新型コロナウイルス拡大及び緊急事態宣言における対応のお願い

こだわり1 秘伝のたれ

継ぎ足し150年以上受け継がれる家宝

「山の茶屋」はもともと貸席として大正11年に建造。そこに戦後、江戸初期から続くうなぎの老舗・麻布大和田が場所を移して開店し、現在に至っている。秘伝のタレは大和田開業時から受け継ぐもので、戦時中は地中に甕を埋めて守り抜いたという。継ぎ足しながら、150年以上にわたり大切に使われている。

こだわり2 懐石

伝統のうなぎ料理を懐石コースで堪能

蒸してから炭火で香ばしく焼き上げる江戸流の蒲焼きは、肉厚でふっくらとした口当たりが評判。1尾1尾の肉質を見極めた蒸し時間の調整が重要で、長年の経験と勘がものを言う職人技だ。蒲焼きがメインの「うなぎ懐石コース」のほか、うなぎの一品料理を楽しめる「うなぎ尽くしコース」も人気が高い。

こだわり3 完全個室

風格と趣漂う母屋の個室は築150年余

建物の最も古い部分は大正11年の建造。大正・昭和の激動の時代をくぐり抜けてきた建物の風格は圧巻だ。店内は個室4部屋のみで、畳敷きの座敷のほか、テーブル個室や掘りごたつ個室もあり、年配や女性のゲストにも好評。離れの個室は特に人気が高く、祝いの席や顔合わせなどの改まった用途にも向く。

こだわり4 贅沢なひと時

緑深い幽玄な空間が非日常へと誘う

店は日枝神社の境内に位置し、北側の外周道路に面して入口の門がある。高層ビルが立ち並ぶ永田町の一角にありながら、都心の喧騒を忘れさせる静けさに満ちた立地が魅力だ。門から母屋まで続く階段の周囲も、緑豊かな木々が生い茂り、夏は新緑、秋は紅葉と、四季折々の景観が目を楽しませる。

山の茶屋 のサービス一覧

山の茶屋
  • TEL050-5488-0689