横浜中華街ランチおすすめ店を徹底解説!人気店と名物料理を厳選まとめ【PR】

横浜中華街では気軽に食べられるものからコースまでさまざまなランチを楽しむことができます。3年以上横浜中華街の料理を食べ歩く地元ライターが、食べ比べた中から本気でおすすめするお店をご紹介していきます。【PR ぐるなび】

横浜中華街ランチおすすめ店を徹底解説!人気店と名物料理を厳選まとめ【PR】

f:id:minnano58:20180926201250j:plain

 

横浜中華街でランチを食べるなら、小籠包と北京ダック、それにフカヒレや上海蟹、あとは美味しい麻婆豆腐やエビチリ、色んな名物だって食べてみたい!でも、ワクワクしながら横浜中華街へと行ってみると、多くの人が1つの問題に突き当たってしまいます。それは「どのお店に入ったらいいのかわからない、違いが見えないから選びきれない問題」です。

 

そうなんです、今や横浜中華街に集まる中華料理店は500軒を超える規模にまで増えていて、地元の人ですら店の名前や違いを覚えきれないほど。また、近年は食べ放題のお店が一気に増え、店の外観や看板を見るだけでは違いがわかりにくく、行き当たりばったりでお店を選ぶのは困難になっています。

 

折しも、現在の横浜中華街は世代交代の時代を迎えています。かつて横浜中華街を支えた人々が引退の時期を迎えて老華僑となり、次の世代や新華僑と呼ばれる人たちが店を継承したり、新しいチャレンジとなる新店を生み出しています。今、新旧の味が交わる横浜中華街の中でおすすめできるランチスポットはどこなのか?食べるべき名物料理はどの店にあるのか?5年間、横浜中華街でランチや夕食を食べ歩く中で知った、この街で働く人たちに教えてもらった店の数々をご紹介していきます。

 

1.今人気の食べ放題店を選ぶなら、フレッシュな小籠包も名物になっている「七福」へ

 

f:id:minnano58:20180927113227j:plain

 

横浜中華街と言うと、シンボルになっている善隣門から東門にかけての「中華街大通り」の周辺をイメージするかもしれませんが、一本入った裏路地に足を踏み入れてみると、お得なランチスポットがたくさんあります。その中でもし、ランチで思いっきり食べ放題を楽しみたい、できるだけリーズナブルに色々な料理を食べ尽くしてみたいと思ったら、関帝廟のすぐ目の前にある「七福」というお店はおすすめです。

 

f:id:minnano58:20180927141647j:plain

 

「七福」のおすすめポイントの1つ目は2階席のロケーションの良さ。店内は1階のテーブル席と2階のテーブル席、そして2階のテラス席に分かれていますが、春や秋のシーズンであれば断然テラス席がおすすめです。横浜中華街の名所の1つである「関帝廟」を目の前に見ながら、思いっきり食べ放題ランチを楽しむことができます。また、休日の横浜中華街は観光客が多くて混み合いますが、ここは人混みから解放されて一息つける穴場なのです。

 

f:id:minnano58:20180926201428j:plain

 

そして横浜中華街に数多ある食べ放題店の中でも、「七福」をおすすめする理由の1つが「小籠包」の美味しさです。食べ放題が主体の店でありながら、冷凍の小籠包は使わず、すべてオーダーが入ってからその場で手作りするフレッシュな小籠包が味わえます。出来たての「鮮肉小籠包」を一口食べてみれば、皮や豚肉自体の美味しさ、そこから溢れる肉汁の軽やかな旨味が感じられる一品です。

 

f:id:minnano58:20180927141718j:plain

 

また、全133種、2,480円(税別)の食べ放題を選べば、横浜中華街に来て食べたいと思っているものが一通り揃っているのもポイントです。ちなみに横浜中華街を歩いていると、1,680円くらいからの食べ放題店もありますが、それらは概ね70種類前後の食べ放題となっていて、「小籠包」のバリエーションが少なかったり、「北京ダック」が含まれないといった場合もあります。「七福」の食べ放題はこれらの点をカバーしつつ、ぐるなびで「七福」のページをチェックすれば様々なネット予約特典が受けられるというおまけ付きです。

 

f:id:minnano58:20180927141729j:plain

 

「七福」は「小籠包」の美味しさが看板となっていますが、実は「豚の角煮」も人気メニューの1つです。このトロットロで柔らかい「豚の角煮」ももちろんお替り自由の食べ放題で、やみつき度が高く、一皿では終われない一品です。

 

f:id:minnano58:20180927141738j:plain

 

ちなみに「七福」は横浜中華街の中でもちょっと珍しい、「味見(試食)OKの店」となっています。もし本当に美味しいの?と思ったら、味見(試食)してから決めてもらうのもウェルカムだそうです。最後に休日のランチの時間帯はテラス席が混み合う可能性もあるため、席を希望する場合は事前に電話もしくはネット予約で確認を入れてから行く方が良いと思います。

 

2.横浜中華街のど真ん中に新たなランドマーク!「餃子センター興記」はランチも食べ歩きも圧巻の新店

f:id:g-mag:20181116172337p:plain

 

横浜中華街のメインストリートである「中華街大通り」のど真ん中、ここに新たなランドマークとなりそうな新店が2018年10月末にオープンしています。「餃子センター興記(こうき)」と書かれた赤い看板が一際目立つこの店は、今人気の食べ歩きメニューからイートインで味わうリーズナブルなコース料理、さらには様々なランチに至るまで、ありとあらゆるメニューが揃っている驚きの新店なのです。

 

f:id:g-mag:20181116172513j:plain

 

2階、3階には200席以上もの規模のテーブル席や個室があり、店内のデザインも今までの横浜中華街では見かけなかったようなカジュアルさ。2人のデートから宴会を楽しむグループまで様々なお客さんがいて、オープンから1週間程度で既に賑わっていました。テーブル席も4人掛け、6人掛けでゆったりと座れるものが多く、大通りに面した階段をわずか10秒ほど登っただけで、これだけ寛げる空間があるのにはびっくりしました。

 

f:id:g-mag:20181116172625j:plain

 

ちなみにランチの時に味わったオリジナルの「麻婆豆腐(自家製花山椒添え)」はしっかりしたコクがあり、ハマるような辛旨さが感じられ、痺れ具合も適度でとてもバランスの良い美味しさ。食べている時は辛みがあるのに後味は爽やかでしつこくない。思わず白ごはんがグイグイと進んでしまい、ごはんのおかわりをしたくなってしまうほどの一品でした。コク旨、辛旨の麻婆豆腐に目がない方は、ぜひ一度「餃子センター興記(こうき)」の麻婆豆腐も試してみるといいですよ!

 

f:id:g-mag:20181116172709j:plain

 

また、今や横浜中華街の定番人気メニューの1つとなっている「小籠包」や「フカヒレ焼売」「翡翠餃子」も、作りたてのものが熱々の状態で味わえるのも嬉しいポイント。「餃子センター興記(こうき)」は1階が食べ歩きメニュー専用の厨房になっていて、そこで常に作られているフレッシュな小籠包や餃子などを、イートインの席でもスムーズに味わえるのです。これだけフレッシュな小籠包が味わえる店は横浜中華街の中でも多くないと思いますが、一品単位から様々な点心を提供しているのはこの店の強みだと思います。

 

f:id:g-mag:20181116172749j:plain

 

気がつけば「麻婆豆腐(自家製花山椒添え)」だけでなく、「中華粥」や「海鮮生春巻き」「焼きニラ餃子」などのメニューもオーダーし、テーブルの上はこのバラエティ!クルミ好きには「胡麻入りクルミカラメリゼ」もおすすめですし、「餃子センター興記(こうき)」オリジナルという「金柑のレモンソース漬け」も意外な美味しさでした。これだけ食べて一人2,000円程度というお値段だったのでコスパ力は十分過ぎるくらいなのですが、全9品の飲茶セットも一人1,680円(税別)という安さだったので、お財布の紐が気になる方はそちらのメニューでも十分に満足できると思いますよ。

 

f:id:g-mag:20181116172828j:plain

 

最後に、「餃子センター興記(こうき)」は1階の食べ歩きメニューの豊富さがもの凄いです。「焼き小龍包」や「特製ジャンボ餃子」、「北京ダック」「台湾ちまき」「フカヒレスープ」「杏仁ソフトクリーム」などなど、20種類以上もの食べ歩きメニューが揃っています。これだけの種類が一気に揃った店は今までなかったと思いますし、目の前の厨房ではライブ感たっぷりに各メニューが作られていきます。横浜中華街のど真ん中に、今までになかったような一大食べ歩きスポットが誕生していました。

 

 

3.中華街通が愛する「豚バラ肉の角煮」は必食の名物!馴染客が今も通い続けている「景珍楼」

 

f:id:minnano58:20180926201751j:plain

 

西門通りにある本館と中華街大通り沿いにある新館、そして杉田や茅ヶ崎にも店があり、地元の人々に長年に渡って愛されている「景珍楼」。ここには昔ながらの広東料理の美味しさを好む人たちが数多く集まりますが、中でも「豚バラ肉の角煮」は横浜中華街を代表すると言っても過言でないほどの名物料理で、今でも日々変わらない美味しさが味わえる貴重な一軒です。

 

f:id:minnano58:20180926201807j:plain

 

箸を入れるとほどけていくように柔らかく、余計な脂がすべて落ち、肉の旨味と独自のタレの味わいが見事に融合、凝縮されている「豚バラ肉の角煮(角煮2枚、パン2枚付きで1,200円・税別)」。実はこのメニューは今でも店のお父さんが毎日毎日一人で仕込みを行い、各店まで運んでいるそうで、もはや店のお父さんの人生の結晶と言ってもいいくらいの一品になっています。

 

f:id:minnano58:20180926201820j:plain

 

店のお父さんが毎日丹精込めて仕込み、作り上げている「豚バラ肉の角煮」ですが、ランチタイムに限っては850円で角煮チャーハンとして味わうこともできます。でも、絶対的に満足度が高いのは、1,200円(税別)の正式な一皿。角煮のボリュームの違いはもちろんのこと、自家製の蒸しパンに挟んで食べた時の美味しさがまた格別です。脂が落ちてヘルシーなのに味はしっかりと染みている、絶品の名物料理です。

 

f:id:minnano58:20180926201836j:plain

 

また、「景珍楼」を訪れた際、もう1つ食べておきたい名物料理が「大海老の2種盛り合わせ(1,800円・税別)」です。このメニューは約15年前、エビのチリソースをマヨネーズソースに変えて食べたいと言ったお客さんの声がきっかけになって生まれたもので、エビチリとエビマヨを縁起の良い紅白に見立て、長らく提供しているメニューです。甘みが豊かに感じられるソースとプリプリした大海老の食感が重なり合い、エビチリ&エビマヨ好きには堪らない一品となっています。

 

f:id:minnano58:20180928150320j:plain

 

「景珍楼」は基本的にどの料理もハズレがなく、広東料理好きであれば納得の一軒だと思いますが、コスパの良いコースメニューも知りたいとのことであれば、「得々コース(1,980円・税別)」を選ぶのもおすすめです。もちろん、このコースはランチとしてオーダーすることも可能で、「クラゲの冷菜」「フカヒレ入りスープ」「海老のチリソース」「チンジャオロース」「春巻き」「揚げニラ餃子」「五目チャーハン」「フルーツ入り杏仁豆腐」の全8種類が一気に楽しめます。

 

f:id:minnano58:20180926201903j:plain

 

フカヒレ入りスープ」1つをとっても、身体に染みるような上品で優しい中華料理の味わいがあります。ちなみに「景珍楼」では食べ放題は行っていませんが、それも店を経営するママさんとお父さんの哲学があってのこと。使用する食材や材料にこだわり、変わらぬ手作りの良さを教えてくれるからこそ、今でも多くのお客さんが通い続けています。

 

 

4.ランチで滅多に出会えない「焼きアヒル」のある店!「龍門 新館」はセットメニューがおすすめ

 

f:id:minnano58:20180926201954j:plain

 

善隣門から東門へと伸びる、中華街大通りのちょうど真ん中あたりに位置する「龍門 新館」。ここは人通りが多く、食べ放題の看板も多く立ち並ぶ一角にあるため、見逃してしまっている人も多いと思いますが、実は食べ放題店ではなかなか出会えないメニューをランチでリーズナブルに味わうことができるありがたい一軒なのです。

 

f:id:minnano58:20180926202028j:plain

 

賑わう中華街大通りに面する店でありながら、席と席の間隔に比較的余裕があり、ゆったり寛げる店内になっているのもおすすめポイントの1つ。また、1階は基本的に4人掛けのテーブルとなっているので、テーブルを広く使えるのも魅力です。そして2階や3階の客席も完備しているため、外から見た間口よりも実際は広いお店となっています。でも何より、ここに行けば高級食材として知られる「焼きアヒル」がとてもお得なセットメニューで楽しめてしまうのが最大のポイントなのです。

 

f:id:minnano58:20180926202040j:plain

 

こちらが「龍門 新館」で売り切れ御免、数量限定のメニューとなっている「香港風焼きアヒルセット(1,300円・税別)」。いわゆる高級中華料理店でしか味わえない焼きアヒルが、1,300円という価格で味わえるだけでも注目ですが、そこに専門資格を持つ点心師が1つ1つ手作りしている自家製の小籠包やスープ、漬物、杏仁豆腐までが付いてくる超お得なセットです。メイン料理の焼きアヒルは特製のタレに一晩漬け込み、専用の窯で2時間かけて吊るし焼きにしているそうで、パリッとした皮の美味しさ、そして噛めば噛むほどじんわりと肉の旨味が口の中に広がっていく一品です。

 

f:id:minnano58:20180926202058j:plain

 

この焼きアヒルはごはんとの相性が抜群で、思わずオンザライスして思いっきり口の中に頬張りたくなってしまうほど。心地よい皮の食感とタレの味わい、そして後から追いかけてくるアヒル肉の旨味が口の中で混ざり合い、ボリューム十分の肉の量なのにあっという間に完食してしまいます。「龍門 新館」と言えば焼きアヒル!と覚えて欲しいくらい、おすすめできるセットメニューだと思います。

 

f:id:minnano58:20180926202111j:plain

 

また、「龍門 新館」の方に教えてもらったもう1つの人気メニューが、このフカヒレ飯セット(1,500円・税別)」です。こちらにも自慢の手作り小籠包やスープ、漬物、杏仁豆腐が付いていて、メインのフカヒレ飯はボリューム感も十分。お得なセットメニューはまだまだ他にもありましたが、この2種類のセットメニューが頭一つ抜けた店の人気メニューになっているのだそうです。

 

f:id:minnano58:20180926202125j:plain

 

自慢の手作り小籠包はオーダーが入ってから蒸し上げていくため、運ばれてくるまでに10分から15分程度の時間はかかります。でも、この出来たて熱々の小籠包を味わえば、待っていたことすら忘れてしまうほどの美味しさです。この小籠包の先端部分をそっと噛んでみると、旨味たっぷりの肉汁が口の中いっぱいに広がっていきます。

龍門 新館

龍門 新館

 

 

5.やみつきになる辛旨さと爽やかさ!「陳麻婆豆腐」の美味しさがわかる「熊猫飯店(パンダ飯店)」

 

f:id:minnano58:20180926202211j:plain

 

近年、横浜中華街の中でも見かけることが多いトレンドメニューの1つが、四川風の本格的な辛さが特徴になっている「陳麻婆豆腐」。この一品を看板メニューとして掲げる店は増えているものの、結局何度も通いたくなる、クセになる美味しさの陳麻婆豆腐が味わえる店と言えば、橫濱媽祖廟のすぐ目の前にある「熊猫飯店(パンダ飯店)」です。

 

f:id:minnano58:20180926202227j:plain

 

「熊猫飯店(パンダ飯店)」の2階席は今をときめく人気女優さんが出演していた有名ドラマのロケ地にもなった場所で、横浜中華街の喧騒から少し離れた場所で落ち着いて料理が楽しめるようになっています。そしてこの場所を訪れる皆さんの目当てはもちろん「陳麻婆豆腐」。「熊猫飯店(パンダ飯店)」の陳麻婆豆腐は四川風ではなく、本場四川で買い付けた香辛料を独自に調合していて、旨味と刺激をストレートに体感することができる一品になっているからです。

 

f:id:minnano58:20180926202241j:plain

 

こちらが一度食べるとハマってしまい、結局何度も通うことになってしまう「陳麻婆豆腐(1,260円・税別)」。「熊猫飯店(パンダ飯店)」の陳麻婆豆腐はしっかりした辛さがあり、痺れるような辛味と唐辛子の辛味のダブルパンチです。でも、同時に鼻に抜ける爽やかな風味も感じられ、辛いのに美味しくて手が止まらないという現象に遭遇してしまいます。普段、中辛クラスのカレーを食べている人でも、この店の陳麻婆豆腐を食べると、新たな辛旨さの世界を知ることができると思います。

 

f:id:minnano58:20180926202257j:plain

 

「熊猫飯店(パンダ飯店)」と言えば「陳麻婆豆腐」が合言葉ではありますが、もちろん、お得度が高いランチ向けのコースメニューも充実しています。こちらは1,575円(税別)で味わえる「お得飲茶コース」で、「二種前菜の盛り合わせ」「エビのチリソース」「春巻」「チャーハン」「杏仁豆腐」などに加え、「フカヒレ入り蒸し餃子」「ヒスイ餃子」「小籠包」「シューマイ」など、人気の点心が一気に堪能できる内容となっています。

 

f:id:minnano58:20180926202311j:plain

 

蒸し上げている最中を目にすれば、いつも以上の食欲が湧いてきます。実は「熊猫飯店(パンダ飯店)」の小籠包は手作りであるのはもちろん、肉の甘みがより一層感じられる豚肉を特別に注文して仕入れているそうで、旨味は普通以上に感じられるのにカロリーはやや控えめなのだそうです。

 

f:id:minnano58:20180926202325j:plain

 

蒸したての手作り小籠包やフカヒレ入り蒸し餃子、ヒスイ餃子などがこれだけたくさん味わえ、他の料理の数々も付いてきて1,575円(税別)というのは本当に安いです。もしデートでランチを食べに行く時も、名物の「陳麻婆豆腐」と「お得飲茶コース」をオーダーすれば十分すぎるほどのボリュームです。旨い麻婆豆腐には目がない!という方は、ぜひ一度この店の陳麻婆豆腐を食べてみるといいですよ。

 

 

提供:七福、景珍楼、龍門 新館、熊猫飯店、興記

 

 

横浜中華街グルメ おすすめ情報

 

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.