シェフ・料理人の紹介

オーナーシェフ

宮本 雅彦みやもと まさひこ

宮本雅彦

1988年に渡仏し、「フェルム・ドムージャン」「ル・ルレ」「ミッシェル・ゲラール」などの有名店で、ポワソニエやシェフドパティシエなどを歴任。「ジョルジュ・ブラン」ではソーシエ(ソースのシェフ)として活躍し、敷地内のシャルキティエで、ハムやソーセージといったパテやテリーヌの技術も習得しました。その後、ミラノの美食クラブ「3fff トレフ」の料理長として腕を振るい、1991年に帰国。
勝どき「クラブ・ニュクス」の料理長などを経て、1996年に西麻布でフレンチレストラン「クリニャンクール」を開店。2004年に六本木に移転し、店名も新たに「トレフ ミヤモト」として再オープンしました。

私のおもてなしスタイル

  • 香るフランス料理

    香るフランス料理

    旬の素材の魅力を引き出し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま提供。調理法や温度にこだわり食卓に並ぶ瞬間に料理の香りを最大限に高めます。また同じ料理であってもお客様の飲み物に合わせソースの味を微妙に変え料理と飲み物との最高のマリアージュを考えています。

  • 料理と自家製パンのペアリング

    パンも冷めると香りが失われてしまうもの。そこで当店では、料理と温かい状態の自家製パンをペアリングでご提供しています。たとえば、魚料理には青海苔パン、フォアグラにはブリオッシュ、鶏料理にはナッツ入りのパンなど。日によって内容は異なりますが、毎日3~6種類のパンを焼いてお客様をお待ちしています。

  • テラス席

    テラス席

    気候のよい時やペット連れのお客様には、テラス席がおすすめです。最大8名様で昼夜ともにご利用いただけ、夜にはランプが灯って、ムードのあるひと時をお過ごしいただけます。特に5月頃になると、テラスに数多くのバラが咲きほこります。このバラを目当てに来店されるお客様も多いものです。

トレフ ミヤモト のサービス一覧

トレフ ミヤモト