極上ステーキをこんな気軽に食べられるとは…!吉祥寺「クラウンハウス」はランチで特大肉が味わえる神コスパ店でした

極上のステーキをもっと安く、気軽に食べたいと思うことはありませんか? 吉祥寺「クラウンハウス」では、1,380円で極上のステーキランチを食べることができます。フレッシュネスバーガー運営ということでお墨付き。また、なにより一人でも気軽に行ける雰囲気なのも特徴です。つまり「ぼっち飯」もOKなステーキハウスということです。ちなみに1,380円で食べられる「US産プライムビーフステーキ肩ロース200g」は鉄板からはみ出るほど大きな肉で食べごたえもバッチリ。コスパにすぐれたおすすめのお店です。 (吉祥寺 歓迎会・送別会

極上ステーキをこんな気軽に食べられるとは…!吉祥寺「クラウンハウス」はランチで特大肉が味わえる神コスパ店でした

f:id:linakawase:20190227112502j:plain

肉好きにとってかかせない存在と言えば「ステーキ」ですよね。

 

ただステーキと言うと、記念日や自分へのご褒美など、特別なシーンで食べるイメージがあり、値段的にも敷居の高さを感じている方が多いのではないでしょうか。

 

もっと気軽にステーキをグラム単位で注文し、お手頃価格で食べたい……そんな普通の肉好きにぴったりハマるお店を吉祥寺に見つけました。

 

しかも運営元はあのフレッシュネスバーガーなのだとか。

 

つまり、ハンバーガー(特にパティ)には定評のあるフレッシュネスのクオリティがそのままステーキにも引き継がれるということ…!

 

これは間違いないやつです。絶対に美味しいやつです。

 

ということで早速行って参りました!

 

吉祥寺からすぐのCrown Houseのおしゃれさに衝撃

吉祥寺駅から井の頭公園に向かうまでの小路地を歩いていきます。

f:id:linakawase:20190227111453j:plain


フレッシュネスバーガーが運営してるってことはそれっぽい緑のお店ですよね。

 

f:id:linakawase:20190227111518j:plain

 

・・?あれ?地図的にここ??え?めちゃくちゃオシャレ!しかも、ペットもなテラス席もあるみたい!

 

 

Crown House by FRESHNESS BURGERの文字が!

f:id:linakawase:20190227111817j:plain

やはりここでした!

 

シックな木目の扉をあけて一歩店内に入るとワイングラスがびっしーと吊らされていてキラキラ輝いています。ま、まぶしい・・・!

 

f:id:linakawase:20190227111922j:plain

 

洋楽のおしゃれなBGMが流れる店内は、「日常に溶け込む少し贅沢な空間」がコンセプトだそうです。レンガや温かみ感じる木の柱や壁に囲まれていていて本当素敵…

 

f:id:linakawase:20190227112237j:plain

 

私はフレッシュネスバーガーもよく利用しますが、フレッシュネス同様、おしゃれ感に溢れつつも一人でも気軽に入れる雰囲気なのが本当に素晴らしいと思います。

 

ということでこのテンションのままさっそくメイン料理を注文!!

 

ランチステーキのコスパが高すぎて神

f:id:linakawase:20190227112502j:plain

 

きたーーー!食欲そそるお肉の香りとともにあっつあつの鉄板にのって目の前に現れました。

こちらランチ限定のUS産プライムビーフステーキ肩ロース200g。サラダ・ライスorパン・ドリンクセット付きで1,380円(税抜)です。

 

え?これで1,380円?

f:id:linakawase:20190227112544j:plain

ステーキなのに安すぎませんか?

ファストフードなどの、ステーキだけでのお値段だったら見かけることがありますが、サラダとごはんorパンとドリンクがついてこのお値段ってないですよね。

 

しかも200gってかなり大きい!上からみるとこの特大具合。

f:id:linakawase:20190227112625j:plain

鉄板からはみ出てます。

約20cmくらいはありますよ。

 

「おいしくてカラダにいいものを、ていねいに手づくりする」というコンセプトのフレッシュネスバーガーが運営しているということもあり、食材にもこだわっているから美味しさがひと味違う!

 

こちらのプライムステーキの“プライム“というのはアメリカの農産省が行う厳格な格付けで、最高級ランクとして評価された牛肉のみに与えられるグレードです。

 

ちょっと・・・そんな最高級のお肉がランチで食べられるなんて最高すぎませんか?

f:id:linakawase:20190227113041j:plain


ということでさっそく一口サイズにカットして、まずはそのままの塩こしょうの味付けのみでいただきます!

 

f:id:linakawase:20190227113118j:plain

 

んー!!肩ロースだからこそ感じる赤身の肉汁が口の中で溢れる!脂と赤身のバランスが良く、風味の豊かさを噛むたびに感じます。

 

最高だ・・・

 

お肉の焼き加減は、最初はレアで提供してくださっています。

お好みでプレートに乗っている焼石にお肉をつけて焼くことで自分の好きな焼き加減に調整できるのが嬉しいところ。

 

ひゃーーー!!(歓喜)

f:id:linakawase:20190227113233j:plain

ジュージューとお肉が目の前で焼かれていくではありませんか・・・ちなみにこの焼石はお店の方にお伝えすれば温めなおしもしてくださるそうです。

いつまでもあっつあつのお肉を堪能できる!もう食欲が止まりません。

 

 

ソースがプレートについていて、赤ワインソースかわさび醬油か選べます。今回は赤ワインをチョイスしました。

f:id:linakawase:20190227113355j:plain

さっそく自家製赤ワインソースにつけていただいてみましょう!

 

ついついやってしまいます。ごはんへのバウンディング!

f:id:linakawase:20190227113449j:plain

そしてパクリ。赤ワインのソースと肩ロースの組み合わせが最高です。

赤ワインのソースの甘みが、お肉の旨みをさらに引き立たせてくれます。

 

200gで十分お腹いっぱいになれるのでコスパよもすぎるし、最高級ランクのプライムステーキが美味しいしでまさにステーキ天国・・・!

 

 

さらに最上級のステーキも堪能してきた

ディナーでは少しリッチなリブステーキがあるという情報を聞き、そちらも気になりすぎるので堪能させていただきます!

 

ということでそのお肉がどのように調理され、お客様へ提供されるのかを実況するべく、キッチンにお邪魔させていただきました。

 

塊肉で入荷されるリブロース。

f:id:linakawase:20190227113709j:plain

こちらは50g単位量り売り、お好みの量でオーダーカットしてくれます!

200gからの注文だそうなので、今回は200gを注文させていただきました!

 

f:id:linakawase:20190227113829j:plain

f:id:linakawase:20190227115423j:plain



大きな鉄板のところでジュージューと表裏焼いていきます。もう…お肉の香ばしい匂いが…たまらないです。

ハンバーガーのお肉もこちらで焼いているそうです。

 

f:id:linakawase:20190227113914j:plain

ランチプレートでも大活躍だったあっつあつの鉄板と石焼がオーブンからでてまいりました。

「お客様に提供する直前までこちらであたためてお肉も鉄板もあつあつの状態でお届けしたいんです。」と店長さん。

 

はい!そして目の前に現れた!

f:id:linakawase:20190227114033j:plain


豪快・・・!

店長さん一押しのUS産アンガスビーフリブロース200g(2000円(税抜))です。

 

アンガスビーフとは世界三大品種のひとつだそう。期待に胸が高まりますね。

 

ナイフで切っていくと先ほどの肩ロースよりもナイフがすーっとお肉を通っていく・・・

 

f:id:linakawase:20190227114108j:plain

 やわらかいぃぃぃ!

 

もうこの時点でお腹がぎゅるると鳴る。しかも切っただけで肉汁がじゅわーっと溢れてできます。

 

ゴクリ…濃厚な肉の旨味成分が煙とともに鼻を突き抜けて食欲をかきたててきます。

 

f:id:linakawase:20190227114319j:plain

 

こちらもレアでくるので焼石でじゅーっとお好みの焼き加減に調整していきます。

 

f:id:linakawase:20190227114351j:plain

 

リブステーキにおすすめのソースはわさび醬油!ということでディップ。

 

f:id:linakawase:20190227115037j:plain

 

んーーー!肉質が素晴らしく、柔らかくてジューシーな脂の濃厚な旨味!

お肉自体に甘さもあるので、ピリッとしたわさび醬油との相性もばっちりです!

 

ちなみに・・・・

ワインも豊富でこんなに多くのラインナップがあるんです!

このメニューはぜーんぶワインなんです。

f:id:linakawase:20190227115107j:plain

こちらのリブステーキに合うワインをお伺いしたところ、店長さんおすすめがこちら!

 

f:id:linakawase:20190227115201j:plain

 

酸味が少なくてお肉とも相性ばっちりな、レイモンドのワインがおすすめだそうです。

 

こんなおしゃれな空間で極上のステーキとワインを堪能できてゆったりとした時間を過ごせるなんて…最高のひとときに間違いありませんね。

 

f:id:linakawase:20190227115240j:plain

 

フレッシュネスバーガーの新たな可能性を追求するために素材にこだわったクラウンハウス。

上質なハンバーガーだけでなく、今回ご紹介したステーキもランチでコスパよく食べられるし、ディナーにはちょっとリッチなお酒を片手に堪能できる。

 

おひとりだけでも、女子会にも、家族や仕事仲間でも様々なシーンで活躍できるなんて素敵すぎます。

 

あなただけの素敵な時間に、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

紹介したお店

Crown House 【クラウンハウス】 吉祥寺店
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-5 伊藤ビル1F
2,000円(平均)1,000円(ランチ平均)

r.gnavi.co.jp

 

 

f:id:linakawase:20171202004654j:plain

佐藤樹里

水泳インストラクター兼管理栄養士として勤務。その後フィリピン・カナダへ約1年渡航。現地のブランチレストランでカナダ人のシェフと共に働く。帰国後はアスリート向けの食堂と老人ホーム厨房にてWワークを経て独立。現在はスポーツイベント開催、アスリートへの栄養講座、栄養個別サポート、低糖質で高タンパク質の“食べるプロテイン”レシピ作成などを行う。

アスリートの明日とDREAM(夢)を叶える!アスドリファクトリー代表。

[オフィシャルブログ] http://asudorifactory.com

[twitter] http://twitter.com/jurijapan1

(企画・編集 河瀬璃菜)

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.