【飲めない人の飲み会流儀】面倒な上司をどうあしらう?ビアガーデンでの仕事系飲み会を乗り切る5つの方法

夏といえばビアガーデン!夏ならではという季節感と開放感があって、なんだか非日常的なワクワク感を味わえますよね。これからの季節、会社でビアガーデンに出かけるなんてこともあるのでは?そんなとき、ビールのみならずお酒が飲めない下戸の人はどのように振る舞ったら良いのでしょうか?酔っ払った上司に絡まれるなど面倒なシーンの切り抜け方を、下戸のイラストレーター・深蔵さんが実体験に基づいて伝授しています。(ビール・ビアガーデン 東京)

【飲めない人の飲み会流儀】面倒な上司をどうあしらう?ビアガーデンでの仕事系飲み会を乗り切る5つの方法

f:id:g-gourmedia:20170615131341j:plain

関東は梅雨入りしましたが、梅雨が明けたら夏!そして夏といえばビアガーデン「暑い日のビールは格別に美味しい」ってよく言いますよね。

そう、まわりの人がよく言うんです。でも、筆者はビールっていうか、お酒が全然飲めないんですよね……。

社会人1年目、営業職だった筆者は「お酒が大好きな上司・先輩たち」に囲まれていました。夏のビアガーデンはなんとなくお祭りっぽくて好きなので、飲み会に参加したい気持ちはあったのですが、お酒を飲めないせいで「面倒くさいシーン」に遭遇するのも事実。飲めない筆者が実体験をもとに、ビアガーデンでの試練をどう切り抜けるべきかを伝授します。

 

第一条【乾杯のビールは泡多めで用意すべし】

f:id:tin:20170529155005j:plain

はい、さっそく面倒くさいです。こういうことを言ってくる人、もはや絶滅危惧種では?と思いたいですね。残念ながら周りにいた場合、このような事態を防ぐために、最初の1杯目はがんばってビールにしましょう。「なんで自分がそこまでしなくちゃ……」という意見はごもっともすぎるのですが、いったん目を付けられると、そのあとの歓談中にも絡まれる危険性があるので自衛策だと割り切りましょう。

さて、乾杯ビールのポイントです。

ビアガーデンの場合、自分でビールサーバーから注ぐシステムが多いです(ビールをスタッフの方が注いでくれたり、自動サーバーが設置されていたりする場合は、のちほど紹介する「第四条」を参考にしてみてください)。

ビールを注ぐときに、わざと泡が多くなるように注ぎましょう

f:id:tin:20170529155010j:plain

「泡多くね?」とツッコんでくる人は適当にあしらいます。

乾杯した後は飲むフリをして泡に少しだけ口をつけ、その後も適宜ジョッキを傾けては飲むフリをして泡に口を付けるだけにします。

……すると、時間が経つにつれ泡がなくなり、いかにもビールを飲んだかのように見える!これで、とりあえず1杯は飲んだことにできます。どうしても飲みきれなくて残ったビールは、信頼できるお酒好きの同期あたりにこっそり渡しましょう(ごめん同期)。

 

第二条【おつまみプレートを作るべし!】

乾杯が済んだら、いざフードを取りに行きます。飲めない人にとっては料理が何よりの楽しみ……!ビアガーデンではビュッフェ形式の食べ放題が多いですよね。

f:id:g-gourmedia:20170615130600j:plain

食べまくって元を取ろうと考えるのは自然の摂理ですが、自分の欲望を満たす前に、ちょっとした気配りをしとくと◎。なぜなら、「気が利くやつ」と思われることによって、その後の立ち居振る舞いが楽になり、ガッツリご飯を食べていてもほっといてもらえるからです。

「気配り」といっても、難しいことはありません。自分用とは別に、「みんなで食べる用」のプレートを1皿用意するだけ。 

f:id:tin:20170529155016j:plain

みんなでつつけるような「おつまみプレート」を作る際、大事なのはシェアのしやすさです。

f:id:tin:20170529171746j:plain

「誰でも気軽につまめるおつまみ」を用意しましょう。ビールのお供としてド定番の枝豆はもちろんのこと、フライドポテトなんかも良いですね。シェアしやすくて、つまみやすいもの、という条件を覚えておきましょう!

悪い例は「個人でつまむには良いけど、シェアするにはちょっとな~」というメニューです。

f:id:tin:20170529171914j:plain

大皿から個人の皿へ取り分ける必要のあるサラダはよろしくありません。また、序盤から炭水化物やフルーツ・デザートを持っていくのも考え物。串ものはシェアしやすいかと思いきや、「串から外すか外さないか」という論争が勃発するので、避けたほうが賢明といえます。

また、他の人が自分の皿に取りそうな目玉メニューもアウト。個人のお皿とカブっていないほうが、いろいろ楽しめて先輩や上司の満足度も上がるからです。

 

第三条【飲み物のおかわりは誰かの分と一緒に用意するべし!】

f:id:tin:20170529155057j:plain

はい、またまた面倒くさいですね。自分のぶんだけソフトドリンクを取って帰ってくると、こんなことを言われがちです。

というわけで、自分の飲み物を取りに行く際は、他の人のドリンクも一緒に取ってきましょう

 

f:id:tin:20170529155102j:plain

 

 

自分のソフトドリンクを他の人のドリンクに紛れこませることで、絡まれにくくなります。カモフラ戦法です。チューハイやカクテルと混ぜるとより効果的ですね!

しかも、持ってきた後は「ビールの人~!レモンサワーの人~!」と他の人へ配る作業をするため、自分のドリンクには気づかれにくいのです。第二条のおつまみプレートをあわせて、「気が利く人」としてのイメージアップも図れます。

 

第四条【ソフトドリンクを注ぐ際はビアジョッキに注ぐべし!】

ビールなどアルコール類とソフトドリンクはグラスが分かれていることが多いですが、グラスが違っていると一瞬でバレてしまいます。

f:id:tin:20170529155113j:plain

そのため、自分が飲むソフトドリンクをなるべくビアジョッキに注ぎましょう(もちろん、基本的にはビアガーデンのルールに従ってくださいね!)。

こうすることでソフトドリンクがまるでアルコール飲料のように……!「何飲んでるの?」と聞かれたら、うろたえることなく、自信満々に「ウーロンハイです」と答えましょう。

 

オススメはこちら。

お酒に見えるソフトドリンクBEST3

第1位:ウーロン茶 → ウーロンハイ
第2位:ジンジャエール → ジンジャーハイボール
第3位:コーラ → コークハイ

 

ハイボールが流行ってくれてよかったー!

ただし、中には甘いお酒を飲んでいるだけで、やいやい言ってくる人も。面倒なので、初心者にはウーロン茶がオススメです。

もし1口飲まれて「これ、アルコール入ってる……?」と聞かれても、動じず「入れましたよー。ちょっと薄かったかなぁ?」とシラを切りましょう。

 

第五条【困ったらササッと席を外すべし!】

f:id:tin:20170529155120j:plain

飲み会も盛り上がってくると、酒飲み組はテンションが上がってきます。ビアガーデンという開放感も手伝って、上司や先輩はいつもより酔っ払っているかもしれません。上記のように絡まれることもあるかもしれません。

もう限界!と思ったら、逃げ出すことをオススメします。逃げ出し方ですが、そのまま席を立つとうまく脱出できない危険性もあるので、ここがビアガーデン、かつビュッフェ形式であることを最大限活かします。

f:id:tin:20170529155125j:plain

そう、料理を取りに行くフリをして、さりげなーく抜け出しましょうビュッフェ形式よ、ありがとう……!「あくまでみなさんのために食べ物を取りにいくんですよ?」というポーズをとることもでき、ポジティブな理由で抜け出すことができました。普段の飲み会だったらどうしようもないので、お手洗いに行くという口実しかないですね。

飲み会中、雲行きがあやしいなーと思ったら、面倒な事態に巻き込まれる前に席を外して安全な場所へ移動しましょう。平和なテーブルがきっと1卓くらいはあるはず。

 

とはいえやっぱりビアガーデン楽しいよね

飲めないとはいっても、開放的なビアガーデンはお祭りっぽい非日常感があって個人的には好きです。ビュッフェなら食べ放題だし……!

食べ放題に限らず、BBQ形式になっていたり、シェフが目の前でお肉を焼いてくれたり、といったエンターテインメント性の高いビアガーデンもたくさんあります。

f:id:tin:20170529155131j:plain

いままで紹介したように面倒なシーンに出くわすこともありますが、とりあえず1年目のビアガーデンさえ乗り切れば、2年目以降はまだマシになります(上司の関心が1年目に移る)。1年目でお酒の飲めない後輩がいたら、さりげなくフォローしてあげると、信頼できる先輩として認識されることでしょう。

f:id:g-gourmedia:20170615131109j:plain

季節を感じられるビアガーデンは、もはや夏の風物詩ともいえるイベント。せっかくの機会ですから、ぜひ思いっきり楽しんでくださいね! 

 

f:id:g-mag:20180426182359p:plain

 


プロフィール 

f:id:tin:20170522164903p:plain

イラストレーター深蔵  @fukazou
元製パンメーカー社員でフードコーディネーターの
資格保有のイラストレーター。
お酒は飲めないが、酒のアテになるよなオツマミは大好き。
twitter:@fukazou
URL:http://fukazone.com

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.