2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

こだわり1 産地直送

生産責任者から毎日届く比内地鶏

本家あべやでは、比内地鶏生産責任者である阿部一茂より、責任を持って毎日届けられる新鮮で良質な丸鶏を一羽一羽店内で捌いて使用しています。皆様に安心、安全なものをご提供できるよう心がけていきます。

  • 秋田県奥羽山脈麗の大館市比内町。澄んだ空気と清らかな水に囲まれた豊かな大地で比内地鶏は育っています。比内地方に縄文時代から存在する比内鶏。昭和17年、天然記念物に指定された比内鶏を一代交配することにより、日本三大美味鶏と称される「比内地鶏」が誕生しました。

  • 生産責任者から直接お店に届けてもらえるため、最短ルートでお店に届けられるのが最大の特徴です。そうすることで、刺身でも食べられるほど新鮮な鶏肉を毎日使う事ができます。

こだわり2 焼き鳥

店内で毎日丸鶏から捌く比内地鶏

恵まれた環境を生かし、お店で丁寧に捌くことで、とにかく鮮度にこだわった鶏料理を提供しています。丸鶏一羽を毎日10~15羽捌くため、2羽で1本、3羽で1本しか採れないような希少部位の焼鳥をご用意できます。

  • 希少部位に限らず、スタンダードを思われがちなモモ肉やムネ肉も実はさらに細かい部位分けができます。肉質を見分け、繊細な包丁さばきと丁寧な串打ちをすることで、先入観とは違う一本に驚きを感じることも。考え抜いて辿り着いた一本をお楽しみください。

  • ジューシーな部位、パリッと仕上げたい部位、旨味滴る部位、赤身感を愉しむ部位…。比内地鶏の鮮度にこだわり、肉質に合わせ、一本一本丁寧に準備した焼鳥も最後の仕上げで、様々な表情に変化していきます。職人が焼き台の位置ごとに絶妙な温度差を作って、それぞれ素材の個性が活かされるよう焼き上げています

こだわり3 郷土料理

本場大館きりたんぽ鍋

「たんぽ」の起源は、比内地方と言われています。昔、狩りのため山ごもりした農民が、ご飯をこねて木の串に巻きつけて鍋に入れて食べたものが始まり。昔ながらの「おふくろの味」を楽しんでいただけるよう、お店でこねて備長炭で焼いた「手作りたんぽ」ものを使っています。秋田郷土を感じる滋味深い鍋をお楽しみください。

  • 店内仕込みの「たんぽ」は、こだわりが満載。あえて古米のササニシキを使うことで新米のようにモチモチさせません。適度な粘りに炊き上げることで、スープが浸みこみやすい肉厚なたんぽにします。最後に備長炭で外側を香ばしくカリカリに仕上げています。市販とは全然違う太さや風味に驚く方がいらっしゃいます。

  • 「命のダシ」といえば比内地鶏スープです。毎日直送される丸鶏を捌いて、様々な部位をスープに入れています。朝からコトコトじっくり旨味を炊きだすことで、きりたんぽ鍋はもちろん、水炊き鍋、親子丼やカレーなどなど料理の根幹を支えています。きめ細やかながら旨味のコシがあるスープ少し気にして味わってみてください。

こだわり4 大人数で宴会

店内総席数100席。50名様~貸切可能

東京駅徒歩1分。八重洲北口を出て左手キッチンストリートの2階だから、改札まですぐ。大人数宴会での集合、移動や解散も東京駅内なので楽々です。宴会に応じて様々なコースをご用意しております。合せてご検討くださいませ。

  • カジュアル接待や部門/部署のご宴会には奥まったテーブル席がオススメ。お電話でご利用用途とともにスタッフに相談しながらご予約をしてみてください。

  • 当店にはカウンター席のご用意がございます。テーブル席ご希望場合は、少人数(2名4名様)もご案内は可能ですので、まずはお電話でお問い合わせください。

こだわり5 ランチ

比内地鶏の全てを凝縮した親子丼

親子丼は比内地鶏を余すことなく1羽まるごと味わえます。比内地鶏の肉、肉汁、炊き出して凝縮した旨味…それらをお箸で持てるほどの弾力ある卵でとろとろ半熟にして閉じ込めます。比内地鶏の旨みをしっかり味わえるよう、玉葱など余計な具材は一切いれません。

  • 割下は比内地鶏ガラ・もみじをはじめとして焼鳥では使わない鶏肉も入れて、長時間じっくりと旨みを炊き出し、そんなシンプルな親子丼では物足りない方に…。炙った比内地鶏と卵黄を追加して、豪華絢爛な親子丼を作りました。

  • 具材のもも肉、むね肉は皮面だけ紀州備長炭でパリッと香ばしく焼き上げることで親子丼にアクセントをつけます。噛みしめると地鶏の弾力と旨味が溢れます。

本家あべや 東京駅北町ダイニング店 のサービス一覧

本家あべや 東京駅北町ダイニング店