台湾の「担仔(タンツー)麺」を東京で!現地そのままの味を150円で楽しめる天国を池袋で発見した

台湾でよく食べられている屋台フードといえば「担仔麺(タンツーメン、ダンザイミェン、ターアーミー)」です。小ぶりな茶碗によそわれた麺料理で、あっさりした味わいが特徴。現地ではとてもポピュラーな屋台メニューです。もともとは台南の料理ですが、台北など台湾全土で食べられます。台湾まで行かずとも、現地そのままの味を楽しめるのが東京・池袋の「古都台南担々麺」(東京都豊島区西池袋1-40-5 名取ビル2F)。担仔麺はもちろん、蚵仔煎という牡蠣オムレツ、揚げた臭豆腐、台湾の薬膳スープである四神湯(スーシンタン)など台湾料理のお店です。担仔麺は現地価格さながらの150円。お手軽に台湾料理を楽しめるお店としてオススメです。

台湾の「担仔(タンツー)麺」を東京で!現地そのままの味を150円で楽しめる天国を池袋で発見した

f:id:posoi:20171124143303j:plain

こんにちは、ほそいあやです。

今日は、最近じわじわと人気が高まってきている台南グルメの紹介です。

担仔麺(タンツーメン)が150円で食べられちゃうというお店にいってきましたよ。

 

台南の担々麺「担仔麺」についてちょっと説明

f:id:posoi:20171121153406j:plain

写真は台湾南部の都市、高雄で食べた担仔麺。小さめの椀ですする台南流ファーストフードです。

 

f:id:posoi:20171121153404j:plain

にんにくのきいたスープが最高。麺は店ごとに色んな種類があります。屋台で手早く食べることができるファーストフード。

最近の台湾ブームで、 麺線(台湾の煮込みそうめん)と並んで人気が高まり、知名度もあがってきたようです。東京でもいくつか食べられるお店を聞くようになり、気になっていました。

 

池袋で担仔麺を食べよう 

f:id:posoi:20171121153415j:plain

今日は池袋にある「古都台南担々麺」にやってきました。お店の名前に担々麺とあるけどこれは台南の担々麺(すなわち担仔麺)のことです。 

 

f:id:posoi:20171121153414j:plain

店内はゆったりとしたつくりになっています。屋台のごはんをゆっくり食べよう♪

 

f:id:posoi:20171121153403j:plain

さっそく担仔麺を発見。他のメニューは一般的な価格だけど、担仔麺だけ現地価格……!

f:id:g-gourmedia:20171207161843j:plain

味玉をトッピングしても250円です。屋台のままのビジュアル。

いやあ、嬉しいな。しかしお店の名前の「担々麺」を見て知らずに普通の担々麺を求めて入ってきたお客さんがいたら「思ってたんと違う!」となるでしょう。 

 

f:id:g-gourmedia:20171207161918j:plain

にんにくは弱めですが、スープのあっさり具合は現地っぽさもあり良い味。小麦のストレート麺はほんの少しソフト麺を思わせます。この「おいしいものをすこしだけ」感が食欲を増幅させるのよね。

 

「牡蠣オムレツ」はマストです

f:id:posoi:20171121153416j:plain

担仔麺の小ささのおかげでまだまだ色々食べられちゃうもんね。ということで何にしよ。

 

f:id:g-gourmedia:20171207161939j:plain

蚵仔煎(牡蠣オムレツ)にしてみたよ。屋台グルメの定番が食べられるのは嬉しい!

 

f:id:g-gourmedia:20171207162011j:plain

あちら特有の小粒の牡蠣がごろごろ入っています。タレの味も優しくて、牡蠣の旨みを邪魔してない。ああしみじみおいしい。

 

f:id:posoi:20171121153405j:plain

心は台南へ……おやつでこんなの食べられる台湾人羨ましすぎ

 

やっぱりこれを食べずには帰れない「臭豆腐」

f:id:posoi:20171121153409j:plain

やっぱり台湾といえばこれだよね。台湾くさい豆腐。

 

f:id:posoi:20171121153410j:plain

皿が置かれた瞬間、あの国へトリップ。なんともいえぬこの匂い〜〜。

匂いは強烈だけど、不思議なことに口に入れてしまえば全然臭くないんですよね、臭豆腐。揚げると殆どの人がいけるんじゃないかな。パクチーだれをつけて食べるとなおおいしい。

 

f:id:posoi:20171121153357j:plain

台湾の臭豆腐の屋台。30メートル離れていてもあるのがわかる

 

薬膳が身体に染み渡る。究極のデトックススープ「四神湯」

f:id:g-gourmedia:20171207162050j:plain

台湾の薬膳スープ、四神湯(スーシンタン)も頼んでみました。

豚骨や豚モツ、蓮の実やハトムギなどがふんだんに入ったスープ。ここのはキノコも入っていました。

 

f:id:g-gourmedia:20171207162110j:plain

体によい薬膳スープは、体を冷やすことを嫌う台湾の人たちのソウルフード。漢方スープと称されるけどそんなに漢方っぽさはなく、コクがあって複雑な味がする具沢山のスープです。毎日飲んでも飽きない味。

私はこれを気に入って、あちらのスーパーで四神湯キットを買ってきて作ったことがあります。キットは新大久保などの中華食材店に置いてあることがあります。気になる人は作ってみるのもよいかもしれません。

 

f:id:posoi:20171121153358j:plain

台湾のひげちょう(鬍鬚張魯肉飯のこと)で食べた四神湯。豚モツが多かった

 

タケノコ好きのあなたは「タケノコと豚肉の炒め」で大満足できます

f:id:posoi:20171121153416j:plain

次は何にしようかな。野菜を食べてなかったから野菜にしよう。

f:id:g-gourmedia:20171207162234j:plain

タケノコと豚肉の炒め。このタケノコがめちゃうま。ガリくらいの薄さで、シャキシャキで味が染みてて……。桃屋のやわらぎ好きに是非食べてほしい。そして盛りの良さよ。やわらぎ3瓶くらいありそう。タケノコでおなかいっぱいになれるよ。

ふと、台湾のコンビニでやわらぎのような瓶詰めタケノコを買ってよく食べていたのを思い出した。あちらの人もタケノコ大好きみたいです。

 

f:id:posoi:20171121153359j:plain

最後はジャスミン茶ですっきりとさせた。中華系のお店で温かいお茶を頼むと、なくなったらお湯を入れてくれるからお得だよね。

 

ごちそうさまでした! 台湾気分にさせてくれる本場の料理が沢山ある店だった。まだまだ食べたいのがあるからまた来ようっと。

 

f:id:posoi:20171121153356j:plain

あと、入り口にすごい扇風機があるので、いく人は忘れずに見てきてほしい。ファンが3つある。キングギドラかもしれない。回ってるところ見たい……。

 

紹介したお店

古都台南担々麺
住所:東京都豊島区西池袋1-40-5 名取ビル2F
TEL:03-5951-3388

r.gnavi.co.jp

 

池袋忘年会新年会おすすめ店

r.gnavi.co.jp

 

 

著者・SPECIAL THANKS

ほそいあや

ほそいあや

「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ: http://seiten4go.com/
Twitter: https://twitter.com/hosoi/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.