「肉の日」は熟成肉食べ放題!あの「格之進TOKYO」で圧巻の肉を食べまくってきた

熟成肉といえば有名なのが岩手発祥の「格之進」。東京の第1店目「格之進TOKYO」では、月に1度「肉の日」に食べ放題イベントを行っています。食べ放題は5500円もしくは6500円の2コース。「枯らし熟成」と「ウェットエイジング」を組み合わせた独自の方法で熟成したお肉をお腹いっぱい食べられます。そんなお得なコースなので、やはり予約は困難。2~3カ月先まで埋まっていることもあるので、お店に電話して要確認です。(ビール・ビアガーデン 東京)

「肉の日」は熟成肉食べ放題!あの「格之進TOKYO」で圧巻の肉を食べまくってきた

f:id:foodcreative:20170630123931j:plain

2015年あたりから始まった熟成肉ブーム、まだまだ終わる気配はありません!いろいろなお店で食べられるようになってきましたが、なんと美味しすぎる熟成肉が29日「肉の日」限定で食べ放題になるお店があるのです。

しかも、そのお店はあの「格之進」。門崎熟成肉をいただける岩手発祥の有名店です!格之進の東京第1号店である桜台「格之進TOKYO」では、熟成肉食べ放題を堪能できてしまうというではないですか。予想通り、大変予約困難なイベント。しかし、がんばって予約をとれたら最高に幸せな体験ができますよ……!

 

ショーケースの塊肉にさっそく圧倒される

毎月29日に開催される食べ放題、実はこの記事で紹介できる公式なメニューがありません。というのも、牛を1頭丸ごと仕入れているため、毎回メニューが違うのです。しかしこれだけは言えます。食べ放題といえども、ふだんと何らクオリティが変わらない美味しい熟成肉を提供してもらえます。そんな上質なお肉が食べ放題なら、そりゃあ予約困難にもなりますよね。

店内はカウンター席とテーブル席に分かれているのですが、カウンター席の前には熟成肉がドドーンと並ぶショーケース!特等席ですね。 

f:id:foodcreative:20170630124019j:plain

ショーケースには存在感たっぷりな肉の塊が鎮座しておられます。神々しい……!このお肉たちは、「枯らし熟成」と「ウェットエイジング」という2つの方法を組み合わせて熟成されています。この方法は格之進オリジナルの方法だそう。枯らし熟成とは、1~4℃に設定した冷蔵庫内で、と畜したばかりのお肉を枝肉(半身)のまま吊るし、3~4週間熟成しておく手法のこと。これによってお肉の中の水分が飛び(枯らし)、旨みが増すといわれています。

「ウェットエイジング」とは、真空パックして保存すること。枯らし熟成で旨みの増した肉をベストな状態のままキープするためにこの手法を採用しているそうです。 

f:id:foodcreative:20170630124035j:plain

うーん、美しい。食べる前からいやおうなしに期待が高まりまくる!

 

熟成肉ってこんなに美味いのか…!何枚でもイケそう

さて、今回は特別に厨房へお邪魔しました。食べごろのお肉が焼肉用にカットされていきます。

f:id:foodcreative:20170630123917j:plain

お肉をさばいているのは格之進TOKYOの店長・千葉美緒さん。格之進発祥の地である岩手県の「五代 格之進」「丑舎 格之進」での修行を経て、こちらの店長に就任されたそうです。格之進グループ内では初の女性店長だとか。

f:id:foodcreative:20170630124106j:plain

部位ごとに切り方や厚さ、スジの取り方、どこが使えるのかなどが違うそう。牛の個体ごとでも特徴があり、それを見極めてさばいていかなくてはなりません。そうでないと、枝肉から美味しいお肉を切り出すのは難しいとのことでした。まさに匠のなせる技!

そして切り出されたお肉がこちら。

f:id:foodcreative:20170630123931j:plain

もはや芸術品。美しすぎ!

こちらは骨山、うで、センボンスジ、サンカク、肩ロース、ランプ、サーロイン、ショートプレートというラインナップ。食べる前からすでにだいぶ幸せすぎる。

f:id:foodcreative:20170630124114j:plain

f:id:foodcreative:20170630124130j:plain

本当に部位ごとに形も厚さも全然違いました。肉の切り方1つとっても、味に大きな影響を与えるのですね。焼肉って奥が深いなー。

f:id:g-gourmedia:20170724145813j:plain

美しすぎるお肉たち、邪道ですが豪快に網の上に並べちゃいました(早く食べたくてつい……)。

 

f:id:foodcreative:20170630124202j:plain

つけだれ、レモンだれ、しょうゆ+わさびが用意されています。使い分けできて楽しすぎる。どの肉にどのタレが合うか、いろいろ試すのも楽しすぎる。

f:id:foodcreative:20170630124219j:plain

f:id:foodcreative:20170630125123j:plain

お肉は口に入れたとたん、上質な脂がじゅわ~っと溶け出します。そして口の中は甘みと旨みの大洪水。なんだこれ、熟成肉ってこんなに美味いのかー!って叫びたくなってしまう。ほ、本当にこのお肉が食べ放題で良いんですかね……?天国ってここにあったんだな

格之進TOKYOの月1食べ放題は「丑を楽しむ」というのがコンセプト。そのため、希少部位や、他の店ではお目にかかれないようなお肉も心ゆくまで楽しめます。

さらにありがたいのは、門崎熟成肉が「しつこくないからいくらでも食べられる」という点。甘みや旨みはたしかに強いのですが、美味しすぎて驚くほどパクパクと食べられてしまいます。

さらに、運が良ければこの日しか食べられない「牛タンカレー」や「牛すじ丼」などの絶品オリジナルサイドメニューもいただけるかもしれません。毎回あるとは限らないのですが、巡り会えたらマストで注文しましょう!

 

食べ放題ではお肉以外も注文できますよー!野菜を挟むことで、より肉の美味しさも際立つというもの……真の焼肉好きならば野菜もしっかり食べましょう。

f:id:foodcreative:20170630124250j:plain

▲格之進サラダ

f:id:foodcreative:20170630124301j:plain

▲ナムル盛合せ

f:id:foodcreative:20170630124314j:plain

▲カクテキと白菜のキムチ

 

さて、ここまで堪能できて気になるのはお値段ですよね。食べ放題コースは5500円と6500円の2種類あります。違いは「特選」と名前の付く肉や、希少部位が含まれるかといった点。こればっかりは毎月メニューが違うので、お店に行ってからのお楽しみ!今回の記事は「5500円コース」の想定です。

※ちなみに、飲み放題は用意されていません。単品で好きなものを注文しましょう!

 

「格之進TOKYO」ってどこ?

f:id:foodcreative:20170630124326j:plain

西武池袋線の桜台駅北口から徒歩2分ほど。真っ白な建物におしゃれな入口。ここが「格之進TOKYO」です。

f:id:foodcreative:20170630123947j:plain

f:id:foodcreative:20170630124003j:plain

カジュアルながら上品な店内。居心地の良い店内で存分に熟成肉をいただけます。

f:id:foodcreative:20170630124343j:plain

29日の食べ放題の予約は店舗に電話すればできます。2~3カ月先までは埋まっていることを覚悟のうえ、お電話することをオススメします。

しかし予約とれたのが先すぎる~!とガッカリしないでください、通常のコースメニューも充実していて超満足できますよ。

・スタンダードコース(4104円)
・こだわりコース(5832円)
・満喫コース(9072円)
・究極おまかせコース(16200円)

ふだんのコースで熟成肉の美味しさに目覚めて、そのあとに食べ放題を体験するのも良いかもしれませんね!

 

紹介したお店

格之進TOKYO
TEL:03-3992-9629
住所:東京練馬区桜台1-8-3

r.gnavi.co.jp

(編集:フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.