ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

mecicolle

ラーメン データ提供:ユーザー投稿

ラーメン データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

元祖、喜多方の味をご堪能あれ

喜多方ラーメンの元祖、『減来軒』。大正時代に初代、藩氏が屋台を引いていたのが「源来軒」のはじまり。そのこだわりは、スープ、トッピング、麺にいたるまで全て自家製というところからも十分分かる。豚骨、鶏ガラ、煮干などを炊き込んだスープとタマネギ、ネギ、キャベツ、しいたけなど甘い炊いた野菜スープを合わせた醤油スープ。動物系から出たコクと野菜の甘み、ガツンとした煮干の味がうまく染み込んでいる。

源来軒が紹介されたメディア情報

  • メシコレ

    3.喜多方ラーメンの元祖でもあり、深い歴史のある銘店【福島】

    ラーメン文化が根付く県、福島・宮城の激推しラーメン7選
    大正後期に中国から日本へやってきた祖父藩欽星氏が開いた屋台が、源来軒の始まりだそうですが、その歴史も深く喜多方ラーメンの元祖でもあるお店です。リニューアルをされた様で外観は綺麗になっており、一見、中華料理店の様な店構えです。ラーメンに使う麺が自家製麺であったり、餃子の皮に餡、全て手作りというこだわりがあります。
    ラーメンは、鶏ガラ豚骨に煮干しや野菜を合わせたもので、キリリとした醤油に、仄かに生姜の風味が香る。油分が控え目で野菜の甘味があるあっさりとした味わいですが、コクはしっかりとあり飲み干したくなる程の澄んだ綺麗なスープです。不規則に捻れた多加水の手打ち麺は、やや柔めながらも、もっちりとし
    た独特のコシがある食感で、ツルツルと喉越しも非常に良くスープがしっかりと絡んできます。始まりであるこの一杯から、全国区にまで知れ渡る喜多方ラーメンとしての礎を築きあげた立役者的存在で、元祖を食べる価値は十分にありました。
    ブログ:http://kazuakimoichi.shiga-saku.net/e1193249.html
    続きを読む

    ラーメン文化が根付く県、福島・宮城の激推しラーメン7選の記事で紹介されました。

  • テレビ

    ローカル路線バス乗り継ぎの旅(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ東京  放送

    喜多方ラーメンが味わえるラーメン店です。 ローカル路線のバスを乗り継ぎ会津若松~由利本荘までを旅する特集の中で紹介されました。

    歴史の道歩き旅

    テレビ東京  放送

    9月23日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、福島県・下郷町から喜多方までを歩く会津西街道旅を特集。女優の秋本奈緒美さんが「源来軒」(福島県喜多方市)を訪れた。

    磐越西線喜多方駅より徒歩15分ほどにある同店は、 1920年代に創業した老舗喜多方
    ラーメン店。秋本さんは1日220食限定の「ラーメン(醤油)」をオーダー。厳選された地元産の薄口醤油と濃口醤油をベースに、鶏ガラ・とんこつ・魚介・野菜などを2日間煮込んだスープに、こちらも地元産の小麦粉を使用した手打ちでコシの強い太ちぢれ麺が特徴。具は、メンマにチャーシュー、ナルト、ネギと、小細工ナシの至ってシンプルなラーメンだ。
    透き通ったスープをまず口に運んだ秋本さんは「わぁ~!キレイなスープ!おいしい!ラーメンってコレですよね!」と絶賛。続いて麺を食し「モチモチ!東京の中華そばとはまた違いますね」と納得のよう。
    雑味の無いシンプルなしょうゆ味のラーメンは具材も創業当時から変わらないそうで、秋本さんも「どこか懐かしくて、優しい気持ちになれる味」と笑顔をこぼした。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

源来軒の基本情報

店名

源来軒

ゲンライケン

電話番号
  • 0241-22-0091
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

住所
アクセス
  • 磐越西線 喜多方駅 徒歩15分
営業時間 月・水~日
ランチ・ディナー 10:00~19:30
定休日
  • 火曜日
平均予算
  • 1,000円(通常平均)
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。

席・設備

総席数

40席

喜多方にあるスポット

喜多方には喜多方駅や 喜多方市三ノ倉スキー場飯塚病院喜多方市役所 等、様々なスポットがあります。この喜多方にあるのが、ラーメン店「源来軒」です。