【マニュアル】上司に「適当に頼んどいて」と言われたときの正解は?100点満点のおつまみ注文はコレだ(居酒屋編)

会社の飲み会で「何か適当に頼んでおいて」と食べ物のオーダーをお願いされたことはありませんか?定番の居酒屋おつまみでも、頼んで良いメニューと頼まないほうが良いメニューがあるのです。参加者の顔ぶれ、人数、お店などシチュエーションによって正解は異なりますが、基本をここで学んでおきましょう。(ビール・ビアガーデン 東京)

【マニュアル】上司に「適当に頼んどいて」と言われたときの正解は?100点満点のおつまみ注文はコレだ(居酒屋編)

f:id:g-gourmedia:20170706112431j:plain

飲み会の場で、上司や先輩から「適当につまみ頼んどいて~」と無茶振りされたことはありませんか?

「え、何頼んだらいいですか?」と問いかけても「好きなもの頼んでいいよ」の返事。しかし、この言葉の本当の意味は「(ここにいるメンバーみんなが)好きなもの頼んでいいよ」なのです。先日も「サシ飲みでフライドポテトを頼んだら上司に怒られた」というエピソードが、とあるネット掲示板で話題になっていましたね。

f:id:g-gourmedia:20170705173357j:plain

そう、自分の好きなもの、食べたいものを注文しまくると、ヒンシュクをかってしまうおそれがあるのです。

そこで今回は、「定番おつまみマニュアル」を作成しました。これは、お酒が飲めず、何かと注文係に任命されがちな筆者が、会社員時代に失敗しながら得たノウハウをまとめたものです。記事末では1枚画像にまとめておきましたので、さっそく今日の飲み会から活用してみてくださいね!

⇒注文役だけでなく幹事も任されちゃった方はこちら

 

今回の飲み会はこんなメンバーです

f:id:tin:20170623144744j:plain

シチュエーションを設定したほうがわかりやすいかと思ったので、今回はこんな感じにしてみました。会社でよくある飲み会ですね。おつまみセレクトはメンバーによっても変わってきますよ~!

 

スピードメニュー編

ドリンクが到着、テーブルにはお通しのみ……という状況。ササッと出てくるスピードメニューがほしいですね。他のメニューが出てくるまでのつなぎとして、頼むべきなのはどんなメニューでしょうか?

f:id:tin:20170623144754j:plain

これは簡単……ですよね?

正解はこちら! 

f:id:tin:20170623144804j:plain

【得点】
100点→頼んでおけば間違いない!
80点→品数に困ったら頼んでも可
50点→場合によっては頼んでもOK
NG→頼まないほうが良い

 

100点満点の枝豆は、頼んでおけば間違いない一品です。置いてあると、なんとなくみんながつまんでしまう。けして派手さはないのですが、場を持たせるという役割ではベストな選択肢といえます。

アンケートでも、「ビールが進むと思う食べ物」の堂々1位は枝豆です。頼りがいありすぎる~!
(参考:「女性は揚げ物苦手」は都市伝説?「ビールに最高なおつまみ」は男女で意外な差があると判明【ぐるなび会員アンケート】

 

・漬物盛り合わせも、飲み会の前半から後半まで場を持たせるのにピッタリ。嫌いな人がいなければ、頼んでおきたいところ。

・たこわさもおつまみの定番。ただしこちらも嫌いな人がいないかは事前確認が必要です。

・ポテトサラダはポテトがメインのものであればOK。居酒屋ではあまり見ないですが、たまにレタスやキャベツの野菜がモリモリで、ポテトサラダ部分が少ないやつもありますよね?ああいうタイプは控えておいたほうがいいでしょう。

・梅水晶はツウぶってる感があるので、グループ飲みの場合はできれば控えておいたほうが無難です。逆にサシ飲みの場合は「わかってる感」が出ていいかも。

・味玉はシェアしづらいので、とりあえずの一品としては不向きです。美味しいけど。

【おまけ】
女性メンバーが多かったら、アボカドやクリームチーズ系のものがあると◯。また、日本酒派の上司がいる場合はイカの塩辛もオススメです。

 

前菜編

続いて前菜。バランス良く注文するために、野菜系のメニューから一品は選んでおきたいところです。

今回のラインナップはこちら。この中で頼むべき一品はどれでしょうか。

f:id:tin:20170623144814j:plain

スピードメニューとしても争える一品たちです。

 

正解は・・・? 

f:id:tin:20170623144848j:plain

・100点メニューはキャベツたたきキュウリ。スピードメニューで漬物の盛り合わせを頼んだ場合は、キュウリがかぶる可能性が高いので、たたきキュウリより塩キャベツにしておいたほうが◯。

・次がシーザーサラダ。女性がいる飲み会だと特にサラダは喜ばれます。お店にたくさんのサラダメニューがあっても、シーザーサラダが一番無難です。

冷やしトマトは時間とともにぬるくなってしまい、味が落ちるので△。少しさっぱりとしすぎているのも気になりますね。

カルパッチョビール党が多い飲み会ではあまり好まれません。できれば避けましょう。

冷奴はシェアしづらいのでNG。美味しいけど……。

【おまけ】
サラダはシーザーサラダが無難と書きましたが、お店の名物サラダなどがあればそちらがベター。他では食べられないということで、特別感がありますよね。

 

一品料理編

続いて一品料理。適度にボリューム感がある以下のメニューから、どれを頼むのが良いのでしょうか?

f:id:tin:20170623144857j:plain

ある程度、お腹にたまるものが求められます。

 

正解はこちら。 

f:id:tin:20170623144905j:plain

フライドポテトは4人くらいの飲み会ならマストな存在!サシ飲みでは怒られる可能性もあるので要検討ですが……。嫌いな人も少なく、お腹にもたまる優秀な一品です。1人何個という制約もなく、適当につまめるのも高得点のポイントです。

焼き鳥盛り合わせは串から外すかどうかがポイントになりますが、それなりにボリューム感も出せるので、品数が足りなさそうであれば頼んでおいても良いでしょう。

刺し身盛り合わせは上司が好きならば問題なし。ただ単価が高めなので「適当に頼んどいて」という時点ではまだ頼まないほうが無難です。

唐揚げは飲み会参加人数と入り数が割り切れるのであれば頼んでも良いですが、だいたい1人1個くらいなので、よっぽど唐揚げ好きな人がいない限りは避けておいた方が良いと思います。また、唐揚げを頼んだ場合は決して勝手にレモンをかけないように!論争に発展しかねません。

ウィンナーの盛り合わせはシェアしづらく、1人あたりの量も少ないので×。

もちもちチーズは冷めると美味しさが半減してしまうので、いったん避けましょう。

【おまけ】
女性参加者や、揚げ物を避けている参加者が多い場合は、ヘルシーな焼き物メインで頼むのが望ましいです。逆に、30代くらいまでの男性がメインの場合はガッツリ揚げ物で攻めるのが吉。

 

箸休め編

箸休めとしての一品です。どれも美味しそうですが……下記の中から頼むべき一品は?

f:id:tin:20170623144914j:plain

一品料理ほどのボリュームは必要ないけど、みんなでつまめるものが良いですね。

 

正解は?

f:id:tin:20170623144923j:plain

エイヒレはおつまみの定番ですし、頼んでおいて間違いないです。

だし巻き玉子イカの姿焼きもボリューム感があるので、頼んでも良いですが、1人何個という暗黙の了解が発生してしまうのでベストではありません。

・特に、だし巻き玉子は切れているのか、1本まるっと出てくるのか、事前確認するのがベター。切れている場合は人数で割り切れるか確認。

もつ煮込みは好き嫌いが分かれるので、避けた方が無難です。

揚げ出し豆腐はやはりシェアしづらいのでNG。小皿にも取り分けづらいんですよね。1人1個なら問題ないんですけどね。

ほっけはボリュームもあるし見栄えも良いのですが、1つの皿をそれぞれがつつくということに抵抗のある人がいるかもしれません。食べ終わる頃には皿の上の見た目もよろしくなくなってしまうのも懸念ポイント。

【おまけ】
揚げ出し豆腐や子持ちししゃもなど、シブい感じのおつまみは年配上司のウケが良いです。そういった方とサシ飲みの場合には頼んでも良いかもしれませんね。

 

メイン料理編

最後にメイン料理。ここで注意ですが、シメではなく、お酒のアテにもなり、かつボリュームのある一品を選びましょう。

f:id:tin:20170623144930j:plain

〆ではなくメインとしての一品。お腹を満たしつつ、お酒にも合う一品を頼めたら、もはや飲み会上級者です。 

 

正解はというと……

f:id:tin:20170623144940j:plain

ピザはお酒にも合うし、お腹にもたまるので正解!今回は4人の飲み会。8等分されたピザなら1人2枚で良い感じの配分になります。

焼きそばは屋台っぽさが出るので、頼んでも良いかもしれません。

チャーハンもあり。ただし、まずはお腹を満たそう、という雰囲気の場合です。

おにぎりお茶漬けラーメンは完全にシメのメニュー。お酒と合うか?という条件にも合致しません。

 

シメの一品/デザート

飲み会も終盤に差し掛かったら、シメあるいはデザートの時間です。ここで重要なのは、そもそもシメとデザートを頼むかどうか。

甘党や女性が多い飲み会の場合はシメ≒デザートという図式が成り立ちます。逆に、ガッツリ量を食べる人や男性が多い場合はシメだけで良いでしょう。 

f:id:tin:20170623144947j:plain

また、頼むタイミングにも注意が必要です。飲み会終盤でお酒のペースが明らかに落ち、卓上のおつまみが少なくなってきたら「そろそろシメかデザート頼みます?」と声をかけるのがベスト。

あまり早い段階で声をかけてしまうと「こいつ早く帰りたいのか?」という疑惑を生んでしまうことになりかねません。

シメとデザートは面倒でも個別に選んでもらうようにするのが良いでしょう。1人1品頼む必要はありません。

f:id:tin:20170623144955j:plain

また、お冷か温かいお茶も一緒に注文すると、より気が利いた印象を与えられます。

 

失敗しないおつまみを1枚にまとめてみました

さて、ここまで「筆者ならこうする」というのを書いてきました。もちろん、メンバーやお店などシチュエーションによって頼むべき / 頼まない方が良い一品は異なります。

 

何を注文するかは参加者みんなで決めるのが一番ですが、「好きなもの頼んで」「適当によろしく」と振られることは結構頻繁にあるのではないでしょうか。気が利くやつ、と印象付けられるのに越したことはありません。

せっかくの飲み会、行きたくないな~とかつまらないな~とか思わず、楽しい時間を過ごしましょう!そして上司へのアピールも忘れず……。

 

100点おつまみを1枚のイラストにまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

f:id:g-gourmedia:20170707112056j:plain

 

 

⇒注文役だけでなく幹事まで任されちゃったならコチラ

 

プロフィール 

<f:id:tin:20170522164903p:plain

イラストレーター深蔵  @fukazou
元製パンメーカー社員でフードコーディネーターの
資格保有のイラストレーター。
お酒は飲めないが、酒のアテになるよなオツマミは大好き。
twitter:@fukazou
URL:http://fukazone.com

 

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.