ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

伊豆に来たらココで食事を。旅行各誌でおなじみのオコゲがおいしい5種の源氏釜めしと生そばのお店です。

源氏の里、修善寺で「公園の釜めしやさん」といわれて早50年。修善寺自然公園は早春から花が咲き、秋のもみじも伊豆一の美しさを誇ります。漱石、紅葉、虚子などの碑があるそこに入いると誰もが情緒的な雰囲気になり、詩人になります。また近くのだるま山高原は遥か向こうの波の音が聞こえるかのような静寂の中で見る富士山が絶景で、そのパノラマ写真がニューヨーク万博にも出品された程です。ぜひお越し下さい。お待ちしてます

松葉茶屋が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    土曜スペシャル(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    釜飯や生蕎麦などを提供している食事処です。 静岡・熱海~修善寺を大切な人と共に巡り、春に相応しい絶景を拝みながら旅をする特集の中で紹介されました。

    土曜スペシャル

    テレビ東京  放送

    4月1日放送の「土曜スペシャル」(テレビ東京系、午後18時30分~)では、静岡・熱海~修善寺を大切な人と共に巡り、春に相応しい絶景を拝みながら旅をする特集の中で、高橋真麻さん、遼河はるひさんが「松葉茶屋」(静岡県伊豆市)を訪れた。

    遼河はるひさんが注文したメニューは
    「山菜釜めし膳」。釜飯は炊きあがった状態で運ばれてくる。そっと釜の蓋を開けると鼻から息を吸い込んで香りを嗅ぎ、「良い匂い!」と顔を緩めた。山の幸がたっぷりと入った釜飯はおこげがたっぷりと付いているのが特徴だ。伊豆産のお米に「黒米」をブレンドして炊き上げたオリジナリティに溢れる一品。口にした遼河はるひさんは、「んんっ!きのこも美味しいし、ご飯もやばい。おこげが香ばしい!」と絶賛し、ふー、ふー、と冷ましながら更に釜めしを味わった。

    自家製タレで味付けた静岡県産の鶏の胸肉と腿肉を使用し、おまけに手羽先が2本も付いているガッツリとしたボリュームのメニュー「とり膳」が運ばれてくると、高橋真麻さんは「やったー!」と嬉しそうな声をあげる。さらに「すごーい!」と言いながら膳に乗った大きなチキンを手に。「しかも!こんなに沢山入っているーっ!」と嬉しさを隠しきれない。遠慮せずにガブリとチキンに食らいつくと「いっきにクリスマスですね。」とコメント。さらに黙々と食べ続ける高橋真麻さんを見て、遼河はるひさんは「手でガツガツいく感じですね。すごい」と評した。

    2人はしっかりと膳に乗った食事を食べ進めながら、お店の味に満足した様子で同時に「しあわせ~!」と言葉を漏らすと引き続きボリューミーな食事を堪能していた。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

松葉茶屋の口コミ

松葉茶屋の基本情報

店名

松葉茶屋

マツバヂャヤ

電話番号・FAX
  • 0558-72-0576
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

  • FAX:0558-72-0576
住所
アクセス
  • 伊豆箱根鉄道 修善寺駅 バス10分
  • 東海バス虹の郷行 ニュータウン入口停留所 徒歩2分
営業時間 昼の部 10:30~16:00
(L.O.15:00)
定休日
  • 不定休日あり
平均予算
  • 1,500円(通常平均)
  • 4,000円(宴会平均)
  • 1,500円(ランチ平均)
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。

席・設備

総席数

80席

  • 座敷席あり
禁煙・喫煙
  • 分煙
バリアフリー
  • 車いすで入店可
  • ※バリアフリーの詳細はお店にお問い合せください

携帯・Wi-Fi・電源
  • 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )
その他の設備・サービス
  • マイク利用可
  • ステージあり

メニューのサービス・関連情報

メニューのサービス
  • ヘルシーメニューご相談
テイクアウト
  • テイクアウト可

修善寺にあるスポット

修善寺には 修善寺 虹の郷柳生の庄 等、様々なスポットがあります。また、修善寺には、「修善寺温泉」もあります。日本百名湯にも数えられている「修善寺温泉」は伊豆半島で最も歴史のある温泉地といわれています。桂川の中に湧く「独鈷の湯」が始まり。大同2年(807年)に弘法大師がこの地を訪れた際、川の中で病を患った父親の身体を洗う少年と出会い、「川の水では冷たかろう」と言って独鈷で川の中を打つとそこから温泉が湧き出てきました。その湯に浸かると父親の病はみるみる回復したのだそうです。そんな伝説から湯治としてはもちろん、親子連れにも人気。明治時代には多くの文豪墨客が訪れ、小説の舞台としても登場するなど情緒たっぷりな町並みも魅力です。この修善寺にあるのが源氏釜めしと生そば「松葉茶屋」です。