博多の屋台グルメはレベルが高すぎる!数々の有名人を虜にしてきたガチで旨い名物屋台3選

福岡・博多の夜の風物詩といえば屋台。地元民の博多っ子がオススメする本当に美味しい屋台を紹介します。半世紀以上続く老舗屋台「武ちゃん」、人気屋台「DON!」、数々の有名人が虜になった「屋台おかもと」など、「アメトーーク! 博多屋台大好き芸人」でも紹介されたほどの人気有名店、観光や出張で訪れたら寄ってみたいですね。美味しいものが盛りだくさんの屋台街へ繰り出して、福岡の夜を満喫しましょう! (ビール・ビアガーデン 福岡)

博多の屋台グルメはレベルが高すぎる!数々の有名人を虜にしてきたガチで旨い名物屋台3選

f:id:maki_a:20170725172936j:plain

 

福岡の夜の楽しみといえば、「屋台」

以前も一度、博多の屋台を特集しました。

r.gnavi.co.jp

 

今年4月からは、フレンチ屋台やジビエ料理専門屋台など、

新しいお店も加わり、ますます盛り上がりをみせています。

 

新店もいいけれど、昔から続く屋台もやっぱり外せない…。

ということで、今回は前回に続き、

「アメトーーク! 屋台大好き芸人」で取り上げられた

人気屋台をピックアップ。後輩コジーを引き連れて巡ってきましたよ~♡

 

 

福岡屋台巡り第2弾、行ってみよーーーーーー!/

f:id:maki_a:20170725170652j:plain

 

 

半世紀以上続く老舗屋台「武ちゃん」

 

まず最初に訪れたのは、那珂川沿いの中洲那珂川エリア」

 

屋台は、大きく分けて「渡辺通りエリア」「天神エリア」「昭和通りエリア」「中洲那珂川エリア」「長浜エリア」の5つに分かれます。

 

そのなかで、屋台がギュギュっとまとまっているのがこのエリアです。

f:id:maki_a:20170725172936j:plain

那珂川沿いに22軒の屋台がズラリ。福岡ならではの光景ですね~。

 

地元客はもちろんですが、観光客の姿もチラホラ。

 

さて、このエリアで紹介するお店は…

あ、あった!!!

f:id:maki_a:20170725171008j:plain

52年も続く老舗屋台「武ちゃん」

テレビや雑誌にもたびたび登場する人気店です。

 

オープンしてすぐに着いたものの、すでにほぼ満席状態。

邪魔にならないよう、屋台の前のここに並んで順番を待ちます。

f:id:maki_a:20170725173817j:plain

川沿いだから夜風が気持ちいい~。

 

f:id:maki_a:20170725170633j:plain

時間帯によっては、屋形船が見られることも。

 

待つこと数分…。

念願の「武ちゃん」へ入店です!

 

 

最初の注文は、ビールどて焼きで決まり!

こちらは華大の二人と仲がいい“癒着屋台”のひとつ。看板は手づくり餃子(1人前500円・税込)です。

まずはアルコールを体内に注入!

くぅ!夏は一段とビールがうまかーーーーー!

f:id:maki_a:20170725171029j:plain

 「大将!まずは、どて焼き(600円・税込)からお願いします!」

 

ネギ好きの私にはたまらない、シャキシャキのネギがたっぷり~。

 

食べる前に、“華大”のお二人が好きな一味唐辛子をザザザーーーー

勢いよくかけるのが博多流です(笑)

f:id:maki_a:20170725174019j:plain

う~ん♡

トロットロに煮込まれたホルモンが、味噌ダレに絡んでおいしい~。

分厚くカットされたコンニャクもいいっ!

 

このまま餃子も注文しちゃいましょう!餃子2人前お願いします!!!!

 

 

一口サイズが食べやすい! 必食の手作り餃子

屋台の真ん中では、大将が黙々と餃子を包んでいます。

f:id:maki_a:20170725174105j:plain

餃子を作るときは真面目な顔の大将ですが、かな~り気さくな方なのでご安心を(笑)

この日も観光客の方たちに、福岡の魅力を語っていましたよ♪

 

ジュージューー

f:id:maki_a:20170725170738j:plain

屋台のなかに充満する美味しそ~な匂い♪

餃子は注文を受けてから鉄板で焼いていきます。

 

クルッとひっくり返すと、おいしそうな焦げ目が。

f:id:maki_a:20170725170923j:plain

きゃほーーーーー。うまそう!!!

博多らしい一口サイズです。

 

二人前がコチラ。では、焼きたてアツアツをパクリ。

f:id:maki_a:20170725174213j:plain

後輩コジー「熱いけどウマーイ!サクッモチッとした皮のなかから、ジューシーな餡がでてきましたよ。これなら何個でも食べられる~」

 

ニンニク控えめだから、平日でも安心して食べられます。

 

二口目は自家製柚子胡椒をつけて…

f:id:maki_a:20170725173829j:plain

ピリッとした辛味のなかに、ふわっと香る柚子。

これだけでもビール飲めちゃう…!(嬉泣)

 

この餃子をいつでも食べられる福岡県民の私って、かなり幸せかも。

このまま居心地のいい「武ちゃん」に居座りたかったのですが、外には待ちのお客さんが。

 

また今後ゆっくり来ますね~。と大将に別れを告げて次の店へ向かいます。

 

人気屋台「DON!」の実店舗に潜入!

続いて向かったのは、春吉方面の国体道路沿い。

f:id:maki_a:20170725165846j:plain

「アメトーーク!」で紹介された「屋台DON!」が、今年4月に実店舗を構えたということでそのお店を紹介したいと思います。

 

場所は、ロマネスクリゾートクラブ西中洲の7F。

f:id:maki_a:20170725165913j:plain

「SoulKitchen博多屋台DON!」として移転オープンしています。

 

意気揚々とエレベーターで7Fまで上がると、発見!

f:id:maki_a:20170725170148j:plain

扉をあけて中に入ると…

 

f:id:maki_a:20170725170456j:plain

おおおおおぉぉぉぉーーーーーーー!!!

 

屋台がそのまま店内に!

暖簾はもちろん、イスや机も実際に使っていた屋台そのままです。

f:id:maki_a:20170725170214j:plain

では本日2回目のカンパーイ。

瓶も好きだけど、やっぱり生ビールも大好き♪

乾いた喉が潤っていく~~~。

 

年中食べられる名物・白味噌おでん

大将「まずは、お通しです」

f:id:maki_a:20170725170543j:plain

運ばれてきたのは、屋台時代から愛されている白味噌おでん!

 

お通しでおでんって、嬉しすぎるんですけどーーーー!

1~2日かけて煮込んでいるから、大根がトロットロ♡

f:id:maki_a:20170725174529j:plain

屋台のときは夏の間、おでんの提供をお休みしていたみたいですが、

店舗では一年中味わえるんですって。うれしいなぁ。

 

おでんとは別に、お出汁だけの一杯も。

f:id:maki_a:20170725165555j:plain

後輩コジー「くぅぅぅ。昆布の出汁がきいた優しい味わい!」

連日飲み続きだった私の体にも、じんわりと染み渡っていくよ(遠い目)…。

 

最初のおでんにガッチリ心を掴まれた私たち。ほかの料理も期待できそう!

 

大将にオススメを聞いてみると…

「迷ったら、日替りメニューからお選びください!」

 

カウンターの目の前には、

イタリアン和食、串…とバラエティ豊かな日替りメニューが(笑)

f:id:maki_a:20170725170523j:plain

大将「店舗を構えてできることが多くなったので、メニューを増やしました。食材を仕入れながらメニューを考えていると、毎日このくらいの量になるんですよ」

 

こんなにそろってるなら、毎日通っても飽きませんね!

 

大将屋台では禁止だったナマモノもそろえています。最近は、燻製&おつまみお任せプレートを頼む人が多いですね」

f:id:maki_a:20170725174930j:plain

結構量があるとのことだったので、2人で一番小さいサイズを注文しました。

 

f:id:maki_a:20170725175023j:plain

 

最初のオーダーのみ、紙に書いて渡します。

 

しばらくすると、「ゴマ鯛(600円・税別)」が登場。

f:id:maki_a:20170725170328j:plain

身がプリッと引き締まった鯛に、爽やかな青ジソがグッド♡

ゴマの風味と九州の甘い醤油がからまって、お酒もご飯もすすむ一品!

やっぱり福岡はお魚がオイシイネ~♡ 

 

お待ちかねのお任せプレートがこれ。

燻製も屋台時代にはなかったメニューです。

f:id:maki_a:20170725175136j:plain

こ、これで980円(税別)――――?!!

 

この日は、

ベーコン燻製とスモークチーズ、小松菜のおひたし、うずらの燻製、トマトとスモークチーズ、アボカドとマカロニサラダ、クリームチーズチャンジャ、生ハムピーチの7種類。こんなについて1000円以下って最高かよwww

 

後輩コジーは、クリームチーズチャンジャをパクッ。

f:id:maki_a:20170725175216j:plain

んんんっっ!!!!

 

後輩コジー「なにこれおいしい~!ねっとりとしたクリームチーズのまろやかさと、チャンジャの辛みが合うっ!酒のアテにピッタリです」

 

炙りたてベーコンとスモークチーズの燻製もうまぁ~♡

独特の燻製の香りがたまらんのよねぇ。

 

お酒、お代わりしちゃお~っと。

 

「DON!」はドリンクメニューもめちゃめちゃそろっています。

f:id:maki_a:20170725165822j:plain

お酒は酒好きな大将がセレクトしたものなので、迷ったらオススメを聞いてみるといいですよ。

 

私は、日本酒から「七田」をオススメしてもらいました。

f:id:maki_a:20170725170309j:plain

 スッキリとした飲み口で、芳醇な米の甘味を楽しめる一杯。

福岡のお隣、佐賀のお酒なんですって。九州は酒どころ多いですもんね~。

 

 

テレビ・雑誌で話題!「5代目のドライカレー」

さぁそろそろ、看板メニューいっちゃいますよ。

 

アメトーーク!で紹介された

「5代目のドライカレー(800円・税別)」です!!

f:id:maki_a:20170725165648j:plain

これが、初代から代々受け継がれてきたドライカレーですね。

 

f:id:maki_a:20170725165707j:plain

ふんわり卵がおいしそう~。

 

その代の大将によってアレンジが変わっているそうで、

4代目のドライカレーのときは、目玉焼きがのっていたそうですよ。

 

番組では、ご飯がなくなったら近くのコンビニに買いにいくという逸話も語られていましたね(笑)

 

我慢できずに、後輩コジーがパクリ。

f:id:maki_a:20170725165731j:plain

/ウッマーーーーーーーーーイ!!!!\

 

見てください、この笑顔!!!

めちゃめちゃおいしそうやないか~~~!!!

 

ご飯の上にのった、ひき肉たっぷりのドライカレーは、お酒にも合うように濃い目の味付け。ケチャップのまろやかな甘みもいい♡ぐちゃぐちゃに混ぜ合わせて食べるのがおすすめです。

 

ご飯を買いに行ってでも食べたい気持ち、納得です。

 

 

熊本出身の大将が考案した黒ラーメン

 

だいぶお腹いっぱいになってきたけれど、

人気No,1の博多黒ラーメン(800円・税別)」も頼んじゃいました!!

f:id:maki_a:20170725170232j:plain

これは、現店長である5代目大将が考案したラーメン

ニンニク・ネギ・ショウガを3種類の脂でじっくり焦がした自家製香味油が決め手だそう。

濃厚でクセになる一杯! やっぱり〆にはラーメンですよねぇ。

 

最後に、コーン茶のサービス。

f:id:maki_a:20170725170346j:plain

あぁ、やすらぐ…。

 

残念ながら屋台営業ではなくなりましたが、

今も「DON!」の名物メニューが食べられるのは嬉しいかぎりです。

なかには、今回の屋台条例でなくなってしまったお店もありますからね…

 

f:id:maki_a:20170725175544j:plain

大将「実は、屋台条例はクリアしていたんです。ですが、以前営業していた場所を移動することが条件だったので、それならばと廃業を決意しました。また一からとなると、駐車場契約など、いろいろ問題がでてくるので…」

 

「30年近く営業していた場所にも愛着があったでしょうしね…」

 

大将「でも店舗になってから、新規のお客さんが結構増えたんですよ。天候に左右されることなく、いつでも快適に飲み食いできますし、お客さんに提供する料理も増えました。元々このお店はミュージックバーだったので、翌2:00からはカラオケも楽しめるんです。7F建てで眺望もいいし…と、良いこともたくさんあります」

f:id:maki_a:20170725170426j:plain

カラオケまでできるとは!

店舗には店舗なりの良さがたくさんありますね。

屋台時代の常連さんもよく来られるそうで…

今後も頑張っていきます!と笑顔が素敵な大将が語ってくれました。

 

今日はおいしい料理とお酒、ありがとうございました!

 

f:id:maki_a:20170725175700j:plain

最後に飴ちゃんをもらって、最後のお店へ向かいましょう。

 

数々の有名人が虜になった「屋台おかもと」

 「DON!」を出てから徒歩10分、「屋台おかもと」に到着です。

f:id:maki_a:20170725170842j:plain

こちらのお店は、“華大”の二人をはじめ、多くの芸能人が訪れる人気屋台です。

「アメトーーク!」では、“華大”のお二人が近くにあるラジオ局の放送終わりによく通っていたというエピソードが紹介されていましたね。

 

\本日三度目の乾杯!/

f:id:maki_a:20170725170900j:plain

何度だって乾杯のビールはうまい!!!(笑)

 

名物の「ラーメン(550円・税込)」が到着しましたよ。

f:id:maki_a:20170725170819j:plain

チャーシュー、ネギ、紅ショウガとシンプルなトッピング。

これぞ博多豚骨ラーメン

 

あっさりとした臭みのない豚骨スープだから、〆にピッタリ。ストレートな細麺も食べやすい。さんざん飲み食いしているのに全然食べられるから怖いです(笑)

 

ペロリとたいらげ、本日のハシゴ酒は終了。

大変おいしゅうございました♪

 

 

夏は夜になると暑さが落ち着くので、ハシゴ酒がしやすい!

汗をかきながらビールを飲んだり、ラーメンを食べたりするのもまた楽しいですよ。

 

ぜひ皆さんも夏の夜風を感じながら、博多の屋台巡りを楽しんでみてくださいね♡

 

 

今回紹介したお店 まとめ

▽武ちゃん

住所/福岡博多中洲1 清流公園内

営業時間/19:00~24:00

休み/不定

TEL/090-8628-9983

 

▽SoulKitchen博多屋台DON!

住所/福岡市中央区春吉3-21-28 ロマネスクリゾートクラブ西中洲 7F

営業時間/17:30~2:00 LO(2:00以降はバー営業)

休み/不定

TEL/092-761-3088

 

▽屋台おかもと

住所/福岡市中央区渡辺通4 BiVi福岡

営業時間/19:00~翌2:00 LO

休み/なし

TEL/090-3798-7347

 

著者・SPECIAL THANKS

Maki

Maki

福岡九州の編集プロダクション・シーアール所属。

フリーペーパー営業、旅行雑誌編集部を経て、 現在は編集プロダクションに所属。 気になる飲み屋があれば、一人でもふらりと入ってしまうほどお酒が大好き。 今では同世代から親世代まで、幅広い世代の飲み友達をもつ。

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.