ホルモンの旨さに感動!あの「肉山」系列の吉祥寺「たるたるホルモン」は何でも500円の神店舗だった

吉祥寺にある「肉山」は予約がとれないことで知られる超人気店です。そんな肉山の系列店「たるたるホルモン」はご存知でしょうか?フードもドリンクも全品500円とリーズナブルかつわかりやすい設定になっており、こちらのお店も連日大盛況です。オススメは美味しくて新鮮なホルモンの盛り合わせ。珍しい部位も入っており、圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。吉祥寺でホルモンを食べるなら、ぜひ覚えておいてほしいお店です。(ビール・ビアガーデン 東京)

ホルモンの旨さに感動!あの「肉山」系列の吉祥寺「たるたるホルモン」は何でも500円の神店舗だった

f:id:g-gourmedia:20170713142225j:plain

予約がとれないことでも有名な、吉祥寺の「肉山」をご存知でしょうか?

その系列店であり、肉山オープン以前からホルモン好きに熱烈に支持されているのが肉山と同じく吉祥寺にある「たるたるホルモン」です。なんと全品500円という驚きのコスパ、そしてわかりやすさによって連日多くのお客さんでにぎわっています。

改めて、このたるたるホルモンの素晴らしさを伝えるべく、さっそく取材に行ってまいりました。

 

メニューがALL500円でわかりやすい

f:id:foodcreative:20170630141558j:plain

肉山も5000円 / 10000円の2コースしかなく、お会計がわかりやすいですが、こちらのたるたるホルモンも価格設定がわかりやすいのが特長です。冒頭にも書きましたが、全品500円(盛り合わせなど除く)!

f:id:foodcreative:20170630141610j:plain

飲み物もボトル以外は500円です。 

f:id:foodcreative:20170630141627j:plain

ホルモンをいただくのでビールを注文しちゃいました。ホルモンを焼きながら飲むビールも美味しいんですよねぇ。

f:id:g-gourmedia:20170713142508j:plain

全品500円!とか言っておいて恐縮なのですが、まずは「ホルモン9種盛り合わせ+肉山の赤身肉」(1人前1500円)が圧倒的にオススメです。

取材に伺った日のラインナップは写真上段の左からハツ、ハラミ、コリコリ(大動脈の心臓に近い部位)、写真真ん中の段の左からギアラ(牛の第四胃。赤センマイとも)、上ミノ、ハラミのすじ、写真下段の左からシマチョウ(大腸)、マルチョウ(小腸)、リードヴォー。

ところで、リードヴォーって聞いたことありますか?仔牛の胸腺(きょうせん)のことで、大人の牛からはとれないことがほとんどだそう。とても希少な部位なのだとか。

どのホルモンも、一度も冷凍しておらず新鮮そのもの。しかもどれも分厚い。太っ腹すぎないでしょうか。

f:id:g-gourmedia:20170713151250j:plain

▲ハツ。プリッとしていて、見た目からも新鮮なことが伝わってきます。

f:id:g-gourmedia:20170713151415j:plain

▲マルチョウ。焼き加減は好みにもよりけりですが、せっかくのおいしい脂を落としすぎないよう、七輪の中火くらいになっている場所(つまり火が強すぎないところ)を選んで置いてあげると良いそうです。

f:id:g-gourmedia:20170713151541j:plain

▲コリコリ。大動脈の心臓に近い部位で、その名のとおり軟骨のようなコリコリとした食感が特徴です。 

f:id:g-gourmedia:20170713142225j:plain

網の上にこれでもか!とホルモンを並べてみました。なんて幸せな光景なんでしょうか……!じゅうじゅうと良い音をたてながら焼けていくお肉を見ながら飲むビールのウマさったら。 

f:id:foodcreative:20170630141810j:plain

▲こちらは焼きあがったマルチョウ。脂がのっていてプリップリ!脂がこんなに美味しいなんて!

f:id:foodcreative:20170630141825j:plain

▲上ミノは牛の第一胃。硬めの部位なので包丁で切り込みが入れてあります。噛めば噛むほどに甘味がじゅわーっと口の中に広がります。ホルモンだけど臭みなんて一切なし。あれ?いくらでも食べられるな?となります。

そして!忘れちゃいけないのがコレですよ、コレ。 

f:id:g-gourmedia:20170713144503j:plain

「肉山」の赤身肉!!!

ホルモン盛り合わせには、こちらの赤身肉がセットになっております。こ、これで1500円とかコスパ半端ない……!

f:id:g-gourmedia:20170713154623j:plain

肉山の赤身肉も豪快に網に乗せて焼いていきます。さっと炙るだけで食べられる上質なお肉なのだとか。

f:id:g-gourmedia:20170713154755j:plain

引き締まっているのに柔らかくて、ジューシーなのにさっぱりしていて、肉本来の旨みがものすごいです。「なんだこの肉ー!」と思わず言ってしまうほど美味しいです。クオリティが高すぎる。

 

肉以外のクオリティも高くて、スゴいぞ!たるたるホルモン

ホルモンが素晴らしいことは伝わったかと思いますが、たるたるホルモンはこのほかのメニューもクオリティが高いのです……!もちろんALL500円です。記事では一部しか紹介できませんが、絶品メニューだらけですよ~!

f:id:g-gourmedia:20170713155530j:plain

▲こちらは人気のホルモン煮込み。いろんな部位が入っていて、旨みが詰め込まれた一品です。

f:id:g-gourmedia:20170713155708j:plain

▲煮込まれたホルモンはトロットロ……!ピリ辛の特製タレがついてきますが、これまたホルモンによく合う。「ホルモンの臭みが苦手で……」という人にこそ食べてほしいです。なぜなら全く臭くないからです。

f:id:g-gourmedia:20170713155342j:plain

▲こちらはアスパラ。新鮮そのものなのが伝わるでしょうか。このみずみずしさよ……!

f:id:foodcreative:20170630143052j:plain

▲お肉に合うドリンクはビール以外にも。ジンと肉(ジントニック)はやはりお肉との相性がばっちりすぎました。レモンのさっぱりした風味、スパイシーなブラックペッパー、あまりに合うので飲みすぎには注意です。

f:id:g-gourmedia:20170713155912j:plain

▲〆にはスぺ玉ごはんに肉のっけ!醤油などをかける必要はなし!ゴマ油がきいていて箸がノンストップ。なんだこれ、うめぇ~!

 

まとめ

はい、たるたるホルモンの魅力が少しでも伝わったでしょうか?1皿500円というリーズナブルなお値段で、こんなに美味しいホルモンを食べられるお店が存在するのですね。東京はスゴいところです……。

そして、たるたるホルモンはこの夏10周年を迎えます。イベントなども行うそうなので要チェックですよ~!

f:id:foodcreative:20170630141508j:plain

▲店内の壁には、有名人や漫画家さんのサインが所狭しと描かれています。

f:id:foodcreative:20170630141522j:plain

▲店内はカウンターとテーブル席2つ。広いとはいえない店内、特に週末は予約がマストです。 

f:id:foodcreative:20170630141539j:plain

▲席には一味が置いてあります。お肉にはもともと味がついているので、焼肉のタレのようなものはありません。アクセントがほしい方はこの一味をどうぞ。見た目ほど辛くないので、辛いものが苦手な方でも美味しくいただけると思います。

 

f:id:foodcreative:20170630141434j:plain

ホルモンビールの往復で、至福のひとときをお過ごしくださいね!

 

紹介したお店

店名:たるたるホルモン
TEL:0422-22-3199
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-9

肉食べたい~!って人にオススメの記事あります 

こだわりの肉料理が食べられるお店たち

 

(編集:フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.