2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

こだわり1 夜の接待に使える

月替り会席『kemuri会席』コース

一番人気の会席コース。毎月内容が変わります。旬の食材を中心とした囲炉裏焼コース!季節の野菜や魚介、お肉を囲炉裏で焼きで味わえます。その他、名物の燻製や〆、デザートまでたっぷり7品。大切なゲストを迎えての接待やご会食に最適なコースを7,800円(税抜)にてご用意。旬を味わい尽くせる贅沢コースです。

  • おつまみ、野菜、魚、肉、特選素材を使用した贅沢な『特選会席』9,800円(税抜き)
    囲炉裏焼のサービスも無料で付いてくる、接待や特別な一日にプレミアムな会席です。

  • 【名物トリュフうどん】
    お召し上がる直前に、トリュフをスライスしてお入れいたしますので、ふわっと芳醇なトリュフの香りがいっぱいに広がります。コースにトリュフうどんを含まない場合、〆をお一人様+500円(税抜)にてご変更承ります。

こだわり2 個室貸切

大人が寛げる多彩な囲炉裏空間

花街の粋が残る神楽坂の路地裏にひっそりと佇む大人の隠れ家。柔らかい灯りの間接照明とオリジナルCD「コトノハ」の心地よい音が店内を包み込みます。店内一番奥は、囲炉裏を囲める6名様までご利用可能な半個室をご用意(要テーブルチャージ:飲食代の10%)。大切なゲストを迎えての接待や記念日など特別な日に最適。

  • [テーブル半個室(〜12名様)]
    囲炉裏を囲めるテーブル席半個室。片側がソファー席になっておりますのでごゆっくりくつろいでお食事を楽しんでいただけます。6名様までご利用いただけるテーブル席が2つございますので、デートから職場の宴会など幅広いシーンでご利用ください。

  • [カウンター席(~3名様)]
    意外にも常連様に人気のある囲炉裏付きのカウンター。最大3名様までのご利用が可能で横並びにてお食事をお愉しみいただけます。1組限定のプライベート感たっぷりの特等席です。

こだわり3 梅山豚(めいしゃんとん)

国内に100頭のみ 最高級豚肉"梅山豚"

ミシュラン公認のレストランや名高る有名店もが認めた最高級豚肉"梅山豚"。日本に100頭しかいないことから、幻の豚とも異名をもつ。また希少性だけでなく、上質な脂身は香りが良くトロけるようにあっさりとしていて、赤身は肉汁が豊かでいつまでも余韻が残るという美味しさが「幻」と称される所以。是非ご賞味ください。

  • 期間限定[梅山豚のしゃぶしゃぶ]
    梅山豚の中でも比較的、柔らかい霜降りロース肉を薄切りスライスした梅山豚のしゃぶしゃぶ。 色が変わる程度にさっと湯通ししてお召し上がりください。口の中でとけた瞬間に旨味が広がる味わいをご堪能ください。※常時提供しているメニューではありません。

  • [ワインと料理のマリアージュを愉しむ]
    世界各国のワインを白・赤・泡、合わせて20種ほど取り揃え徹底した品質管理の元、最高の状態でお客様にご提供しております。ワイン選びにお困りでしたらスタッフにお気軽にお尋ねください。

こだわり4 囲炉裏

お腹だけでなく心も満たしてくれる場

こんな"おもてなし"があったらいいなぁ…、良い雰囲気の空間でおいしいものを食べたいなぁ…、素敵な人と楽しくゆっくり食事する場所がほしいなぁ…、そんなお客様のご要望にお応えすべく”場”を創りました。みんなの顔を見合わせながら思わずほっこりと和む囲炉裏を大切な仲間達と囲みながらお食事をお愉しみください。

  • [岩手産 黒炭]
    岩手産の黒炭のみ使用。遠赤外線効果で旨味を凝縮させ、ふっくらジューシーに仕上げます。燻された香ばしい炭火の香りが食材を纏う燻煙効果でさらに食欲をそそります。

  • [焼きサービス オプション]
    お客様の代わりにスタッフが、焼くサービスを承っております。初めてご来店される方やご接待や記念日など、会話に集中されたい方にオススメです。焼きサービス料として会計総額の10%を頂戴しております。ご希望の方は、ご予約ください。

こだわり5 天然塩

素材味を際立てる『ブレンド塩』

当店の"こだわり塩"は、国指定重要無形民俗文化財にも指定された日本最古の塩田法「揚浜式塩田」で作られたものを使用。長年培った職人の読みと技で集めた塩水を塩釜に入れて煮詰めます。1時間おきに火の加減を見ては薪を足すという作業を繰り返し行い、塩ができるまで実に18時間もの手間と時間を費やして完成します。

  • [5代続く老舗 角花(かくはな)家]
    92年に「能登の揚浜式製塩」として、県無形民俗文化財に指定。塩作りに誇りを持っているからこそ、その伝統を絶やしたくない。角花家の揚浜式塩田で作られた塩にはそんな角花家の「想い」がこもっているのです。

  • [能登半島(揚浜式塩田)の塩]
    海から高台の塩田まで片方36リットル入る桶を二つ担いで早朝6時から海と塩田を7往復。午後3~4時ごろ干上がるように海水を塩田に手作業で撒きます。風の向きや強さ、日差しの強弱など計算して撒く長年の経験が成せる職人技。濾過して集めた塩水を、火加減を確認しながらようやく完成。

江戸前炭火焼 kemuri 神楽坂 のサービス一覧

江戸前炭火焼 kemuri 神楽坂