せんべろのレジェンド居酒屋!!神田の「良心的な店あさひ」が本当に良心的すぎて涙が出そう

淡路町から歩いて徒歩5分の路地裏にある知る人ぞ知る名店「良心的な店 あさひ」(東京都千代田区神田須田町1-12-6)を紹介します。このお店ではなんとサワー220円、ビールは280円、料理は150円・250円・300円の3つの価格のみと激安なんです。しかも、ポテトサラダやそら豆といったつまみや、ハムカツ、チャーハンといった料理もボリューミーで美味しいものばかり。近所にあったら毎日通いたくなってしまうようなお店です。(ビール 神田

せんべろのレジェンド居酒屋!!神田の「良心的な店あさひ」が本当に良心的すぎて涙が出そう

f:id:g-mag:20180912173936j:plain

こんにちは!ライターの佐藤樹里です。

 

飲み会前や、締めの一杯に軽~く飲みたいとき、ありますよね? グループではもちろん、一人でサクっと入れて、1,000円もあればお腹もいっぱいで満足、そんなお店があったらいいですよね。

 

今日は、一度行ってしまったらドはまりすること間違いなしの本当は教えたくないそんなお店をご紹介いたします。

 

そのお店は淡路町から歩いて徒歩5分の路地裏にある知る人ぞ知る名店良心的な店 あさひ」です。

 

自分で良心的って名乗っちゃうって……さぞかし良心的なんだろうなと期待が膨らみますね。

 

お店の外観は、こんな感じ。「あさひ」という店名なのに麒麟柄の暖簾に突っ込みたくなります。 

f:id:linakawase:20180730214044j:plain

ちょっと勇気を出してさっそく中にレッツゴー!!

f:id:linakawase:20180730214148j:plain

店内はシンプルな作りになっています。

 

移動が大変だからという理由で、調理場に近い席に案内されました。

 

さてっと、とりあえず飲み物から注文っと

メニューは壁に貼ってあるもののみです。

f:id:g-mag:20180912163441j:plain

え、やすっ・・・!? 安すぎるッ・・・!

サワーは220円、ビール280円で、料理は150円・250円・300円の3つの価格のみ。

 

自ら「良心的な店」を名乗るだけあって、本気で良心的なお値段だったのでビックリしました。

f:id:linakawase:20180730214307j:plain

ジンジャーエードって表記してありましたがジンジャーハイ?)と、ウーロン茶でカンパーイ!

 

150円おつまみがボリューミーで最高!

つまみに一品!ということで最初は150円シリーズを攻めていきましょう。

f:id:linakawase:20180730214359j:plain

ポテトサラダ(150円)

 

お皿にダンッと豪快に盛りつけてある人参とポテトのみのシンプルな構成。ボリューミーで甘みがあるマッシュ系のなめらかなポテトサラダです。

f:id:linakawase:20180730214435j:plain

上に黒胡椒がかかっているのでポテトの甘みの中にぴりっとした味があり、おつまみにピッタリ。

 

お次は食べたら止まらなくなる!そら豆(150)

f:id:linakawase:20180730214753j:plain

緑の豆を想像していたら茶色のカリっと揚げているものがでてきました!

 

塩分がいい感じに効いていて、1個食べたら2個3個……とどんどん止まらなくなってしまいます。こういう永遠につまめる系好き。

 

そして、きゅうりみそ(150円)

f:id:linakawase:20180730214859j:plain

こちらもシンプルでありながら、味噌ときゅうりの美味しくないはずがないコンビに箸が止まりません。

 

さて、もっと料理を頼もうかなっと

と壁に書いてあるメニューを今一度見上げます。

f:id:linakawase:20180730214940j:plain

・・・え?

 

たくさんの機動戦士達が!?ゴールドバン軍・・・?

f:id:linakawase:20180730215101j:plain

アイスバン軍もいます。ロボット系に詳しくないのでまったく意味が不明ですが、なんだか強そうです。

 

なんだこれ?

 

というかよくよく見ると店内一面におります。

f:id:linakawase:20180730215231j:plain

驚きを通り越してただただ唖然。

 

今までこんな沢山の機動戦士達に見守ってもらっていたなんて!

 

なんだか圧倒されてしまいましたが、なぞの視線を感じ店内の端を見ると・・・

f:id:linakawase:20180730215317j:plain

 

・・!?

 

f:id:linakawase:20180730215359j:plain

なんかおる!?

 

もう・・・最高にカオス。

 

250円シリーズも安ウマボリューミーだ!

おっと、現実に戻り250円シリーズの料理も頼んでみます。

f:id:linakawase:20180730215514j:plain

改めて見ると本当に安いですね。定番メニューが250円とか安すぎる。

f:id:linakawase:20180730215559j:plain

 はいきた!!チズオムレツ(250)

 

あくまで「チズ」オムレツです。卵の黄色とケチャップの赤色のコントラストが美味しそうすぎる。 

f:id:linakawase:20180730215700j:plain

半熟でふわふわー!中からチズもとろーっと出てきます!

 

チズと卵の相性はなんでこんなに美味しいのでしょう・・・チズ・・・

 

お次は、アジF()とハムカツ()です。

f:id:linakawase:20180730215737j:plain

・・・アジFはアジフライってことでいいんだよね

 

このボリュームで各250円て!最強のコスパ!これだけでお腹いっぱいになりそう・・・

f:id:linakawase:20180730215813j:plain

アジFも一口かじるとサクッとした衣と中身の白身魚のジューシーな味わいがなんだか懐かしいお味です。

 

アジF・・・・

 

個人的にめちゃくちゃ美味しくてはまってしまったのがこちらのハムカツです。

f:id:linakawase:20180730215911j:plain

サクッサクです。中のハムと衣のハーモニーが絶妙で昔なつかしの味です。懐かしすぎて心が温かくなってくるくらい。

 

頼みすぎてテーブルがいっぱいになってしまいました。

f:id:linakawase:20180730215951j:plain

 バイトの方が来る時間までは一人で切り盛りしている店主。この日は月曜日だったのですが、開店と同時に3組ほど他にお客さんがいらっしゃいました。

 

店主曰く

「月曜日はお客さんはほとんどこないよ。もう、俺は頑張らないんだ。金曜日は沢山お客さんがくるから、やる気があるのは金曜日だけ」

f:id:g-gourmedia:20180912152334j:plain

まさかの頑張らない宣言です。

 

店内にいらっしゃる他のお客さんがこれを聞いて、「確かに一生懸命やってる値段じゃないもんね」と突っ込み。

 

料理の話よりもトレーニングの話で盛り上がる店主さん。

f:id:g-gourmedia:20180912152346j:plain

ジムで背中を鍛えているそうです。健康の秘訣はそれですね。ジムの話題になると話が止まりません。

 

途中で揚げ物が揚がったらしくキッチンに戻ってしまいました。自由な店主さんです。

f:id:linakawase:20180730220516j:plain

お料理の紹介に戻ってこちらはシューマイ(250)

 

揚げてるシューマイ!話している間これを揚げてくださってたんですね!

 

こんなにボリューミーなのにこのお値段・・・ 

f:id:linakawase:20180730220558j:plain

カリッとパリっと揚がってます。揚げシューマイってなんでこんなに美味しいのでしょう・・・

 

肉炒飯(300)

f:id:linakawase:20180730221409j:plain

今更驚きませんが、それにしても安い!!そしてこのクオリティの高さ。見た目でもう美味しい・・・!

f:id:linakawase:20180730221503j:plain

はい。スプーンでひとすくいした感触だけでわかりました。これは、うまい(確信)。

 

一粒一粒がぱらぱらとあそんでいて、お肉のジューシーさとほのかに香る醬油味が非常にマッチしています。

 

これはうまい。本気でびびりました。

 

締めも食べたしお腹いっぱいだーーー!

 

 

さて、お会計です。

f:id:linakawase:20180730221635j:plain

え?こんなにたらふく食べて、2人で2400円?

一人1200ですよ!マジかよ!安すぎます。

 

「こんなに安くていいんですか?」「もっと値上げしてもいいんじゃないですか?」と、おせっかいを言う筆者。

f:id:linakawase:20180730221755j:plain

 

店主「俺は頑張らない」

 

再びきっぱりとおっしゃる店主さんです。

 

筆者「なんでこんなに安いのですか?」

 

店主「このくらいでしょ。俺は素人だからさ。たいしたことねぇ」

f:id:linakawase:20180730221902j:plain

そんなたいしたことねぇが口癖の店主さん。

 

店長さんと話している中で、人生の秘訣を教えていただきました。

「一つだけ負けないものをつくること」

 

なるほど。

 

「このお店の一つだけ負けないメニューってなんですか?」って聞いてみました。

 

「ない。」

 

ないのか・・・・

 

負けないメニューはないそうですが、このお店はもう開店から一人でも10年続けていらっしゃることが、もう他に負けないものではないのかなと思います。

 

何事も継続することが本当に難しいのです。「良心的なお店あさひ」を切り盛りしつづけた店主さんは、それこそ誰にも負けない一つのことでしょう。

 

ここのお店が近所にあったら絶対に毎日通いたくなる。そんなお店です。

 

もう店主さん一生懸命じゃないからあんまり人が来てほしくないらしいので、行くときはほどほどにしてくださいね。 

f:id:linakawase:20180730222113j:plain

 

紹介したお店

良心的な店 あさひ
住所:東京都千代田区神田田町1-12-6

TEL:03-3251-7577

URL:https://localplace.jp/t100305305/

 

著者プロフィール

f:id:linakawase:20171202004654j:plain

佐藤樹里

水泳インストラクター兼管理栄養士として勤務。その後フィリピン・カナダへ約1年渡航。現地のブランチレストランでカナダ人のシェフと共に働く。帰国後はアスリート向けの食堂と老人ホーム厨房にてWワークを経て独立。現在はスポーツイベント開催、アスリートへの栄養講座、栄養個別サポート、低糖質で高タンパク質の“食べるプロテイン”レシピ作成などを行う。

アスリートの明日とDREAM(夢)を叶える!アスドリファクトリー代表。

[オフィシャルブログ] http://asudorifactory.com

[twitter] http://twitter.com/jurijapan1

(企画・編集 河瀬璃菜)

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.