新型コロナウイルス拡大及び緊急事態宣言における対応のお願い

シェフ・料理人の紹介

シェフ

佐藤 克彦さとう かつひこ

出身:宮城県

佐藤克彦

母方の実家が塩釜魚市場で商いをしており、親戚にも市場関係者が多く、市場を遊び場にして育つ。7歳の時、食べ歩きが趣味だった両親に連れられて初めてフランス料理を食べ、「世の中にはこんなおいしいものがあるんだ」と深く感動。これをきっかけにシェフを目指す。
高校卒業後、東京港区の「ホテルオークラ」に就職し、フランス料理店で働きはじめる。23歳のとき、シンガポールの日本大使館の料理人として3年間現地に赴任。
「ホテルオークラ」に13年間在籍した後、白金のレストランでスーシェフとして働く。その後、仙台に移り、2007年に「フレンチレストラン プレジール」をオープンする。

  • 得意(専門)料理ジャンル
    伝統的な技法を大切にした正統派のフランス料理
  • 料理人としてのモットー
    おいしい食事とワインをいただきながら、会話を楽しむ。そんな豊かな時間を届けたいですね。
  • 料理人になったきっかけ
    小学1年生のときに仙台のホテルで初めてフレンチを食べ、あまりのおいしさに感動。シェフを目指しました。
  • 料理人として影響を受けたもの(味・人など)
    ホテルオークラでの敏腕シェフたちに囲まれての修業時代、シンガポール赴任時代の経験も役立っています。

私の一品

三陸産生ウニ、カリフラワーのムース、エストラゴン風味のビーフコンソメジュレの冷製アンサンブル

三陸沖で獲れた天然ムラサキウニを濃厚なビーフコンソメジュレで包み込み、下層にはカリフラワーのムースを重ねました。それぞれの食材が奏でる味わいのハーモニーと色彩の妙をお楽しみください。
ポイントは十数時間かけて引いたビーフコンソメ。正統派フレンチの技法に忠実に、丁寧に仕立てました。

私のおもてなしスタイル

  • お好みに合わせて

    お好みに合わせて

    お客さまにお好きなメニューを召し上がっていただくため、ディナーはプリフィクススタイルで提供しています。塩釜をはじめ世界各地の選りすぐり食材を使った前菜やメインディッシュを数種類からチョイス。コースにセットできるアラカルトもご用意しています。ソムリエおすすめのワインと一緒にお楽しみください。

  • テーブルデコレイト

    テーブルデコレイト

    テーブルに季節の花を飾っておもてなし。時期によっては木の実などを置くこともありますね。写真は秋のデコレイトの一例。栗の愛らしいフォルムが、卓上にほっこりとした雰囲気をもたらします。
    個室のテーブルには、ホール状のスパイスやハーブをガラス器に入れてデコレイト。遊び心あるあしらいが好評です。

  • ロケーション

    ロケーション

    杜の都・仙台のシンボルである青葉通りに面しており、四季折々に移り変わるケヤキ並木の景観も味わいのエッセンスになればと、この立地を選びました。
    主役はあくまでも料理なので、インテリアはシンプルに。お客さまにゆっくりとくつろいでいただくために、温もりを感じられる空間を心がけています。

フレンチレストラン プレジール のサービス一覧

フレンチレストラン プレジール
  • TEL050-5486-8707