ハイボール60円!生ビール160円!酒が全て原価の飯田橋「原価ビストロBAN!」がありえないほど神コスパでした

飯田橋西口から歩いて3分、お酒がすべて原価で提供され、とにかく安い「原価ビストロBAN!」(東京都千代田区富士見2-2-11 一直ビル1F)を紹介します。ハイボール60円、レモンサワー80円、グラスワイン150円と、ドリンクがとにかく破格なので、「ケタが間違っているのでは?」と思わざるをえません。さらに、料理もどれもクオリティが高く美味しいので、オープンしてすぐ話題の人気店になったのも納得です。こちらの一番人気は「肉盛り合わせ(3種300g)」(3,000円)。牛タンやランプ肉、豚ロースといったお肉がたっぷりと盛られています。コスパ優良すぎる「原価ビストロBAN!」での忘年会なら参加者に喜ばれること間違いないですね! (東京 忘年会・新年会)

ハイボール60円!生ビール160円!酒が全て原価の飯田橋「原価ビストロBAN!」がありえないほど神コスパでした

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/linakawase/20171023/20171023231237.jpg

こんにちは!ライターの佐藤樹里です。

年末も近くなり、飲み会やイベントごとが多いシーズンになってきましたね。毎回毎回、いろいろな飲み会に参加しているとお財布の中身が寂しくなってきません……?

節約もしなくちゃだけど美味しいものを飲み食いしたい。お財布の中身を気にせずに、美味しいお酒と料理を堪能できるお店があればいいのに~、と都合の良い妄想を日々繰り広げていたら、なんと現実にそんなお店があるというではないですか……!

というわけで、飯田橋「原価ビストロBAN!」へさっそく行ってまいりました!名前からして期待できるぞ~!

 

思わず三度見してしまう…!原価のお酒たちがとにかく安すぎ

やってきました、原価ビストロBAN! 。入場料として500円を支払う必要があります(このあと詳しく紹介しますが、入場料はすぐにペイできてしまう圧倒的オトクさです)。

まずは飲み物飲み物っと……メニューを拝見。

f:id:linakawase:20171023224208j:plain

f:id:linakawase:20171023225804j:plain

・・・え??60・・・え・・ん?

 

え?安すぎません?ゼロが一つ足りないよね!?!?完全におかしい!駄菓子かよ!

いやいやいやいくらなんでもおかしい。他のメニューも見てみましょう。 

f:id:linakawase:20171023225927j:plain

・・・っ!?生ビール160円でレモンサワー80円だと・・・!?!?

 

まだ飲んでないから酔っていません!見間違いじゃないぞこれは!!!本当にこんな価格設定だったのか……ハイボールなら10杯飲んでも600円ですよ?どうなってるんだ……。

f:id:linakawase:20171023230030j:plain

60円のハイボールで乾杯です!この安さですが、侮ってはいけません。味もバッチリ美味しいハイボールです。

f:id:linakawase:20171023230114j:plain

80円のレモンサワーもしっかり生レモンが入っていてさっぱりと美味しい!

入場料の500円、もうこの時点で完全に取り返しているような……最高すぎませんか?

 

と、しょっぱなから驚きの連続ですが、まだまだこんなもんじゃなかったのです……!

 

料理のクオリティが高すぎて、またもや驚く

お酒が安い分、料理の質があまり良くないのでは……?と心配になりますよね、わかります。

しかしこちらのお店、お料理の一品一品がきちんと美味しく、「わかってるー!」と言いたくなるようなラインナップなのです。

 

まずはサラダから。「BAN! サラダ」(850円)です。

f:id:linakawase:20171023230316j:plain

えっ、ここってフレンチのお店だったっけ?と思うほど、彩りも美しくオシャレな一皿が出てきました。 

野菜を取り囲んでいるのは、オレンジ色の甘めなキャロットソース、黄色の少し甘酸っぱいパプリカソース、緑のほんのり苦み香るセルバチコ(ワイルドルッコラ)ソース、グレーのなすソース、赤紫色のビーツソースの5種類のソース!

f:id:linakawase:20171023230347j:plain

ソース1種類だと、どうしても好き嫌いが出てきがちですが、好きなソースに好きな野菜を組み合わせて食べることができるので、そんな心配もいりません。 

f:id:linakawase:20171023230425j:plain

ソースと野菜の組み合わせをいろいろと試すのも一興。さらに、どの野菜とどのソースが合うか、一緒に来た人との会話も盛り上がりそうです。一度ならず、二度、三度楽しめる一皿ですね。

 

お次は、「フォアグラの為に焼かれたブリオッシュとそのブリオッシュの為に作ったフォアグラバター」(800円)。

名前からして罪深さを感じます

ブリオッシュとはフランス発祥のパン。バターや卵を多く使うため、甘くて香り豊かなのが特徴で、食事パンならず、菓子パンとしても食べられています。

f:id:linakawase:20171023230723j:plain

お互いがお互いのために作られたという相思相愛の仲。合わないわけがないのですが、もう最っっっ高にワインが進みます。フォアグラバターの高級感あふれる香り、程よい塩気……贅沢!

 

まだまだいきます。こちらは「シャルキュトリー盛り合わせ」(880円)。シャルキュトリーとは、フランス語で食肉加工品全般を指す言葉です。

f:id:linakawase:20171023231002j:plain

左が生ハム、右が豚のパテ、上が豚のリエットです。

生ハムはいいとして、パテとリエットって何?って思う方も多いのでは。

f:id:linakawase:20171023231028j:plain

パテとは肉類をミンチ状にし、本来はパイ生地で包んで焼いたものです。今回のようにパイで包まないものも多くあります。

f:id:linakawase:20171023231100j:plain

一方のリエットとは、焼くのではなく、豚肉などを長時間煮込んだ後で具材をペースト状にして冷やしたものです。

つまり、どっちも美味しいし、ワインに合います。 

f:id:linakawase:20171023231205j:plain

 

これは絶対に外せない!というメニューが、こちらの「和牛のカルパッチョ」(1,200円)。

f:id:linakawase:20171023231237j:plain

うおおおお!美しい・・・!

思わず見惚れてしまいます。とろけそうな赤色の和牛と、その色を引き立たせるセルバチコ(ワイルドルッコラ)ソース、香菜、リコッタチーズ。これは我慢できません!!!さっそくパクリ。

f:id:linakawase:20171023231316j:plain

と、とろけたーーーーーーー!!!!!

カルパッチョなので肉は薄切りなのですが、それにもかかわらず低温調理した和牛が旨味深い……!いつまでも口の中にとどまってほしいのにすぐとろけてしまう!罪深い!!!

そこに、濃厚なリコッタチーズ、苦みのあるセルバチコソースが絡み合って最強のコンビネーションです。美味しすぎ。これは絶対に食べるべき!!!

 

人気No.1メニューが「肉盛り合わせ(3種300g)」(3,000円)とのこと。

f:id:linakawase:20171023231714j:plain

きた!!!!!おにく!お肉!!!ONIKU!!!!!

まぶしすぎる。輝きすぎでしょう。

左手前の牛タン、右手前の群馬の赤城牛のランプ、奥のスペイン産の栗豚ロース!3種の輝きに満ちあふれた一皿です。真ん中のソースはローストビーフ用の風味豊かなトリュフ醤油です。それぞれお好みでソースにつけていただきます。

f:id:linakawase:20171023231752j:plain

歯ごたえばっちりの牛タンは、噛めば噛むほど味に深みが出て、幸せな肉汁で口の中が満たされます。はー幸せ。

 

f:id:linakawase:20171023231820j:plain

群馬の赤城牛のランプ!ランプは、腰からお尻にかけての赤身の希少部位です。写真からも伝わると思うのですが、その見た目以上にきめが細かく柔らかい!うまい。

 

スペイン産の栗豚ロースの上にかかっているのは、ヴィンコット(完熟ブドウを煮詰めた汁)とブドウ、バルサミコ酢、煮詰めた赤ワインソース、の4種類を合わせたブドウソースです。

お肉自体はジューシーで非常に柔らかく、こちらも噛むたびに脂の甘みと旨味があふれてきます。酸味の効いたソースの効果でさっぱりと食べることができ、病みつきになりそう。ああ、3種類とも本当に美味しかった……たしかにこのメニュー人気No.1になりますわ。

 

ここまでで、こちらのお店の料理がいかに最高であるか伝わったと思います。しかし、まだあるのです。〆まで最高すぎるのです。

というわけで「黒毛和牛のパスタボルドレーズ」(1,000円)を注文。

f:id:linakawase:20171023231912j:plain

パスタが赤い!?

何の色かというとワイン。一度パスタの水分を抜いてボルドーワインという濃いワインに漬けて着色しているそうです。

f:id:linakawase:20171023231949j:plain

▲左がピノノワールという品種のブルゴーニュワインで、右がメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランという品種を使ったボルドーワインです。ピノノワールは淡い色で透明感があり、それに比べるとボルドーは濃く、透明ではないということがわかりますね。

f:id:linakawase:20171023232025j:plain

ボルドーワインをたっぷり吸った風味豊かなパスタ、黒毛和牛のミートソースがバッチリな相性。けっこうボリューミーです。たくさんお肉食べちゃったし、入るかな?と思いきや、美味しすぎて思わずぺろっといけちゃいます。本当です。

あと、〆のパスタなのにワインが超絶合います。

f:id:linakawase:20171023232125j:plain

ちなみにこのワインも1杯150円。最後まで安すぎますね。

 

今回は、
グラスワイン赤 150円
レモンサワー 80円
ブラックニッカ ハイボール 60円
+入場料500円

なので、飲み物だけだと3杯飲んで790円でした!1杯分のお値段かと思いきや、3杯分ですからね。いやー、信じられない……。

 

「原価ビストロBAN!」どこにあるの?

飯田橋西口から歩いて3分の場所に、原価ビストロBAN! はあります。

f:id:linakawase:20171023232253j:plain

店内はこちら。

f:id:linakawase:20171023232322j:plain

テーブルが31席でカウンターが5席の合計36席です。

f:id:linakawase:20171023232402j:plain

カウンターがあるので、1人でも気軽に入れる雰囲気です。実際に、この日もお一人さまの方が何名かいらっしゃいました。

 

大人気店なだけあり、平日半ばでも19時をまわる頃には満席になってしまいました。席が 時間制と決まっているのですが、来店の際は予約は必須ですね!

・・・それにしても、ハイボール60円という衝撃が忘れられません。

f:id:linakawase:20171023232505j:plain

こんなに安くて一体どうやって儲かっているのですか?と、お店の方にお聞きしたところ、 

「企業秘密です!」

とのことでした。

思わず企業秘密のことまで聞いてしまうくらいの原価ビストロBAN! 。お酒を心置きなく堪能できて、それでいて料理が美味しくておしゃれ!今年の忘年会にぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

 

紹介したお店

店名:原価ビストロBAN!
TEL:03-3556-1123
住所:東京都千代田区富士見2-2-11 一直ビル1F

r.gnavi.co.jp

 

著者プロフィール

佐藤樹里

f:id:linakawase:20170928224219j:plain

水泳インストラクター兼管理栄養士として勤務。その後フィリピン・カナダへ約1年渡航。現地のブランチレストランでカナダ人のシェフと共に働く。帰国後はアスリート向けの食堂と老人ホーム厨房にてWワークを経て独立。現在はスポーツイベント開催、アスリートへの栄養講座、栄養個別サポート、アスリート向けの米なし炒飯“Vチャー”の開発などを行う。
アスリートの明日とDREAM(夢)を叶える!アスドリファクトリー代表。

[オフィシャルブログ] http://asudorifactory.com
[Twitter] https://twitter.com/jurijapan1

(編集:河瀬璃菜)

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.