肉が旨すぎて震えが止まらないよ…!完全予約制の焼肉店「ヒロミヤ」での肉まみれ貸切り飲み放題宴会が楽しすぎる

フリーダムすぎる空間で焼肉を楽しめるお店を紹介します。それが知る人ぞ知る曙橋の「ヒロミヤ」。東京には「ヒロミヤ本店」(東京都新宿区市谷台町4-1)と「ヒロミヤ3号店」(東京都新宿区住吉町2-9)がありますが、今回は3号店の2階にお邪魔してきました。2階部分は貸切となっていて、ひたすら肉を焼いて食べながらお酒を飲める天国のような空間です。店内にあるものはすべて飲み放題、しかも飲物は持ち込み自由、かなりのフリーダム空間です。ただし、完全予約制かつ予約できるのは1年以上先……とかなり来店難易度の高いお店。なのですが、当日予約が可能な席もありますし、お店公式のTwitterなどでキャンセル情報を発信しているので、見つけた場合は即予約しちゃいましょう!肉は食べ放題ではないですが、相当なボリュームなので腹ペコさんも大満足ですよ。 (新宿 忘年会・新年会)

肉が旨すぎて震えが止まらないよ…!完全予約制の焼肉店「ヒロミヤ」での肉まみれ貸切り飲み放題宴会が楽しすぎる

f:id:mojori:20171023192928j:plain

こんにちは、ライターのみやけです。

先日、知人のNさんから「ヒロミヤ行きませんか?」とのお誘いを受けました。

f:id:mojori:20171101182747p:plain

場所は東京・都営新宿線の曙橋駅から徒歩3分ほど。丸の内線の四谷三丁目駅からも歩けます。

ヒロミヤは東京に本店・3号店があり、今回訪れたのはヒロミヤ3号店。2号店は大阪にあるのだそう。本店・2号店どちらのお店も完全予約制で、予約できる日は1年以上も後になってしまうほど超・予約困難店になります。

そんなこんなで、1年前に予約したNさんとそのご友人たちに混ぜてもらうことにしたのでした。ラッキー!(今回は計12名での参戦)

※ヒロミヤは1年以上前に予約しなくても入店できる裏ワザがあります。記事の最後にまとめていますので、肉を食らいたくなったら要チェック!

f:id:mojori:20171030162615p:plain

初めましての人ばかりで緊張しました

 

思わず「え、ここ?」と言いたくなる外観

f:id:mojori:20171023190923j:plain

曙橋駅から歩くとすぐにお店に着きました。
お世辞にも、綺麗とは言えない外観です……というか、看板壊れてるし。 

 

f:id:mojori:20171023190957j:plain

なんていうか、この時点でもう「好き」ですね…

 

f:id:mojori:20171024164137j:plain

さらに貸切客はビルの裏口から入ります。 急な階段を上がり、2階へ。

 

f:id:mojori:20171023191037j:plain

どん。
ステンレスの机には七輪が乗っていて、もやし・キムチ・海苔・卵が既にセッティングされています。

 

f:id:mojori:20171030162941p:plain

牛が居る

 

f:id:mojori:20171024170125j:plain

全員揃ったところで、店員さんがコースの説明を始めました。

・2時間制 税込6,000円(延長は500円/1h)
・飲み放題
・飲み物の持ち込み自由!

(ちなみに、6,000円と聞いて一瞬ためらう方もいそうですが、最終的には「安い」と思ってもらえると思います。ヒロミヤに行けばわかる)

 

 「この部屋にあるものはなんでも使って良いし、食べて良いよ!」っていうことなんですけど、とにかく、用意されているもの自体がすごいんです。

f:id:mojori:20171023191201j:plain

ビールサーバーに加え、酎ハイ・ハイボールのサーバーも 

 

f:id:mojori:20171024170142j:plain

ドリンクバーも置いてある。右には焼酎や日本酒等の瓶が入った冷蔵庫が。これ、いろいろと試せるやつ。

 

f:id:mojori:20171023191742j:plain

大釜の炊飯器の中には炊きたてのご飯!私みたいに焼肉にはライス必須な人もこれで安心ですね!

 

f:id:mojori:20171023191132j:plain

お品書き

お肉メニューはほぼ同じですが、日によってちょっと違うとのこと。鴨→タン元に変更されていました。鴨…食べたかった…

 

f:id:mojori:20171030203400p:plain

自分たちで注いだビールで、乾杯!

 

f:id:mojori:20171023193022j:plain

ジョッキもしっかり冷えています。

 

f:id:mojori:20171023191318j:plain

一品目に出てきたのは牛タン。一瞬ウニ箱かな…?と見間違うくらい綺麗に敷き詰められています。

 

f:id:mojori:20171023191517j:plain

早速牛タンを七輪にオン。

 

f:id:mojori:20171024170516j:plain

炭火に焼かれるお肉たち。見つめているとあっという間に素晴らしい焼き目がついていきます…

 

f:id:mojori:20171114180055p:plain

厚切りぷりっぷりの牛タン、最高…!弾力がありつつもさっくり噛み切れる食感がたまりません。焼肉ってなぜかいつも牛タンからスタートしちゃうのはなんででしょう。

 

f:id:mojori:20171023191402j:plain

次いできたのが「レバー二種」。見るからに鮮度が良い。しっかり焼いてから食べますよ。……やっばいうまいぞ。あぁ美味しい。すばらしく質の良いレバーです。

 

f:id:mojori:20171023191645j:plain

三品目はホルモン盛り合わせ。左奥から「ツラミ・ミノ・タン元」。お皿にこんもりと盛られていますツラミは頬肉の部分とのこと。

タン元はより舌のより根本の方の部位。柔らかいのに弾力があって、旨味が濃い気がします。

 

f:id:mojori:20171030203430p:plain

バリバリ焼いていきます。

 

f:id:mojori:20171023192658j:plain

あぁ、ホルモンってどうしてこんなに美味しいんだろう。

プリプリっとした食感も楽しめるし、噛むたびに口の中に旨みが広がって噛むことをやめられない。味がしっかりついているのでそのままでも食べられるんですけど、レモン汁をきゅっとかけて食べるのがさっぱりして美味しいです。

ホルモンからもわかる肉の質の高さ。牛タン→レバー→ホルモン三種とここまでの流れも完璧です。

 

とにかくフリーダムに飲める・食べられる

ここでお酒のラインナップ紹介を!さっきも言いましたが、お店にあるものは全て飲み放題です。

f:id:mojori:20171030162824p:plain

  

f:id:mojori:20171023193445j:plain

安心のアルパカワイン。赤と白、両方置いてくれるのが嬉しい。

 

f:id:mojori:20171023193503j:plain

日本酒「景虎がある!!」と興奮しているメンズたち。もちろんどれもたっぷり入っていて、到底飲み切れる量じゃありません。

 

f:id:mojori:20171023193530j:plain

焼酎・リキュールもかなりの充実具合!焼酎ならキンミヤも三岳もあります。

ここで紹介したのは一部で、まだまだ冷蔵庫にあるんですよ……。ドリンクバーと組み合わせると烏龍茶割り・ソーダ割りなんかもお好みでできちゃいます。すごい。無限に楽しめるやつじゃないか。 

f:id:mojori:20171027153641j:plain

で、ヒロミヤがスゴいのって、お酒の持ち込みも自由なところなんです。

乾杯用のスパークリングをみんなで購入して、私は山口土産として買ったきり家で眠っていた「五橋(ごきょう)」を持ってきました。山口岩国市の酒井酒造のお酒です。同じく山口岩国市の日本酒といえば旭酒造の獺祭ばかりが注目されていますが、五橋もとてもフルーティーなのに旨みもあって美味しい!こんなに美味しいなら、もっともっと注目を浴びても良いのでは……

 

f:id:mojori:20171023193605j:plain

焼肉日本酒の相性については多少不安でしたが、「米に合うものは日本酒にも合う!」とのことで好評でした、良かった。

 

f:id:mojori:20171023192836j:plain

「赤身ステーキ」。この表面の艶かしさ、こんなに絵画的で色っぽい赤身肉、初めて見たぞ……!

にんにくのすりおろしがたっぷりと添えられています。にんにく+塩で食べるのがオススメとのこと。翌日のことなんて忘れてしまいましょう。

 

f:id:mojori:20171023193320j:plain

さっぱりしていて美味しい~~~!赤身、さらに塩で食べるということもあって、しっかりと肉本来のうまみが味わえます。食べ応えのある馬刺しを食べたような感覚。

 

f:id:mojori:20171023193340j:plain

(なみなみ注いだ)赤ワインと合う!

  

f:id:mojori:20171023192909j:plain

……?
何かすごいのが来ました

f:id:mojori:20171023192919j:plain

このサシの入り方、最っ高のやつだ…!

「特選」です。名前からの実物の説得力がすごい。量もかなり多いです。

 

f:id:mojori:20171023192928j:plain

先ほどの赤身肉と並べても迫力がすごい

 

f:id:mojori:20171024171827j:plain

この、炭火の上に置くと脂がじわじわと浮いてくる感じが…もはや美しすぎて……

 

f:id:mojori:20171023193203j:plain

卵と絡めていただきます。

 

問答無用でうまい。  

薄切りの柔らかい肉、甘めのタレ、濃厚な卵。全部が一番良い状態で関わりあって、本当に美味しい。これは"やばい"やつです。

 

f:id:mojori:20171114180125p:plain

震えざるを得ない

一切れで満足できるくらいの特選ですが、量がめちゃくちゃあるんです…!ノンストップでガンガン焼いていきます。

 

f:id:mojori:20171023193058j:plain

f:id:mojori:20171023193113j:plain

 ここで、ほかほかのライスを用意。たっぷりあるからおかわりし放題。

 

f:id:mojori:20171027161426j:plain

ほかほかのご飯をよそってですね

 

f:id:mojori:20171023193140j:plain

こうやって

 

f:id:mojori:20171023193229j:plain

こう

タレと卵を絡めたお肉で、ライスをローリングしちゃうわけですね。

 

f:id:mojori:20171030182123p:plain

この食べ方をひたすら続けました

普段焼肉とご飯を一緒に食べない派の人もぜひ、この食べ方は試してみてください!ご飯との相性が抜群すぎて、おかわり必須です。マジで。

  

f:id:mojori:20171024172147j:plain

最後に来たお肉が「上ゲタ」。こちらも皿に敷き詰められてます。アバラ骨の間のお肉で、旨味が詰まった希少な部位とのこと。

 

f:id:mojori:20171023193623j:plain

もはや、風呂

こちらも卵に絡めて食べるのがオススメとのこと。

生の状態では「筋っぽいかな?」という見た目だったのですが、筋っぽさは全くなく、むしろ柔らかい。特選よりもプリッとしていて弾力があります。そして、脂の旨味が強い……!

焼いて、卵につけて、ご飯に巻いて食べる…の繰り返しでひたすら食べます。大判なのでよく卵に絡む~!

 

 どんどん焼いていきます 

f:id:mojori:20171023192949j:plain

焼いて食べて

 

f:id:mojori:20171030204026p:plain

撮って 

 

f:id:mojori:20171024163951j:plain 焼いて食べて

 

f:id:mojori:20171024163838j:plain

飲む。 

 

お肉は食べ放題ではないのですが、それでも確実に、相当お腹いっぱいになります。

 

〆は巨大冷麺

f:id:mojori:20171024163815j:plain

大きすぎて、もはや鍋冷麺がきました。仲良く取り分けていただきます。

 

細麺でコシがあります。 キンキンに冷えたスープは生姜がきいていて、あっさりして美味しい。お腹がいっぱいになってもこれなら食べられます。

 

f:id:mojori:20171024164017j:plain

タレと肉汁が染み込んだ卵液をご飯にかけると、最上の卵かけご飯が食べられますよ…!!忘れずに。

 

肉は偉大である。

完全アウェーな状態で乗り込んだこの焼肉、中には私と同じく初めての人もいたけれど、いつの間にか美味しいお肉と美味しい酒で超楽しい飲み会になっていました。

f:id:mojori:20171030203516p:plain

自分のペースで好きなものを焼いて、食べて、飲める。最高にフリーダムな空間。

こんなに身内で楽しめて、お肉のレベルも高くって、6,000円と考えると本当にすごい。

f:id:mojori:20171114180214p:plain

肉好きが集まるには最高の場所

 

実は3号店の1Fは当日予約ができる!

完全予約制かつ予約が超困難で噂のヒロミヤですが、その予約状況をチェックしてみましょう。

f:id:mojori:20171024164502j:plain

思わず今って西暦何年?と確認してしまう

この取材をした日は2017年10月6日なので、本店の予約は来年、さらに今回の記事で紹介したような貸切の場合はなんと再来年の予約になります。

 

この時点で気が遠くなりそうなものですが、実はここ3号店の1階部分7席分(5名以上で貸切)は当日予約用なんです。

3号店の1階部分は当日13時~電話予約ができるので、行きたい日は忘れずに予約してみましょう。

f:id:mojori:20171030190350j:plain

3号店一階席

また、ヒロミヤの公式サイト・ツイッターでは随時キャンセル情報を更新しているので、貸切席も再来年まで諦めるのはまだ早いです!

 

アカウント名がお茶目なTwitterや、

公式ページで情報発信しています。

  

ヒロミヤのコスパの良さ・楽しさは一度行ったら絶対にやみつきになること間違いなし。

予約人員に空きが出たら私参戦するので、その際はぜひお声がけくださいませ。

f:id:mojori:20171024164243j:plain

牛さんは荷物置きに使うと良いようです

 

紹介したお店

ヒロミヤ3号店
住所:東京新宿住吉町2-9

ヒロミヤ本店
住所:東京新宿区市谷台町4-1

TEL:03-3353-6101(共通)

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

新宿忘年会おすすめ店

r.gnavi.co.jp

 

著者プロフィール

みやけ(@a_komotomo)

f:id:g-gourmedia:20150119112541j:plain

食べることと散歩が好きな平成4年生まれ。無職になりました。

阿古本という名前で絵を描いていたりもします。

ツイッター:https://twitter.com/a_komotomo
note:https://note.mu/genghis_khan

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.