ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

新中野の鍋横商店街に佇むパン屋さんですが、こちらの目印は店の外まで続いている行列。その秘密は価格の安さにあります。サイズはほとんどが手の平位の大きさですが、ワンコインで買えるパンが幾つもあり、ついたくさん買ってしまうというお客さんも目立ちます。パンの種類も様々で、店名にもなっているミルクロールを始め、食パンやミニバゲット、菓子パンも充実しています。またお客さんを惹きつけるのは値段だけではなく、優しい手作りの味もリピーターが多い理由でしょう。食パンは前日予約可能ですが、数が多い場合は前日でも断られる場合がありますので、余裕を持っての確認をおすすめします。

ミルクロールが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    知る人ぞ知る…というよりも、誰にも教えたくないと言われるほど人気のパン屋「ミルクロール」は、鍋屋横町の交差点から十貫坂上を目指してまっすぐ歩くと、十貫坂上の交差点の手前右側にあります。新中野駅から女性の足でも5~6分で歩ける距離です。

    小さなお店ではありますが、中に入ると右手には予約のパンがずらりと並び、人気の高さが伺えます。店内はパンの良い香りが溢れています。

    なんといっても嬉しいのは「55円パン」のコーナーです。たった55円なのに、チョコカスタードやクリームパン、クリームチーズに粒あんぱんなど品揃えが豊富です。よく見ると「45円」や「35円」のパンまであって、クルミやセサミ、チーズが練り込まれた手作りの焼きたてパンなど種類も多くあります。手作りのパンが驚くほど安く味わえるのは、安くて美味しいパンを食べて欲しいという店主の気持ちが伝わってきます。

    ミルクロールのパンを買いに行くために、遠方から鍋横を訪れる人がいるのも頷けます。大変人気があるお店なので、行列が出来ていたり、お目当てのパンが売り切れていたりすることもありますが、それでも行く価値のあるお店です。
    買い逃したくないから、と開店前から並ぶお客さんも多く、お店が開いたとたん飛ぶように売れて行きます。でも、お店が開いている間はずっと焼き続けているので、もし開店に間に合わなくてもすぐに次のパンが焼き上がってくるので安心です。

    シンプルなコッペパンを買って好きな具を挟んで食べるのもいいですし、たった105円で買えるフレンチトーストや160円のアップルシナモンブレッドも抑えておきたいところです。しっとりとして癒されるような優しい甘さは、3時のおやつにぴったりではないでしょうか。

    お休みは日曜祝日です。月曜から土曜までは毎朝11時から19時半まで開いていますが、行ける時にたっぷりと買いだめして冷凍庫で保存し、朝食はミルクロールのパンと決めていると
    いうツワモノなファンまでいるくらい、パン好きにはたまらないお店です。

    続きを読む

ミルクロールの基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

ミルクロール

ミルクロール

電話番号
  • 03-3381-5541
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ丸ノ内線新中野駅1番口 徒歩5分
駐車場

中野にあるスポット

中野には新中野駅や ポレポレ東中野哲学堂公園 等、様々なスポットがあります。 また、中野には、「中野ブロードウェイ」もあります。『中野ブロードウェイ』は、地下1階から地上4階まで数多くのショップが入っているショッピングセンターで、ファッション、雑貨店、飲食店、書店など、そのショップのバラエティの豊富さが大きな特徴です。その多ジャンルさゆえに、独特の空気を醸し出しています。特に古本やプレミアのついているおもちゃなどを販売する、レトロな雰囲気のお店の存在が光ります。館内の飲食店も、メイドカフェから本場韓国の惣菜屋、老舗の鶏肉店、八百屋など個性的。得に8種類の味が8段に積み上げられた特大ソフトクリームを販売しているショップは、地元ではとても有名です。この中野にあるのが、サンドイッチ・パン屋「ミルクロール」です。