見た目・香り・味すべてが最高な「まぐろブラック」!他では味わえないマグロ料理だった件

「まぐろ料理」が有名なお店があると聞いて、麻布十番にある「たぬ吉」へ行くことにした。

「ブラック」、「レッド」と聞いたことのない料理、「焼霜まぐろポン酢」という名前だけで絶対美味いだろうと想像できる料理があるという。楽しみだ。

お店は、麻布十番商店街の中にあり、「まぐろブラック」という提灯が目印だ。

階段の下にはたぬきが待っている。

カウンター席の雰囲気が素晴らしい。昔ながらの居酒屋。奥には座敷もあった。

この「たぬ吉」、過去にフジテレビの「ガリタ食堂」でも取り上げられたらしく、「ガリタ出没注意」のステッカーが貼られていた。
ということで、早速メニューを見て、今回必ず食べたいと思っていた、「まぐろブラック骨付」、「まぐろレッド(脳天の赤みそソース焼)」、それから「焼霜まぐろポン酢」をお願いした。
まぐろは全て三崎港から直送されているものだそうだ。

お通しを食べながら、まずは生ビールを一気に飲み干して、すぐに日本酒へ。

日本酒といえば・・・とメニューを見て、絶対頼もうと思った「牡蠣」の蒸し。

蒸し「牡蠣」

ふっくら、瑞々しい牡蠣を口に入れると海の香りが広がり、旨みが溢れてくる。ああ、美味い。そして日本酒が合うこと。この日は新潟の〆張鶴をよく飲んだ。

天使の海老のお刺身

牡蠣に続いて、日本酒に合うだろうな、と思い注文したのがこの「天使の海老のお刺身」。
天使の海老とは別名「パラダイスプローン」と呼ばれる、天国にいちばん近い島、ニューカレドニア産の海老だという。弾力があり、引き締まった身が特徴的で食感が楽しい。頭は唐揚げにされていて、つまみにもちょうど良い。

名物「まぐろブラック」

さて、次はついに名物の「まぐろブラック」。

席に運ばれた瞬間、その見た目のインパクトに圧倒されつつもそれ以上に香ばしい魅力的な香りに猛烈に食欲が刺激される。さっそく、骨付きのまぐろの中心部に箸をあてるとその柔らかさに感動、そして、食べてみてまた感動する。

粗挽きの胡椒と甘めのたれが染みた適度に脂が乗ったまぐろ。これは、日本酒じゃなくてビールだったか・・・と思いつつも日本酒もすすむ。

まぐろレッド

続いて、「まぐろレッド」。

レッドは脳天の赤みそソース焼き、のことらしい。ブラックと比較して、脂たっぷり、こってりとした「レッド」。これもまた美味いなあ。とろっとろ。ご飯も進みそうだ。

焼霜まぐろポン酢

そして「焼霜まぐろポン酢」。
もう見た目だけでわかるけれど、超美味い。口の中で溶けていく焼霜まぐろは、ポン酢で食べることでくどくならずに、箸が止まらなくなる。

出羽桜

〆張鶴の後には「出羽桜」を頂いた。他には石川の菊姫、天狗舞、福井の黒龍、岩手の南部美人と、自分が好きな日本酒も多くあるのが嬉しい。

ぼたん鍋

寒い日はやはり鍋で〆たい、と思い最後に注文したのが「ぼたん鍋」。

やっぱり、冬は鍋だな。最高。
麻布十番で美味いまぐろ料理と日本酒、それから〆に鍋、素晴らしい夜だった。


紹介したお店

たぬ吉 麻布十番店(麻布十番/居酒屋)

http://r.gnavi.co.jp/aex3prwp0000/

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

赤坂・六本木エリアの送別会・歓迎会

送別会・歓迎会特集はこちら

著者・SPECIAL THANKS

Taki

1987年横浜生まれ。ウォーキングと美味しいもの探しが趣味です。
ブログ:http://walking-gourmet.hateblo.jp/
Twitter:https://twitter.com/Taki10_wg