霜降り和牛鍋+ワインが最高だ…!ワイン50種が30分飲み放題290円の代々木「コンロ家」で飲みまくったらワイン選びのコツがわかった気がした

樽ワイン飲み放題が「30分290円」という破格のサービスを行っているのが「コンロ家」(東京都渋谷区代々木1-52-5 ベルテ南新宿B1)です。アメリカ・スペイン・ドイツ・南アフリカといった世界各国のワインがずらっと並び、そのなかから好きなものを好きなだけ飲めますよ。ワインというと難しいイメージがありますが、コンロ家の飲み放題でいろいろな銘柄を試して、自分好みのものを探すのもオススメです。また、こちらは神戸牛をリーズナブルにいただけるのも特徴。名物は霜降り和牛がどっさり入った「霜降り和牛鍋」です。脂がクリームのように甘く、絶品です。 (新宿 忘年会・新年会)

霜降り和牛鍋+ワインが最高だ…!ワイン50種が30分飲み放題290円の代々木「コンロ家」で飲みまくったらワイン選びのコツがわかった気がした

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/g-gourmedia/20171220/20171220104417.jpg

冬ですね。冬にぴったりのお酒といえば、熱燗もいいけどやっぱりワイン……と言いたいところではありますが。筆者、ワインはあまり得意じゃありません。全国有数のワイン生産地である山梨県出身なのに……。

 

味もあまり好みでなかったりしますが、それよりなにより、ワインの何が苦手で仕方ないかっていうと、それはワインを取り巻く雰囲気

例えば、少し金銭的に余裕のある紳士が着飾った女性に「このワインは君の誕生年の物をオーダーしたんだ」とドヤ顔しながら夜景の見えるレストランでグラスを傾け「今宵は、君に酔いたいものだよ」と女性の肩を抱き寄せ……ふざけんな! そんなもん軽トラでレストランに突っ込んでドーンだ!!!

 

と、主に「なんかスカしてる気がする」という理由により敬遠してきたワインですが、「たらふく肉を食いながら気軽に数十種類のワインを飲み比べできる店」があるとの情報をキャッチ!

しかも、なんと30分たったの「290円」で、樽から注ぐワインが飲み放題だという! 繰り返すけど、30分「290円」飲み放題ですよ。しかも樽ワイン……コスパ界の神、いわゆるゴッドやないか! なんとなくフランクなお店のようだし、色々飲んで自分に合うワインも見つけられそう! これはもう行くしかない!

 

ワインだけでなく肉料理も堪能できる!

f:id:shimazukio:20171205004807j:plain

f:id:shimazukio:20171205004647j:plain

お店の名前は「大衆肉処酒場 コンロ家 代々木店」。新宿駅からは徒歩9分、代々木駅からは徒歩5分、そして小田急線の南新宿駅からは徒歩30秒(!)、マンションの半地下にあります。どうやら、ワイン、そして最高ランクの神戸牛が自慢らしいのですが、店名も店の雰囲気も「ザ・大衆」って印象です。

f:id:shimazukio:20171205004428j:plain

店内は、ごく普通の居酒屋のような雰囲気。この写真だけでも(筆者の勝手な)ワインのイメージとは程遠い。

f:id:shimazukio:20171204184124j:plain

「肉の部位」の解説イラストと同じように、

f:id:shimazukio:20171204184138j:plain

「オヤジの部位」なんていうネタイラストが貼ってあるあたり、やっぱり大衆感がすごい。

こういう気取らない店は大好き! なのですが、ワインと高級ビーフっていったら金満オヤジが六本木の高級店でキラキラ女に食わせるヤツじゃないのか。私のような庶民にはものすごく落ち着く店だけど、美味しい樽ワインと最高ランクの神戸牛を堪能できるとはとても思えない……。

 

f:id:shimazukio:20171204184235j:plain

▲すごい樽の数!

 

訝しみながら店長さんに話を聞くと、やはり50種類の樽ワインを選び放題・飲み放題、世界各国の産地から取り寄せたワインの個性を楽しみながら、神戸牛に舌鼓を打つのがコンセプトらしい。

f:id:g-gourmedia:20171220103412j:plain

ひとまずビール(380円。安い)を注文。ワイン自慢の店でいきなりビールを頼むという暴挙にもかかわらず、お店の方はにこやかに対応。

 

「こちら、突き出しになります。神戸牛の炙り寿司です」と、生肉の乗った寿司を出してくれたのですが、それを手に取ろうとした瞬間、

f:id:shimazukio:20171204184400j:plain

「じゃ、失礼しまーす」とバーナーをフル稼働。

f:id:g-gourmedia:20171220102932j:plain

目の前で業火に晒され、瞬く間に炙られる寿司! お通しにこの凝りよう! この店、ただのワインバーじゃないぞ……!

 

ワイン、豊富すぎて選べない

f:id:shimazukio:20171204184453j:plain

▲店の外にまで陳列されているワイン樽

 

ワインについて店長さんに伺うと「フランス、イタリア、チリ、アメリカ、スペイン、アルゼンチン、南アフリカ……色んな国の、色んな種類の樽があるんで、お好きな物を探してみて下さいね。赤、白のほかにも、サングリアもありますよ」とのこと。樽からセルフサービスで自分のグラスに注ぎ、選び放題・飲み放題で290円。くどいようですが290円ですよ。居酒屋のビール1杯、どころかファミレスのドリンクバー並みですよ。

 

ありえないほどリーズナブルな価格で世界のワインを試せるのは素晴らしいこと! なのですが、筆者はワイン自体がそもそも苦手。

お店の方に、率直に「実は私、ワインが苦手なんです。口に入れた時のガムシロップみたいな甘さ、シンナーみたいな人工的な香り、喉に引っかかるような後味……そんなワイン嫌いの私に、向いている銘柄ってあるんでしょうか?」と尋ねてみたところ、「混ぜ物の入ったヤツ飲んでません? 普通、そんな味のワイン無いですけどね」とのストレートな答えが。

 

ワインが苦手なのは、今までちゃんとしたワインを飲んだことがないだけなのかもしれない。

 

じゃ、ワイン飲み放題、やってみよう。50種類のワインが貯蔵された樽には、銘柄や産地、特徴などが記されており、それを読んでいるだけでも楽しめます。

f:id:shimazukio:20171204184635j:plain

初心者向けということで、1杯目はお店の方が「飲みやすい」と推奨していたアルマデン・クラシック(アメリカ・ブドウ品種はカリニャン)の赤をチョイス。

f:id:shimazukio:20171204184721j:plain

注ぎ口をキュっと開けると、グラスを満たしていくのは深みのある紅。香りは軽やかです。

f:id:shimazukio:20171204195027j:plain

さすが、お店の方が飲みやすいと勧めるだけあって口当たりも柔らかく、するっと飲める。変にガツンとくる刺激や重さは無く、フルーティなところが万人向け。酸味や渋みも気にならないので、これは初心者でも楽しめる1杯だ。うーむ、これはなかなか、楽しみになって来たぞ!

 

A5ランクのお肉の美味さに脱帽!

お料理は、A5黒毛和牛のサーロイン・リブロースなど極上霜降り肉を煮込むお店イチオシの「霜降り和牛鍋」や「レバーの低温調理」「黒毛和牛筋肉の赤ワイン煮込み」などをオーダー。肉とワインの一大カーニバル開始!

 

f:id:g-gourmedia:20171220103836j:plain

こちらは「神戸牛レバーの低温調理」(780円)。

f:id:g-gourmedia:20171220103852j:plain

ニンニクが効いていて、生レバーと違って噛んだ時の食感の楽しさもありながらジューシーさも失われておらず美味しい! 

続いては「黒毛和牛すじ肉の赤ワイン煮込み」(680円)。

f:id:g-gourmedia:20171220104058j:plain

お肉と、とろーりトロけるスジがゴロッゴロで、しっかりとした味付け。さすが和牛、旨みが濃い!当然酒も進む!

f:id:g-gourmedia:20171220104246j:plain

温泉卵を崩すと、それらが優しく包み込まれて至福の一品に……!

 

そしてお待ちかね、名物の「霜降り和牛鍋」(2,180円)が到着!

f:id:g-gourmedia:20171220104417j:plain

白い! 霜が入りまくりで肉が白い!!! そして何この塔みたいなフォルム!!!!

f:id:g-gourmedia:20171220104619j:plain

しかし塔は、美味しく食べるために「焦らず、15分ほど煮込む」ことによって脆くも崩れ去り美味しそうな様相を呈していきます。

f:id:g-gourmedia:20171220104728j:plain

f:id:g-gourmedia:20171220105501j:plain

火が通りすぎないように気を付けながらいただいてみると、溢れだす脂がクリームみたいでめっちゃ甘い! そこにかぶさってくる赤身部分の旨味がすごい! この高級肉の旨みをたっぷり吸った野菜もすごく美味しい!! シンプルな西京味噌ベースのお出汁も、ウルトラ肉と野菜によって極上のスープに仕上がっている!

これらを食べながらワインとか、気分は貴族!

 

飲み放題のワインもガブガブいくぞ!

f:id:shimazukio:20171204190023j:plain

ということで2杯目を注ぐために樽の前へ。悩んだ末に筆者が選んだ2杯目はスペインのブラッスリー・エ・コントワール(スペイン・ブドウ品種はテンプラニーリョ)。

1杯目のアルマデン・クラシックはアメリカ産で、カリニャンというブドウを使っていたけれど、こんどはスペイン産でテンプラニーリョというブドウを100%使っているとのこと。よくわからないけど「いろいろ違う物を試す」という意味では、これで良いのかな……。

f:id:shimazukio:20171204190042j:plain

お味の方は、先ほどの物よりもタンニンが効いているのか若干刺激的。少し慣れてる人向けなのかなと思いつつも、わりと一瞬で飲み干してしまったので、お料理の特徴に合わせて「マイルドな口当たりの物を」「少し渋みのある物を」と選ぶ熟練者たちの気持ちが少しわかりました。

 

f:id:shimazukio:20171204190136j:plain

3杯目は、変化をつけてみようと白をチョイス。

……とはいえ何を飲めば良いのかわからないので、人気の銘柄を聞いたところ、リープフラウミルヒ(ドイツ・ブドウ品種はリースリングなど)というワインを薦められました。ドイツではめちゃくちゃポピュラーらしい。

特に女性に好まれるとのことで、飲んでみると、とってもスウィート! なんでもリープフラウミルヒは「聖母の乳」という意味らしく、ワインに慣れていない人でもジュース感覚で飲めるかも!

 

f:id:shimazukio:20171204190256j:plain

f:id:shimazukio:20171204190311j:plain

最後の1杯はナマクワのワイン(南アフリカ・ピノタージュ、シラーズ、ルビーカベルネ)。なんといってもどっしりとした風味!雨の日の子犬のなんとか、みたいな詩的表現はできないのではっきり言うと、「酒飲んだ感」がある1杯です。「プハーッ、飲んでやったぜ!」と。

 

まとめ

きょう1日で飲んできたワインは、生産国もアメリカ・スペイン・ドイツ・南アフリカと違っていたし、ブドウの品種もそれぞれ違う。これをさらに、地域ごと・シャトーごとに分類してどうこう……という知識はないけれど、ともかく気軽に色々と試せるので、片っ端からガンガン行ってみるのがいいんじゃないでしょうか。わずか290円でこの体験、信じられない。

f:id:shimazukio:20171205002702j:plain

ワインも高級なお肉も、肩ひじはったりゴージャス感におしつぶされたりすることなく楽しめる、ちょっと珍しいお店です。実は先日、飯田橋店がオープンしたばかり!

これだけコスパが良いので、お肉はほどほどに、ワインを集中して狙いにいくのもアリかもしれません。というか次に行ったときにはそうしてみますので、まっすぐ歩けなくなったときに介抱してくれる方を募集しておきますね。

 

紹介したお店

大衆和牛酒場 コンロ家 代々木店
住所:東京渋谷区代々木1-52-5 ベルテ南新宿B1
TEL:050-3476-1234

 

飯田橋店もオープンしました。こちらは樽ワイン100種らしい!

大衆和牛酒場 コンロ家 飯田橋
住所:東京都千代田区飯田橋4-5-6 ECS第6ビル1F
TEL:050-3374-3839

r.gnavi.co.jp

 


著者・SPECIAL THANKS

シマヅ

ライター/シマヅ

1988年生まれ。フリーライター。 武蔵野美術大学造形学 部芸術文化学科を卒業後、2年ほど美術業界を転々としていたが現在は主にWEB上で文章を書き生計を立てている。女性向けコラム、インタビュー記事、グルメレポート、体験記事など、幅広い分野で執筆活動を行う。

https://twitter.com/Shimazqe
シマヅさんの「ぐるなびWEBマガジン」記事一覧

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.