2019年10月からの消費税増税に伴い、価格が変更になっている場合があります。ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

こだわり1 メディアで話題

朝日新聞など全国44メディアで掲載。

サッポロビールの全面協力で実現した圧倒的お値打ち価格【サッポロ黒ラベル(生)490円】は、徹底された品質管理・注ぎ方で入れた”本物の生ビール”。
【自家製ソーセージ盛り1290円】や月変わり7種の【京町屋風おばんざい各390円】は見逃せない。
待ち合わせや二次会、バー使い等お気軽にお立ち寄りください。

  • 《メディア掲載実績紹介》
    【朝日新聞デジタル】https://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201863430.html
    【産経ニュース】https://www.sankei.com/economy/news/180802/prl1808020440-n1.html
    【東洋経済ONLINE 】https://toyokeizai.net/ud/pressrelease/5b62be067765614b84040000

  • 《メディア掲載実績紹介》
    【ダイヤモンドONLINE 】https://diamond.jp/ud/pressrelease/5b62bed6776561115d040000
    【プレジデントONLINE 】https://diamond.jp/ud/pressrelease/5b62bed6776561115d040000
    【日刊工業新聞】https://www.nikkan.co.jp/releases/view/58537

こだわり2 ビールにこだわる

サッポロビールプロデュースのお店。

《サッポロビールの五稜星☆のルーツ》
明治時代、北海道開拓使の行っていたビール醸造がサッポロビールの原点。当時、ラベルに使ったのが、北海道開拓使のシンボル「北極星」です。その星のマークを背負う黒ラベルはまさにサッポロビールの顔。五稜星は140年にわたってサッポロビールの今日に受け継がれているのです。

  • 《サッポロ生ビール黒ラベル(生)490円》
    麦のうまみと爽やかな後味。味や香りを新鮮に保つクリーミーな泡。何杯飲んでも飲み飽きないバランス。完璧な生ビールをお届けします。

  • 《ヱビスマイスター690円》
    ヱビスの最高峰を目指し、ヱビスを知り尽くした技術者達が結集し、試行錯誤と厳しい品評を経て、造り上げました。うまみと薫りが豊潤なロイヤルリーフホップから生まれた、ふくよかな薫り。 研ぎ澄まされたコク。

こだわり3 京料理

先斗町から、京都の文化を、世界へ。

《千年の都、日本の食の中心地で発展した京料理》
古くから都として栄えた京都は大坂と共に日本の食の中心地として料理文化が発達しました。中国料理を元にした大饗料理に始まり精進料理、懐石料理を経て、西洋料理に出会うまでの日本の料理文化の中心地として京料理は様々な料理手法の特徴を取り入れ発展してきたのです。

  • 《京料理と器》
    調理したものは選び抜いた器に盛りつけます。食材の大きさとのバランス、色彩、質感などの調和を大切にしながら、見た目に美しく季節や風情を盛り込みます。

  • 《デザートにも粋な京都の心》
    和の空気を思う存分、至るところで堪能できる人気のエリア京都先斗町。季節を問わず多くの観光客で賑わう中で、絶対に外せない京抹茶の逸品を品揃えております。

こだわり4 地産地消

地産地消を通じて京都を盛り上げる。

《地産地消とは》
地産地消とは,地域で生産されたものを地域で消費するだけでなく,生産された農産物を地域活動を通じて,生産者と消費者を結びつける取組です。近年,消費者の農産物に対する安全・安心志向の高まりや販売の多様化が進む中で,消費者と生産者を結び付ける「地産地消」への期待が高まっています。

  • 《京地鶏の卵カツサンド》
    京都市内では,古くから多種多様な野菜がその土地と気候で育まれ受け継がれてきており,栄養的にも優れたこれらの野菜は「京野菜」として京の食文化を支える重要な食材となっています。

  • 《九条ネギがたっぷりネギトロバケット付》
    京都の風土に培われた野菜は,旬の時期に生産されてきました。しかし,近年は遠隔地や海外から大量の野菜が入り,消費者が野菜の旬を意識する機会が薄れてきています。本来は旬の季節にその土地のものを食べるのがいちばん理にかなっていて健康に良いと言われています。

こだわり5 宴会個室

利用シーンに合わせて様々なご提案。

【2Fテーブル席】
広々とした空間でゆったりお寛ぎ頂けるテーブル席。宴会利用もどうぞ。
落ち着いた照明に照らされる和風な店内空間は、大人数でもゆったりお寛ぎ頂けること間違いなし。フロア貸切で最大収容人数40名様の宴会フロアとしてもご利用頂けます。

  • 【1Fテーブル席】
    待ち合わせや二次会、バー使い等様々な場面にビアホールのオープン席。
    明るく開放的なオープンテーブル席では、観光客や外国人など隣の知らない人ともわいわい楽しめる!?先斗町の待ち合わせや二次会、バー使い等お気軽にお立ち寄りください。

  • 【2F個室席】
    カーテンで仕切られた上質な空間で先斗町を堪能。プライベートの夜に是非。
    祇園・先斗町の観光帰りや自分にちょっとご褒美をあげたい特別な日は是非ご利用ください。都会の喧騒を忘れさせる仕切られた空間はプライベート感◎女子会やデートに最適。

自家製ソーセージバル先斗町ビアホール 京都本店 のサービス一覧

自家製ソーセージバル先斗町ビアホール 京都本店