伝説の焼肉天国が復活…!総武線・平井にある「やーるじゃんバル」が超コスパで最高だった

地元民から熱烈な人気を誇る「焼肉天国やーるじゃんバル」(東京都江戸川区平井2-22-13)を紹介します。総武線の平井駅にある、同店は2018年初夏に、惜しまれつつ閉店してしまいました。しかし、復活を望むファンが非常に多かったため、やーるじゃんの常連でありスタッフでもあった「まーちゃん」さんが店長として、お店を再スタートさせる運びとなりました。お肉の味や質はそのまま、旧やーるじゃんの特徴だった入場料を廃止し、1人から入れるようなお店にリニューアル。相変わらず1人前500円と、破格のお値段で美味しい焼肉がいただけますよ。まーちゃんさんのイチオシが「リブロース」。脂身が多いものの、しつこくなく、口の中でとろけていく美味しさです。定番のタン塩やカルビ、ホルモン系もありますよ。(ビール 東京

伝説の焼肉天国が復活…!総武線・平井にある「やーるじゃんバル」が超コスパで最高だった

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/linakawase/20180829/20180829112800.jpg

こんにちは。ライターの佐藤樹里です。

 

東京東部の平井というディープな街をご存知でしょうか。亀戸新小岩という、これまたディープな駅に挟まれた総武線の中でも知名度が低い駅です。

 

しかし、下町情緒のある駅周辺には昭和テイストの名店もあり、侮れません。このマイナーな駅のグルメに取り憑かれ、総武線ユーザーではないのにいつしか通い始めてしまう魔境のような魅力を持った街です。総武線の隠し玉、東京イーストサイドの隠れキャラ的な不思議な魅力を持っています。

 

その平井に地元民に愛されすぎな焼肉天国があったのをご存知でしょうか。予約なしには入れないほどの人気ぶりだったんです。

 

その名も焼肉天国やーるじゃん」

 

2018年の初夏、店長の体力的に営業が厳しくなったという理由で、惜しまれながらも閉店してしまいました……。

▼在りし日のやーるじゃんレポ

r.gnavi.co.jp

 

しかし、そのやーるじゃんが復活したとの報が!!!

 

やーるじゃんの常連であり、スタッフとして働いてもいた、まーちゃんさんが「焼肉天国やーるじゃんバル」を待望のリニューアルオープンしたというのです。

 

というわけで、さっそく行ってまいりました!

 

お店はキレイになっても相変わらず1人前500円でコスパ最高!

f:id:linakawase:20180829111700j:plain

お店、めちゃくちゃきれい……!

ちなみに、旧やーるじゃんは下の写真のようなお店でした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/linakawase/20180319/20180319124644.jpg

きれいになったし、もしかして高くなっちゃったのかな?という心配は無用!

旧やーるじゃんでは、入場料600円を払えば、お肉1皿500円になるというシステムでした。一方、新やーるじゃんは入場料を廃止し、お値段はそのまま1皿500円というシステムに!そのかわり、以前は1人前100gだったのを、70~80gに少し減らしたそうです。

というのも、新やーるじゃんはカウンター8席、テーブル8席というバルスタイル。1人で来たお客さんでもお肉とお酒を気軽に楽しんでほしいという気持ちから、入場料を廃止にし、お肉の量を少し減らしたのだそうです。そのぶん、多くの種類のお肉を食べられて最高ですよね。

 

というわけで!本当に1人前500円のお肉たちをじゃんじゃん食べていきましょう!

まずはタン塩。本当に500円です

f:id:linakawase:20180829111728j:plain

70~80gの厚切りで出てきました!厚切りテンション上がる!

これ、1人前だけど2人で分けてちょうどいいくらいのボリュームなのでは……?

カタマリのまま焼きます。

f:id:linakawase:20180829111743j:plain

煙が出にくいグリルを使っているということですが、本当に出にくい。服に匂いがつきにくくてありがたいです。

ちなみに旧やーるじゃんは、肉を焼き始めたらもう前が煙で見えなくなるほど、いい感じな煙具合でした……。笑

 

ある程度焼けてきたら、はさみで好みの大きさにカットしていきます。肉厚タン最高……!

f:id:linakawase:20180829111806j:plain

うーん、タン塩のいい香りが食欲を刺激してきます。

 

レモン汁につけていただきまーす!

f:id:linakawase:20180829111819j:plain

うまっ!こりっとした歯ごたえも抜群。噛めば噛むほどタンの旨味がジュワッと出てきます。これは厚みのあるタンならでは!これが500円って……!

 

旧やーるじゃんの味そのまま!白米と合わせたいカルビ

お次は、お店の秘伝のタレに漬けてあるカルビ(500円)。こちらも旧やーるじゃんの味そのまま!

f:id:linakawase:20180829111834j:plain

しつこいようですが、これも1人前500円です

ジュッという音と共にグリルの上で焼かれていきます。カルビの脂が焼ける香りって、なんでこう食欲をかき立ててくるのでしょうか。

こちらもはさみで一口サイズに。

f:id:linakawase:20180829112000j:plain

 

焼き目がいい具合についたカルビを、特製の醬油ベースあっさりダレにつけていただきます!もちろんこのタレも旧やーるじゃんと同じもの。

f:id:linakawase:20180829112027j:plain

んんんんん~!ジューシーそれでいて、カルビの脂がしつこくなくて、めちゃくちゃ美味しい。あっさりダレとの相性も抜群です!

 

カルビを食べるとやってくるこの衝動……

白米と、食べたい……!

 

ということで、ライス小(150円)を緊急注文。

恒例行事、タレをたっぷりつけたカルビをワンバウンドしていただきます。

f:id:linakawase:20180829112132j:plain

さいっっっこう!

うん!これこれ!やっぱりカルビには白米ですよね。

 

ホルモンのクオリティもめちゃくちゃ高い! 

お次はホルモン系!ミノ(500円)を注文してみました。これも1人前で500円なのか……。ピカッピカに輝くミノ、美しいですね。

f:id:linakawase:20180829112207j:plain


じっくりと焦げ目がつくまできちんと焼いていきます。

f:id:linakawase:20180829112227j:plain

f:id:linakawase:20180829112320j:plain

うっまーい!

身のしまった、適度なコリコリッ!とした歯ごたえ!そして口の中に脂身がブワッと広がりすーっと消えて行く……ホルモンはこれだからハマるんだなぁ~~~。

ちょっと焼きすぎたかな?と思うくらいまでしっかり焼くのが美味しくいただくポイントです!

 

店長まーちゃんさん激推し!リブロースを頼んでみたら本当にとろけた

店長のまーちゃんさんが激推しするメニューがリブロース(250gで3,000円)。

食べずには帰れない!ということで注文してみました。

f:id:linakawase:20180829112800j:plain

うおーーー!!!なんとまーちゃんさん、今回の撮影のためにロースを塊肉のまま、とっておいてくれました。

 

カウンター越しに、この塊肉を切っているところを覗かせてもらうと……

f:id:linakawase:20180829112849j:plain

「カメラ向けられると緊張しちゃうね」とまーちゃんさん。にしても、やっぱりお肉がデカい……!

私の顔くらいの大きさのお皿にちょうど収まるくらいのリブロース。

f:id:linakawase:20180829112932j:plain

独自のルートにより仕入れている国産牛だそう。この鮮やかな赤色ときめ細やかなサシ……!

「このリブロースは、厚切りでも、しつこい脂身がなくて他のお店のものとは圧倒的に違うよ!」とのこと。

 

うおー!はやく食べたい!

f:id:linakawase:20180829113028j:plain

みてください。グリルからもはみ出しそうな大きさ!

両面じっくり焼いていきます。ほのかにあがる煙から、めちゃくちゃ良い香りが広がってくる……!

 

まーちゃんさんオススメの食べ方は、「赤身のほうはレアめに焼いて、脂身は細かく切ってカリッカリに焼いて、ゆっくりとお肉の部位全てを楽しむこと」だそうです。

f:id:linakawase:20180829113135j:plain

このくらいでいってみます!もう我慢できないっ……! 

f:id:linakawase:20180829113157j:plain

いただきます!!!!!!

 

うっまぁぁぁぁぁあああ!!!あんまり噛まずとも口の中でトロケていきました。

旨味も脂もしっかりあるのに、本当にしつこくない!こんなお肉はじめて……!

 

さらにこのお肉を白米の上にのせて、リブロース丼。

f:id:linakawase:20180829113245j:plain

最高すぎる。

f:id:linakawase:20180829113329j:plain

脂身もじっくりと焼いて、いい感じにカリカリになりました。いいお肉の脂なので、驚くほどすーっと食べられます。

脂身苦手なんだよな、という人も、ここの脂身ならいけるのでは?と思うくらい。

 

お肉以外の一品もやっぱり美味しい

ここまで怒涛のお肉紹介でしたが、サイドメニューも美味しいので紹介させてください!こっちも基本は1皿500円。

前菜のキムチ盛り合わせとナムル盛り合わせ(500円)。

f:id:linakawase:20180829113610j:plain

やっぱり焼肉とキムチ・ナムルって最高の組み合わせなんですよね。

 

シメのオススメはこれ!ヤミツキ間違いなしの「テグめん」(800円)。

f:id:linakawase:20180829113654j:plain

ピリ辛なスープに冷麺のツルツル麺が入った、どう考えても美味しいメニュー。

f:id:linakawase:20180829113731j:plain

実は、旧やーるじゃんの裏メニューだったのですが、今回新店舗では堂々と表メニューとしてデビューしたそうです。

ピリ辛だけど旨みのあるスープが麺に絡んで、一口食べるとヤミツキになります。汗をかきながら一気にすすってしまう美味しさ。

 

そして、ドリンクはキンキンに冷えた、いやむしろ半分凍ったジョッキで提供されます。

f:id:linakawase:20180829113532j:plain

並々と注いでくれるところにも愛を感じますね。

 

メニューはこんな感じ。全部手書きです。そして本当にだいたい500円。

f:id:linakawase:20180829113939j:plain

こちらがドリンクメニュー!

f:id:linakawase:20180829114039j:plain

メニューはまーちゃんさんの娘さんが書いてくれたそうです、かわいい!

f:id:linakawase:20180829114139j:plain

まーちゃんさんもばっちり描かれていて、娘さんの愛を感じます。

半端ないって!一枚一枚手書きで書いているとか半端ないって

 

変わらず地元の人に愛され続ける焼肉天国

f:id:linakawase:20180829114445j:plain

店長のまーちゃんさんは、今回リニューアルオープンするにあたって、以前よりも駅からちょっと遠くなったし、店内もカウンターが多いのでのんびりと営業しようかなと思っていたそう。

しかし、熱烈なファンの多さから連日満席。予約なしでは入れないことも多いです。

f:id:linakawase:20180829113837j:plain

お肉の美味しさもさることながら、まーちゃんさんと、先代の店主からの長年の積み重ねがあってのことだなと、今回お店を訪れて感じました。

常連のお客さんとまーちゃんさんの会話はじめ、アットホームな雰囲気の店内は「ほっとする」の一言に尽きます。

平井という街はけして便利な立地ではありませんが、それでも訪れる価値は大いにあると断言できるほど良いお店でした!みなさんも、ぜひ訪れてみてくださいね!

 

紹介したお店

店舗名:焼肉天国やーるじゃんバル
住所:東京都江戸川区平井2-22-13

 

著者プロフィール

f:id:linakawase:20171202004654j:plain

佐藤樹里

水泳インストラクター兼管理栄養士として勤務。その後フィリピン・カナダへ約1年渡航。現地のブランチレストランでカナダ人のシェフと共に働く。帰国後はアスリート向けの食堂と老人ホーム厨房にてWワークを経て独立。現在はスポーツイベント開催、アスリートへの栄養講座、栄養個別サポート、低糖質で高タンパク質の“食べるプロテイン”レシピ作成などを行う。

アスリートの明日とDREAM(夢)を叶える!アスドリファクトリー代表。

[オフィシャルブログ] http://asudorifactory.com

[twitter] http://twitter.com/jurijapan1

(企画・編集 河瀬璃菜)

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.