台湾B級グルメはなぜこんなにも素晴らしいのか…!大塚「秀美」の現地そのままな蚵仔煎と独自アレンジ魯肉飯がすごい

台湾料理といえば魯肉飯などB級グルメやマンゴーかき氷などのスイーツ系を中心に近年ではかなりメジャーになってきました。今回はそんな台湾料理の中でもひときわディープな大塚の「秀美」(東京都豊島区西巣鴨1-1-8)をご紹介します。このお店は現地そのままのB級グルメがあるかと思えば、独自アレンジの料理があったりと、台湾通も台湾初心者も楽しめるお店です。どれもお酒を飲みながら食べるのにぴったりの味付けなので、飲み会やちょい飲み、サシ飲みなど様々なシーンでおすすめですよ。 (忘新年会 東京

台湾B級グルメはなぜこんなにも素晴らしいのか…!大塚「秀美」の現地そのままな蚵仔煎と独自アレンジ魯肉飯がすごい

f:id:posoi:20181011231625j:plain

こんにちは、ほそいあやです。

 今日は大塚のお店をご紹介します。ちょっとディープな台湾料理店というのが第一印象ですが、お店独自のアレンジが冴える料理もあり、なかなか面白かったのであります。

 

f:id:posoi:20181011231637j:plain

大塚駅から歩いていくこと5分、だんだんお店が少なくなってきた辺りにぽっと灯りが。この雰囲気満点のお店が「秀美」です。このたたずまい、”間違いなさ” が伝わってきますな。

 

f:id:posoi:20181011231636j:plain

最近メニューを一新してディープなものが減ったようですが、どの料理も食べてみると新しい発見をくれるというのが秀美の面白さです。

ちなみに、つい最近まで「山羊油のそうめん」という人気メニューがあったのですが、その山羊油を作っていたという、店主のお知り合いが亡くなってしまったため、もう作れなくなってしまったそうです……食べてみたかったなぁ。

 

f:id:posoi:20181011231635j:plain

まずは前菜として「パクチー」。食材そのままのメニュー名。追いパクチーのようなものかと思ったら、おいしい肉味噌がかかってる♪ こりゃーお酒のつまみにもってこいですわ。

 

f:id:posoi:20181011231634j:plain

「ルーロー飯」。”三度の飯よりルーロー飯が好き”(?)の同行者がルーロー飯チェックとばかりにこのタイミングで注文しました。おいおいシメまで待てないのか。

以下、彼の声でお伝えします↓
ふむふむ、ここのルーローはこんな感じなのか。日本でルーロー飯頼むと大半は角煮タイプが出てくるけど、こういうそぼろ?タイプは貴重だな。もぐもぐ、ああっ、このタイプははじめてだ。現地では食べたことない味付け……なんか魚の出汁っぽい味がする。そして辛い!けっこう辛いぞ!ほほう、これははじめて食べるけど嫌いじゃない、むしろ好き。


だそうです。確かにほのかに魚系の味、後からちょっと汗をかくくらいの辛さが来ます。「おつまみになるルーロー飯にしてあります」とのことだけど、このお店はご飯モノでもおつまみになるような味付けがされているものも多いそうです。私はひげちょうも好きですが、僅差でこっちが好きです。

 

f:id:posoi:20181011231633j:plain

ユーリンナス。油淋鶏の茄子バージョンです。白いトッピングは生姜かと思ったらにんにくだった。茄子をフライドポテトのようにして揚げたやつが好きなんですが、こちらは油淋鶏の味付けがされていてオンリーワンな感じ。

 

f:id:posoi:20181011231628j:plain

ホッピーの赤があるのもいいですね。ナカはキンミヤです。ユーリンナスがホッピーに大変よく合うなあと思っていたら、まだまだ出てくるのだ、お酒がすすむメニューが……

 

f:id:posoi:20181011231632j:plain

「台湾風玉子焼」。 台湾の干し大根を使っているのですが、その塩気だけで、塩を使ってないそうです。小さな四角いものがその干し大根ですが、最初ザーサイのみじん切りかと思いました。食感が似ているのです。かなり塩気が強くて、おつまみにぴったり。何でもおつまみ基準の味付けで酒好きにはたまらないっす。

 

f:id:posoi:20181011231627j:plain

オアチェン(蚵仔煎)。台湾ではおなじみ牡蠣のオムレツ。スイートチリソースとケチャップの甘いたれがかけられています。台湾の小ぶりな牡蠣がたっぷりで、現地のオアチェンを彷彿とさせます。

 

f:id:posoi:20181011231631j:plain

王道「豚の角煮」の王道ビジュアルを見てください。 とろんとろんです。八角のきいたオーソドックスな角煮。

 

f:id:posoi:20181011231630j:plain

カンバン麺(乾拌麺)って知ってましたか? 私は知りませんでした。

台湾ではポピュラーな、黒酢であえた麺のことなんですが、こちらのお店のメニューには「おつまみにもなる麺」と書いてありました。ふむふむ黒酢か〜と思って食べてみると、黒酢に間違いはないのだけどちょっとウスターソースのようなコクがある。酸っぱいソース味って感じで、確かにこれだけ食べるというよりはお酒がほしくなる味の濃さ。多様な麺文化を持つ台湾だけど、こんな食べたことのない味の麺があるなんて……軽くカルチャーショックを受けました。

 

f:id:posoi:20181011231626j:plain

シメは「とりしおラーメン」。台湾料理以外もおいしいのが秀美のいいところと聞いていたのですが、まさかラーメンもおいしいとは。生姜のきいたスープは謎の旨味があります。蒸し鶏がどーん。パクチーどっさり。飲みのシメには最適なラーメンだということが伝わるでしょうか。ああ、でもこのスープでまたお酒を飲めちゃう危険もはらんでいます。ラーメン屋さんでもないのに完成度の高いラーメンを食べられるってすごいことだ。

 

f:id:posoi:20181011231629j:plain

店を出てから、タンツー麺を食べ忘れたことに気づく……


以上、大塚「秀美」でした。
さいきん大塚は駅前が開発され、いつのまにかきれいな飲み屋横丁ができていてびっくりしました。ますます飲める街となってきましたが、秀美のような地元感あふれる雰囲気のお店も多いのが大塚のディープさだと思います。まだまだ魅力的なお店が隠れていそうな大塚を、これからも開拓していきたいです。

 

紹介したお店

r.gnavi.co.jp

 

ほそいあや

ほそいあや

「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ: http://seiten4go.com/
Twitter: https://twitter.com/hosoi/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.