ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:ユーザー投稿

マフィン データ提供:ユーザー投稿

蜂蜜トースト データ提供:ユーザー投稿

秋深入りコーヒー データ提供:ユーザー投稿

深入り珈琲 データ提供:ユーザー投稿

リーフサラダ データ提供:ユーザー投稿

ロースかつ定食 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

やわらかな雰囲気で夜もまったりできるカフェ。スタッフが精魂込めて淹れる本格派珈琲は、薫り高く甘い風味の一杯。毎日お店で焼いたふわふわパンも絶品。

データ提供:昭文社

カフエ マメヒコ 宇田川町店が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「カフエ マメヒコ」は、フリー冊子「M-hiko」の発行 、カフエ マメヒコを舞台とした映画を制作する「マメヒコピクチャーズ」といった情報発信や、スタッフが北海道に移住し農業体験を行なう「ハタケマメヒコ」など、多彩な取り組みを行なっているカフェです。店名は、「カフェ」ではなく「カフエ」という表記です。カフェで提供されるメニューには、大豆、黒豆、小豆、花豆といった昔からある日本古来の豆が、デザートや食事に多く使用されています。

    「カフエ マメヒコ宇多川町店」は、渋谷駅から東急百貨店を越えて進み、セブンイレブン渋谷宇多川町店のあるビルの地下にあります。電柱に案内のあるように、セブンイレブン店内を抜け、奥のドアを開けた先にある階段を降りると、マメヒコに辿り着きます。反対側の路地からも、入店可能です。
    2013年夏に改装した店内は、木質系のシックな大人の雰囲気です。中央に置かれた18人着席可能な大テーブルが、アクセントになるとともに、寛ぎの場所となっています。

    豆にこだわったアイスコーヒーは、アイコ(微糖)とレイコ(無糖)で、ともに730円です。深煎り珈琲は、カップ(750円)と、カップ2.5杯分とお得なポット(800円)があります。マメピコ(800円)というカルピスを豆乳と牛乳で、絶妙なバランスで割った飲み物も人気です。スウィーツは季節によってメニューが変わります。3つの時間帯によって価格が異なっており、朝が安くなっています。夏のメニューの涼しいクロカンは、黒豆がたっぷりです。冬のメニューの檸檬ケーキは、ファンの多い人気メニューです。白豆と白花豆のガレットであるロミオとジュリエット(1050円)など、食事メニューも充実しており、モーニングメニューやランチメニューもあります。ネーミングも含めて、独創性に溢れた楽しいメニューです。

    週に3回、カフエ マメヒコ製作の映画上映が行なわれています。夕方の部と夜の部があり
    、アフタートークが催される日もあります。鑑賞料は、マシュマロッチーノというワンドリンクつきで1500円です。

    ゆったりと大人の時間を過ごしたいときに、訪れたいカフェです。

    続きを読む

カフエ マメヒコ 宇田川町店の基本情報

店名

カフエ マメヒコ 宇田川町店

カフエマメヒコウダガワチョウテン

電話番号
  • 03-6427-0745
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR山手線渋谷駅から徒歩8分
営業時間 12:00~20:30(閉店21:00)
定休日
  • 不定休
平均予算
  • 1500円(通常平均)

データ提供:昭文社

センター街・公園通りにあるスポット

センター街・公園通りには神泉駅や 渋谷公会堂シネマライズ 等、様々なスポットがあります。 また、センター街・公園通りには、「渋谷PARCO」もあります。渋谷パルコは渋谷区の公園通り沿いにある商業施設。1970年代から渋谷のファッションをリードしてきた立役者。またパルコ全店の中でもフラッグシップと位置づけられた特別な店舗です。多くの尖鋭的なファッションブランドをテナントとして抱える他、パルコ劇場などのエンターテインメントや、出版などカルチャーの発信基地としての機能も果たしてきました。近年では、アニメやマンガをフィーチャーしたフロアを設け、出版、テレビ、ゲームなど様々な業種とコラボレートを図っています。レストランやカフェ、バーなども充実しています。このセンター街・公園通りにあるのが、カフェ「カフエ マメヒコ 宇田川町店」です。