羊・鴨・猪・鹿・雉のジビエ串がたまらなく旨い!餃子も旨い新橋「一味玲玲」の3号店が最高すぎた

新橋で餃子を食べるなら、オススメ店のひとつが「一味玲玲」です。新橋に3店舗を構える一味玲玲では、多彩な餃子を焼き・蒸し・茹での調理法でいただけます。今回紹介するのは3号店の「玲玲家園菜」(東京都港区新橋3-21-11)。こちらでは餃子のほかにジビエ串をいただけるのです。羊、鴨、猪、鹿、雉の串5種盛りはお得感もあってオススメです。それぞれの肉の特徴に合わせた味付けがされており、どれも美味しくいただけますよ。サラリーマンの聖地こと新橋にはたくさんのお店がありますが、今年の忘年会は餃子とジビエで楽しんでみてはいかがでしょうか?(銀座 忘年会

羊・鴨・猪・鹿・雉のジビエ串がたまらなく旨い!餃子も旨い新橋「一味玲玲」の3号店が最高すぎた

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mojori/20171002/20171002193235.png

こんにちは、ライターのみやけです。今回はジビエ串を堪能してきました。

というわけで新橋です。いつ来ても、胸が高鳴る駅前の雰囲気。

f:id:mojori:20170914175410j:plain

新橋西口通りの門を通ってすぐ左手にお目当てのお店があります。

f:id:mojori:20170914175434j:plain

図にするとこんな感じ!

f:id:mojori:20171002192043p:plain

f:id:mojori:20170914175445j:plain

店頭の看板には……

f:id:mojori:20170914175459j:plain

新橋で餃子!と言えば玲玲のジューシー餃子!」

 

そう、新橋に3店舗ある一味玲玲です。一味玲玲の餃子は様々なタネ・調理法によって作られておりとにかく絶品なのです。まさに新橋で餃子と言えば…の地位を獲得しつつあります。

以前取材した本店の様子はこちらの記事でどうぞ!

 

今回やってきたのは、この一味玲玲の3号店にあたる「玲玲家園菜」。こちらでは、そんな餃子のほかに特製串焼きを楽しむことができるんです。 

 

「ジビエ串」 聞いただけで心が踊るワードです。
そもそもジビエ=中華ってなかなかすぐに結びつかなかった不思議。そういえば、火鍋は羊肉がメインだっけ。

ジビエと謳うだけあって、羊の他に雉や鹿も食べられるのだそう。期待を胸に、いざ入店!

 

我慢できずに羊肉の炒め物を注文

f:id:mojori:20170914175532j:plain

やっぱりメニューにあったら頼んでしまう青島ビール。スッキリとしていて美味しいですよね。

f:id:mojori:20170914175601j:plain

グラスビールの印字がかわいい。

 

f:id:mojori:20170914175543j:plain

お通しに干し豆腐とピーナッツが出されるのは、一味玲玲では共通のようです(先ほどの記事参照)。 

 

【空芯菜炒め】

f:id:mojori:20170914175728j:plain

まず空芯菜炒めをチョイス。油を惜しげもなく使って一気に炒めあげているから、シャッキシャキで甘いです。

 

【ラムのクミン焼】

f:id:mojori:20170914175743j:plain

串焼きでラム初め!と思っていたのですが、我慢出来ず炒め物を頼んでしまいました。

こちらは揚げ焼きのような感じで、噛むと衣部分の油がジュワ〜っと口に広がります。こうもがっつりクミンがかかっていると味がきついのかな?と思いきや、羊肉独特の香りとクミンの香り、そして油の甘さがマッチしていて美味しい!

f:id:mojori:20171002192014p:plain

クミンはカレーのスパイスに良く使われるもの、なんて印象がありましたが実は中国の東北地方やモンゴル近辺ではポピュラーなスパイスなんです。羊肉と合わせるのも鉄板なんだそう。

 

やっぱり餃子も食べとこう 

f:id:mojori:20170914175802j:plain

そうそう。ここに来たからには、餃子も忘れちゃいけません。

f:id:mojori:20171002015125j:plain

一味玲玲の餃子は様々な種類の具材、そして3種類の調理法(水餃子・焼餃子・蒸餃子)を選ぶことができるんです。
・◎・◯はお店のオススメ度。まずは一番オススメのから攻めたいけど、全部試してみたい気にもなります。

f:id:mojori:20170914183818j:plain

一味玲玲の餃子はニンニクを使っていません。テーブルにある特製酢コショウタレをつけても美味しいのですが、実は調味料をつけずとも十分美味しいのがここの餃子のすごいところ。

 

【パクチー・トウチの焼餃子】

f:id:mojori:20170914175825j:plain

家ではどうしても再現できないパリッパリの羽根付き餃子…。そして羽根部分とは対照的なモッチモチの皮。

豆豉醬(トウチジャン)は個人的にも好きで調味料としてよく使うのですが、これはそのトウチが主役です。パクチーはあとからふわっと香り、ピリ辛なのも食欲が増します……!

 

【貧乏餃子(蒸餃子)】

f:id:mojori:20170914175835j:plain

思わず「どこらへんが貧乏なんですか?」と聞いてしまうようなネーミング。中身はエビ・たまご・野菜とのこと。野菜だけならまだしも、エビが入っているなら貧乏じゃないじゃないか!と言いたいところですが……

f:id:mojori:20170914175850j:plain

一口食べてみると、卵の割合が多くて、ニラ玉のような感覚です。

エビはアクセントで楽しめる程度なので、確かに「貧乏餃子」という名前もピッタリなのかもしれない。それでも嬉しい貧乏餃子です。うん、蒸しで正解。あっさりしていて、いくらでも食べられます。

 

f:id:mojori:20171002192109p:plain

さて、いい感じにお腹にたまってきたところで、本日のメインに移ります!

 

どの串も肉の個性にピッタリすぎる味付けだ…!

f:id:mojori:20170914175918j:plain

来ました!ジビエ焼き串セットです。

f:id:mojori:20171002193235p:plain

左から鴨、猪、鹿、雉、羊。5種類もの串焼きが、こうも一斉に並ぶとお得感がありますね。

色合いも、かかっているスパイスも、見るからにぜーんぜん異なり、どれから食べるべきか迷います。ただひとつわかるのは、きっと全部間違いなく美味しいんだろうということ

f:id:mojori:20170914183935j:plain

壁にはそれぞれの産地が書かれています。鹿・猪・雉は長野県から。

【猪】 

f:id:mojori:20170914175945j:plain

猪は肉質が固く、脂の部分も歯ごたえが強いです。塩気が効いていて、噛み締めるほどに味が出てくる

【鹿】 

f:id:mojori:20170914180004j:plain

鹿は表面にまぶされたブラックペッパーが良い仕事してます。臭みは全く感じません。肉が甘い

【羊】 

f:id:mojori:20170914180029j:plain

そして羊串。こちらも先ほどのクミン焼と同様、クミンががっつりまぶされています。串焼きにされているので、よりあっさりしていて純粋に羊肉が味わうことができます。

身は弾力があり、必然的によーく噛むことに。羊独特の獣の香りが口いっぱいに広がって、アクセントとなるスパイシーなクミン。文句なく美味しい

 

f:id:mojori:20171002192127p:plain

どの串もそれぞれの肉質やクセをうまく使って、ぴったりの味付けで焼き上がってくる。 一通り楽しんだ後に、好きなお肉の串を単品で頼むこともできるのは嬉しいですね!

 

f:id:mojori:20170914180132j:plain

ジビエ串と紹興酒。ジャパニーズスタイルでザラメを入れました。

 

f:id:mojori:20170914181214j:plain

角ハイボール or プレモル、そして羊の串焼き3本で980円というお得なセットもあります。ちょうど良すぎる。今度はこれを頼んでみよう。

 

激辛なのに手が止まらない…! 

【揚げ鶏肉の激辛炒め(辛さレベル8)】

f:id:mojori:20170914181300j:plain

串焼きを一通り楽しんで、気になる激辛メニューにもチャレンジしてみました!

揚げ鶏肉の激辛炒め辛さレベル8。店員さんから「本当に辛いんですけど大丈夫ですか?」と心配されます。

f:id:mojori:20170914181314j:plain

はい。めちゃくちゃ辛いです

それでもただべらぼうに辛いという訳ではなく、唐辛子の美味しい辛さ。パリッと揚げられた鶏肉は絶妙に火が通っていて、ものすごくジューシー

もはや揚げたての熱さなのか、唐辛子の辛さなのか、口の中がわけわからなくなってきますが、美味しい。手が止まらない。

f:id:mojori:20170914181340j:plain

山椒たっぷりの辛さも好きだけど、やっぱり身体が求めるのは唐辛子のカーッとなる辛さなんだよなあ。ヒィヒィ言いながら手づかみで骨つき肉を食べるワイルドさもまた、美味しさを増すひとつのポイントなのでしょう。

 

【パクチー入り汁なし牛肉麺】 

f:id:mojori:20170914181356j:plain

〆の炭水化物は壁にあったメニューの中から、パクチー入り汁なし牛肉麺にしました。

f:id:mojori:20170914181411j:plain

とろみのある餡と、茹でた麺をがっつりと混ぜて食べます。 

予想以上にパクチーがどっさりと入っているのだけれど、温かい餡でしなっとなったパクチーは香りもマイルドになり、食感も程よくシャキシャキ。とろっとろの甘じょっぱい牛肉との相性がすごく良い…!

 

f:id:mojori:20171002192141p:plain

〆のメニューはずなのに、思わず追加でビールを頼んでしまう…

 

美味しい餃子とジビエ串、そして辛さもガツンと効いた本格中華で酒を飲む。この至福を求めに、多くのサラリーマンが新橋に集ってしまうのもわかってしまう私なのでした。

 

ごちそうさまでした!

 

紹介したお店

玲玲家園菜
住所:東京都港区新橋3-21-11
TEL:03-3433-6477

r.gnavi.co.jp

 

著者プロフィール

みやけ(@a_komotomo)

f:id:g-gourmedia:20150119112541j:plain

社会人3年目、体重の変動が激しい。阿古本という名前で絵を描いていたりもします。

ツイッター:https://twitter.com/a_komotomo

 

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.