これぞ究極の馬刺し盛り合わせ…!外苑前「韓国旬菜ハル」で馬レバー刺しを食べたら美味しすぎて半泣きになってしまった

究極の馬刺しをいただける「韓国旬菜ハル」(東京都港区南青山3-2-6 モリヤサンライトビル1F)を紹介します。熊本でもなかなか手に入らないレベルの最高級の馬肉を独自ルートで仕入れており、極上の馬刺しを食べられます。特に馬のレバ刺しはプリッとコリッとした食感に、濃厚な甘みと旨味が味わえます。柔らかい赤みのランプ、とろける脂が美味しいバラ、マシュマロのような柔らかさのフタエゴなど、今まで食べてきた馬刺しは何だったのか?と思うほどの美味しさです。馬肉だけでなく豚肉も美味しく、香ばしく焼いた豚カルビやしっとり柔らかな蒸し豚(ポッサム)をサンチュなどに包んで食べるメニューもオススメです。生のカニをコチュジャンなどの合わせ調味料に漬けたヤンニョムケジャンや生キムチ、薬膳豆腐、サクサクのチヂミなど韓国料理のクオリティも非常に高く、一度訪れるべき良店ですよ。店内の雰囲気もオシャレなので、女子会やデートはじめ様々なシーンで活躍してくれそうです。(渋谷 忘年会

これぞ究極の馬刺し盛り合わせ…!外苑前「韓国旬菜ハル」で馬レバー刺しを食べたら美味しすぎて半泣きになってしまった

こんにちは!お肉大好きな管理栄養士ライターの佐藤樹里と申します。

お肉といえば、牛肉・豚肉・鶏肉が代表的ですよね。しかし!!!今食べるべきは馬肉!馬肉は低カロリー、低糖質、高たんぱく質、鉄分も豊富と、むしろ食べない理由がないくらい素晴らしい食材です。

馬肉や馬刺しといえば熊本ですが、そんな馬肉の本場である熊本の極上馬肉を食べられるお店が東京・南青山(最寄は外苑前)にあるんだそうな。しかも、都内ではまず食すことのできないであろう最高級の馬刺しがいただけるそう……!

 

というわけで、外苑前駅から徒歩5分の裏路地にひっそりとある「韓国旬菜ハル」に行ってまいりました!

f:id:linakawase:20181101225803j:plain

 

究極の馬刺し盛り合わせが美味しすぎて半泣きになる

さっそくですが、本日のお目当て、最高級の馬刺しを注文!お店の人が盛り合わせをオススメしてくれたので、そちらにしました。

価格は盛り合わせ3,800円(時価)と少々お高めなんですが、結論からいうと「この値段でこのお肉はむしろ安い!」と思っていただけるはず……!

やってきたお肉がこちら!

f:id:linakawase:20181101220341j:plain

なんて豪華なんでしょうか……!見とれてしまうほど美しいです。つやつやのピッカピカ、色鮮やかで、思わず生唾を飲み込みました。

手前左が馬レバー刺し、手前右が赤身のランプ、左上がバラ、右上がバラのフタエゴ。

もう耐えられません!さっそく一種類ずつ堪能していきましょう。

f:id:linakawase:20181101221253j:plain

1種類めは馬レバー刺し。韓国旬菜ハルのこだわりぬいた看板メニューといってもいい存在。わかる、わかるよ…プリッとつややかな見た目……このレバ刺しは絶対美味しい。これをおろしニンニクをといたごま油につけていただきます。

思わず鼻息が荒くなってしまいますが、深呼吸して一口。

f:id:linakawase:20181101221520j:plain

んふぅっ!!!これは…生きててよかった……!

レバー独特の生臭さを一切感じないのはもはや当たり前として、プリプリっと、コリコリっとした2つの食感!

そして、くどすぎない甘みと旨味が追いかけてきます。目をそっと閉じてしまうほど美味しい……レバー好きは今すぐ外苑前に行くべき。

 

f:id:linakawase:20181101221613j:plain

2種類め!赤身のランプです。ランプとはお尻の部位で、モモ肉のなかでも特にキメ細かくて柔らかい部分。赤身肉だけど柔らかい、希少な部位なんですよ。

見てください、この生命感溢れる鮮やかな赤身肉を!こちらは、自家製の馬刺し用醤油につけていただきます!

f:id:linakawase:20181101221722j:plain

しっかりとした噛みごたえがありつつも柔らかい……脂身が非常にさわやかです!そこに甘みのある醤油が交わり、心地よいマリアージュが口の中に広がります。

 

f:id:linakawase:20181101221816j:plain

3種類めはバラです。サシの入り方がお見事。小一時間は眺めていられそうな美しさです。

f:id:linakawase:20181101222206j:plain

あああああ~~~柔らかい!でもって、脂の甘みがたまっらん!

 

f:id:linakawase:20181101222328j:plain

最後はフタエゴ。あばら部分の3重層になっている馬肉特有の部位で、1頭からわずかしかとれないという希少部分です。

f:id:linakawase:20181101222531j:plain

3種類めのバラよりもさらに柔らかく、口の中に入れるとスッと溶けていってしまいました。まるでマシュマロのような……これは完全に肉界のマシュマロ!

なんでも、店長さんの地元・熊本から独自のルートで最上級の馬肉を仕入れていて、ここまで最上級な馬肉は熊本でもなかなか出会えないとか。最高すぎるじゃないか!

 

馬肉だけじゃない!一品料理が全て絶品すぎる

この最高級の極上馬肉は絶対に食べていただきたいのですが、「韓国旬菜ハル」という店名のとおり、韓国料理も本当に美味しいんです。

お店の方オススメのメニューをさっそく堪能していきましょう!

脂がうまいぞ…豚カルビの野菜包み

馬肉も美味しいけど、豚肉も美味しいとのことで、豚カルビの野菜包み(1,980円※3~4人前の金額)も注文!(写真は2人前)

f:id:linakawase:20181101223741j:plain

豚カルビをサンチュにのせてコチュジャンとキムチと一緒に巻いて食べるのがオススメ!野菜もたっぷり摂れてありがたいですね。

f:id:linakawase:20181101223906j:plain

うんまい!!馬肉とまたひと味違い、香ばしい風味と脂がたまりません!!

ポッサム~蒸し豚の野菜包み~

豚肉が美味しすぎたので、こちらも注文。

今度は蒸し豚を野菜に包んで食べるポッサム(1,980円 ※3~4人前の金額)です。(写真は2人前)

f:id:linakawase:20181101224427j:plain

こちらは、サンチュに味噌とキムチに包んでいくのがオススメだそうです。

f:id:linakawase:20181101224752j:plain

はああ~こっちはしっとり柔らかい~~~!甘い脂が超絶美味しいです!味噌の甘味とキムチの辛みの相乗効果でさらに美味しさが増しています。

要予約のヤンニョムケジャン(1,650円)

f:id:linakawase:20181101222703j:plain

生のカニを、自家製のヤンニョムという韓国の合わせ調味料で和えたもの。

香辛料やコチュジャンなどで作られるヤンニョムが、辛くもあり甘くもあり、ぷりぷりっとしたカニと合わさるとまさに最強の一品です。いつまでも殻をしゃぶっていたくなるほど旨い……。

食欲が爆増する薬膳豆腐(980円)

f:id:linakawase:20181101223417j:plain

豆腐の上にたっぷりのネギなど薬味がのった一品。乾燥ナツメものっています。

これは食欲そそられまくりです!

f:id:linakawase:20181101223536j:plain

中にゆずを塗って焼いた豆腐は、ネギと一緒に食べることでほんのり爽やか、それでいてパンチの効いたお味。お酒を飲む人にもピッタリそうです!

来たらまず頼むべし!こだわりの生キムチ(880円)

f:id:linakawase:20181101222938j:plain

こちらは通常のキムチのように漬けておらず、注文がはいってから白菜と水菜をヤンニョムで和えたものです。

辛すぎず、シャキシャキとした食感が良い!ハマります!箸が止まりませんでした。個人的には、まずこちらを注文するのをオススメします。

ヘルシーでいくらでも食べられそうな納豆ナムルサム(980円) 

f:id:linakawase:20181101223104j:plain

ナムルの下に納豆がいるので、卵黄をぷちっと割ってかき混ぜていきます。

f:id:linakawase:20181101223136j:plain

サンチュの上に、韓国海苔と、混ぜたナムル&納豆をのせて包んで、パクッといただきます。

f:id:linakawase:20181101223242j:plain

うん!納豆と卵黄の黄金コンビは韓国風にも合いますね!お酒に合わせる場合はコチュジャンでピリッとさせると良さそうです。

えごま葉白髪ネギニラのチヂミ(1,080円)

韓国料理と言えば!チヂミ!ニラやネギなどの香辛野菜に加えて、えごまの葉もたっぷり使っています。

f:id:linakawase:20181101225137j:plain

f:id:linakawase:20181101225216j:plain

一口食べるとサックサクのサックサク!もう1回言っちゃうくらいサックサクなのです!

クリスピーな食感で厚みはそんなにないのですが、生地にはもちっと感もあり、さらに野菜のシャキシャキ感も加わって、最高に美味しい!

チヂミって家でも簡単に作れますが、これがプロの味か……とうなりました。 

海鮮スンドゥブチゲ(1,380円)

最後の締めにはこれでしょう!ぐつぐつと煮立ってやってきました。スンドゥブです。

あさり・イカ・タコの魚介類と豆腐がたっぷりと入っています。

f:id:linakawase:20181101225437j:plain

うおおおお!具が多い!豆腐が隠れるレベルの具だくさんっぷりです。でもって、この卵のとろみがたまらん!

辛そうに見えますが、そこまで辛いわけではなく、食べて行くうちにじんわりと内側から汗をかくことができて身体をポカポカとさせてくれます。

馬肉、豚肉、一品料理に締めまで何を食べても本っ当に美味しかった……!ごちそうさまです!

 

立地よし、雰囲気よし、料理よし!

f:id:linakawase:20181101225824j:plain

店内は非常にきれいでおしゃれです。女性にも人気そう。カウンター席もあってデートにも良さそうな感じですね。

 

「食べた人が元気になれる食事を提供する」という店長さんの想いが伝わってくるような美味しいお料理の数々でした!南青山という立地も良いですし、店内もゆったりと落ち着けそうな雰囲気です。

本物の馬刺しに韓国料理、ぜひ堪能しに行ってみてくださいね!

 

紹介したお店

韓国旬菜 ハル
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-6 モリヤサンライトビル1F
5,500円(平均)900円(ランチ平均)

 

著者プロフィール

 

f:id:linakawase:20171202004654j:plain

佐藤樹里

水泳インストラクター兼管理栄養士として勤務。その後フィリピン・カナダへ約1年渡航。現地のブランチレストランでカナダ人のシェフと共に働く。帰国後はアスリート向けの食堂と老人ホーム厨房にてWワークを経て独立。現在はスポーツイベント開催、アスリートへの栄養講座、栄養個別サポート、低糖質で高タンパク質の“食べるプロテイン”レシピ作成などを行う。

アスリートの明日とDREAM(夢)を叶える!アスドリファクトリー代表。

[オフィシャルブログ] http://asudorifactory.com

[twitter] http://twitter.com/jurijapan1

(企画・編集 河瀬璃菜)

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.