好きです。藤沢は生産者の意識も高いので、野菜や肉も、できるかぎり藤沢の食材を使用していきたいと思っています

  • メニュー構成

    メニュー構成

    メニューの大半は日替わりで、その日の入荷に応じて構成。全て純米酒との相性を考えて調理しています。
    料理人は腕を磨くことはもちろん、それ以上に舌を磨くことも大切だと考えています。自分の味覚だけに頼らず、定期的に生産者や常連さんと交流を図り、意見交換をするようにして、料理にも反映させています。

  • こだわりの純米酒

    こだわりの純米酒

    日本酒は常時35アイテム以上、約20の蔵元から厳選。仕入れの際は必ず、直接蔵元と会って話しを伺い、仕入れるようにしています。扱っている純米酒は、どれも蔵元が手造りしているこだわりのお酒で、冷酒はもちろんお燗でも美味しくいただけます。料理も純米酒との相性を考えて、素材から調味料まで厳選しています。

純米酒料理屋 しぇんろん のサービス一覧

シェフ紹介:
純米酒料理屋 しぇんろん
  • TEL050-3466-4688