新宿「庄助」は日本酒飲み放題が1時間980円!酒飲みのツボを押さえすぎているセルフ飲み放題の潜入レポ

新宿で日本酒飲み放題なら「庄助 新宿西口店」(東京都新宿区西新宿1-12-8 庄助西新宿ビルB1~3F)がオススメです。B1~3Fまでが店舗になっているのですが、1Fの立ち飲みスペースでは、セルフ日本酒飲み放題が楽しめます。料金設定は1時間980円と、リーズナブル。気軽に立ち寄れますよ。日本酒のラインナップは全60種で日替わり。日本酒好きも思わず唸るラインナップになっており、珍しい地酒に出会えるかもしれません。フードメニューも酒のアテからガッツリ系まで充実しています。飲み足りない場合はもちろん延長も可能。日本酒飲み放題だけでなく、キンミヤ焼酎のボトルが格安で飲めるなど、楽しみ方が豊富なお店です。

新宿「庄助」は日本酒飲み放題が1時間980円!酒飲みのツボを押さえすぎているセルフ飲み放題の潜入レポ

f:id:g-gourmedia:20180406125756j:plain

 

こんにちは、ほそいです。

今日は新宿にあるセルフ日本酒飲み放題のお店を紹介します。

 

f:id:posoi:20180317174422j:plain

新宿西口から徒歩5分「庄助」へやってきました。このビルの1F部分が立ち飲みになっています。

外の立ち飲みスペース、これからの季節よさそう。

 

f:id:posoi:20180317174421j:plain

飲み放題980円の看板が輝いている。最近増えてきたセルフ日本酒スタンドの相場はだいたい3,000円前後で時間無制限ですが、 1時間だけ飲みたいという時にこの価格はいいですよね。

 

f:id:posoi:20180317172711j:plain

この日は日曜日。開店の17時に行くと、すでにお客さんが日本酒を楽しんでいました。このビールケースに板を渡した机を見るだけで飲むぞという気持ちにさせるのだ(角打ちにハマってからはビールケースを見かけると家具にしか見えない病にかかっています)。

 

f:id:posoi:20180317172709j:plain

立ち飲みでも1時間と思えばむしろ気軽に寄ろうかという気持ちになります。もちろん延長も可能です。 

 

f:id:posoi:20180317172710j:plain

お酒は日々入れ替えで、決まったラインナップではないようです。

 

f:id:posoi:20180317172703j:plain

ちなみに、他のお酒はこんな感じ。一般的な居酒屋のようなコスパと思いきや、 

 

f:id:posoi:20180317172701j:plain

キンミヤのボトルが850円はちょっとお得。隣のお一人様のお父さん、カットレモンを頼んで延々飲んでいたな。今度はこれにしよう(笑)

 

f:id:posoi:20180317172651j:plain

キンミヤに心を奪われつつも、日本酒飲み放題スタート。まずは日本酒にはちょっとうるさい友人に選ばせるとしよう。

 

f:id:posoi:20180317172658j:plain

持ってきたのは「剱 山廃純米」(石川県・萬歳楽 小堀酒造店)。

石川県・白山市産の『五百万石』の晩植米だけから造った山廃純米酒。晩植米(※)のコシのある味を活かし、うまみや酸を十分に持たせて、タフで芯の通った味わいを造りました」(公式HPより)という日本酒なんだけど、たしかに酸味がある。あまり酸味系の日本酒を飲んだことがなかったので新鮮でした。

※晩植米とは、通常よりも1カ月ほど遅く田植えをした米。良質な米ができるといった利点はあるものの、台風被害に遭いやすいなど栽培するハードルも高い。

 

よし、フードも選んでみよう。 

f:id:posoi:20180317172706j:plain

ザ・居酒屋といった賑やかさ。

 

f:id:g-gourmedia:20180406094519j:plain

上は「ホタルイカ沖漬け」(380円)、下は「クリームチーズの味噌漬け」(380円)。

クリームチーズの味噌漬けに、まさかいぶりがっこが付いてくるとは思わなかったよ。日本酒に合うぜ。

 

f:id:g-gourmedia:20180406094544j:plain

焼きタケノコ。

手づかみでちょっとずつかじりながら日本酒ちびちびがいいんだよな。 

 

f:id:posoi:20180317172657j:plain

続いては山口のお酒「貴 濃醇辛口」(山口県・永山本家酒造場)。

『酒米の最高品種「山田錦」をあえて精米歩合80%(2割を糠として取り除く)に抑え、お米のポテンシャルを楽しむ事を目的として仕込みました。味わいは綺麗ながらも、しっかりとした輪郭があり、辛口ファンには持って来いのお酒です』(公式HPより)とのこと。

精米歩合80で雑味が多いのかと思いきや、スッと飲みやすくて80とは思えない。日本酒度+10のきりっとした後味。

f:id:posoi:20180317172704j:plain

海鮮爆弾(380円)。

個人的な好みなのですが、爆弾は醤油より塩で食べるのが好きでございます。この爆弾は最初からちょうどいい味がついているタイプ。

 

f:id:posoi:20180317172655j:plain

「純米酒 慎太郎」(高知県・美丈夫 濵川商店)。中岡慎太郎をイメージした高知のお酒です。「ピュアな味わいの純米酒」(公式HPより)とのこと。

世界を見据えていた慎太郎が眺めていたであろう海がデザインされています。淡麗辛口の土佐のお酒らしいキリっとした味わいがよかった。しかし高知の酒は本当にうまいものばかりだな。船中八策、南、安芸虎(あきとら)など、飲み飽きないすっきりしたものが多い。

 

f:id:posoi:20180317172654j:plain

「甲子正宗(きのえねまさむね)」の純米酒(千葉県・飯沼本家)。千葉県の酒々井(しすい)にある酒蔵です。見学にいったことある!

ファンの多い酒蔵という印象がありますが、味も裏切りません。千葉のお米と地下水を使ったまろやかなコクが特徴の “旨口純米酒”です。いいね、千葉のお酒。

 

f:id:posoi:20180317172700j:plain

もつ焼好きの私が頼んだ「ハツ」(1本170円)と、肉豆腐好きの友人が頼んだ「肉豆腐」(480円)。

立ち飲みでセルフなので角打ちにいる気分になるけど、料理が来るたびに角打ちじゃなかったんだと我に返る。

 

f:id:posoi:20180317172653j:plain

「臥龍梅(がりゅうばい)純米吟醸 無濾過生原酒」(静岡県・三和酒造)。静岡のお酒です。これも柑橘系のさわやかな香りでうまい。肉豆腐と合う♪

 

f:id:posoi:20180317172656j:plain

最後は私の大好きな「雪の茅舎(ぼうしゃ) 山廃純米」(秋田県・齋彌酒造店)。

「飲みあきしない酒質で適度な酸味があり 燗にしてもおいしい純米のお酒」(公式HPより)とのこと。

雪の茅舎の純米吟醸をよく飲むのですが、山廃純米は酸味があるんですね。何にせよこの銘柄は安定したうまみが楽しめるな。

本当はもっと飲んだけどお酒の紹介ばかりで長くなるので割愛……

 

f:id:posoi:20180317172708j:plain

やかんに水が用意されているので、お酒と同量のお水を飲みましょう。

 

お会計は一人2,000円ほど。こんなに飲んで料理も結構食べてこの値段はコスパいいですね。なかなか楽しめた1時間でした!

f:id:posoi:20180317172707j:plain

ほんとその通りでございます、とひれ伏す言葉……耳が痛い。

以上、「新宿 庄助」でした!

 

紹介したお店

庄助 新宿西口店

庄助 新宿西口店

TEL:03-3343-8311

https://r.gnavi.co.jp/rzch3hxd0000/

著者プロフィール

ほそいあや

ほそいあや

「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ: http://seiten4go.com/
Twitter: https://twitter.com/hosoi/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.