肉食欲が燃え盛る福岡の焼肉新名店はココだ!一度行くと通いたくなる絶品焼肉店5選

一度行くと間違いなく通いたくなる、福岡の焼肉新名店をまとめてご紹介。まるで高級鮨のような肉、サーロインステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶまでもが食べ尽くせる一軒、一頭買いで霜降りから赤身までを食べ比べ、さらに名物肉の旨さと価格破壊力に驚く一軒、豚ホルモンの旨さにどハマりする一軒も登場しますよ!【PR ぐるなび】

肉食欲が燃え盛る福岡の焼肉新名店はココだ!一度行くと通いたくなる絶品焼肉店5選

f:id:minnano58:20170512230830j:plain

 【PR ぐるなび】

福岡にも多数の焼肉店があるものの、一度行ったら間違いなく通いたくなってしまう、絶品の焼肉新名店をまとめて一気にご紹介。まるで高級鮨のような肉、サーロインステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶまでもが食べ尽くせる一軒、そして一頭買いで霜降りから赤身までを食べ比べ、さらに名物肉の旨さと価格破壊力に驚く一軒や、豚ホルモンの旨さにどハマりしてしまう一軒も。肉食モードの日におすすめできるお店ばかりが揃っていますよ!

 

 

1.まるで鮨のようなトリュフ肉巻きに感動!焼肉が料理にまで昇華した「NIKUSAKU」

 

f:id:minnano58:20170512231022j:plain

 

近年、再びの盛り上がりを見せている春吉エリア。その春吉エリアのほんの少し先の住吉に、焼肉をまるで鮨や料理のような世界にまで昇華させている焼肉店があるのをご存知でしょうか?ひっそりとライトアップされた牛の刻印が目印になっている「NIKUSAKU」は、昨年8月にオープンしたばかりでありながら、訪れたお客さんのハートを掴む、こだわりのメニューが話題になっている一軒です。

 

f:id:minnano58:20170512231033j:plain

 

お店の外には宣伝らしい宣伝がほとんど書かれていません。ですが、ドアを開けた先に待つのは洗練されたラグジュアリーな空間。店内にはカウンター席やテーブル席だけでなく、接待向きの個室や貸し切りで利用できる屋上のテラス席までも用意されていて、福岡の街の夜景を見ながら贅沢なBBQパーティーを楽しむ事もできてしまう、大人の隠れ家空間になっています。

 

f:id:minnano58:20170512231044j:plain

 

見てくださいこの旨そうな「肉!」。NIKUSAKUでは九州産の黒毛和牛を厳選して使用しているそうですが、希少部位を含めた肉そのものはもちろん、メニューに合わせた厚さ、薄さのカットにもこだわり、合わせるタレも食べ飽きないものを何度も試行錯誤して研究したのだそうです。そんなこちらのお店で食べた「黒毛和牛タン(1,780円/税別)」と、お客さんの9割が注文するという「NIKUSAKU盛り(2,939円/税別)」は想像を超える美味しさでした。

 

f:id:minnano58:20170512231056j:plain

 

こちらは敢えて薄くカットしてある牛タンを網焼きにし、シャキシャキの「チョレギサラダ(580円/税別)」と合わせて食べた逸品。冷たいチョレギサラダに焼き上がったばかりの牛タンを巻く事で、味わいにもコントラストが生まれています。こうやって食べる事で食感も全く変わり、ちょいピリ辛なのにさっぱりと楽しめる、1つの料理としての焼肉になっています。

 

f:id:minnano58:20170512231105j:plain

 

さらにワインと一緒に楽しんだのが、ミスジ、イチボ、ササミ、クリミ、ハラミといった希少部位の数々。名物となっているこのNIKUSAKU盛りには希少部位5種とホルモン2種がつきますが、このメニューも普通に肉をタレにつけて味わうだけでなく、味のバリエーションを出すためにある工夫がなされていました。これがもう贅沢感も満載で、虜になるほどの旨さでした。

 

f:id:minnano58:20170512230830j:plain

 

こちらはまるで鮨かのように仕上がっている肉巻き。実はごはんには黒トリュフのオイルもかけられていて、焼きあがったばかりのミスジを巻いて味わえば、悶絶してしまうほど!このNIKUSAKU流のスタイルや美味しさに惹かれ、何度もリピートしているお客さんが多いというのも納得です。福岡市内の他の焼肉店とは違う、新鮮な体験が味わえる一軒でした。

 

r.gnavi.co.jp

 

2.サーロインステーキとフル食べ放題コースがヤバイ!肉屋が直営の「肉が一番」

 

f:id:minnano58:20170512231128j:plain

 

続いてご紹介するのは、地下鉄七隈線の渡辺通駅から徒歩5分ほどの場所にあるその名も「肉が一番」。どストレートな店名が何とも清々しいこちらは精肉店が直営している路地裏の一軒で、ステーキからハンバーグ、すき焼きやしゃぶしゃぶなどに至るまで、肉屋ならではの目利きとクォリティで、思う存分ガッツリと味わえるメニューが多数ラインナップされています。

 

f:id:minnano58:20170512231135j:plain

 

「肉質抜群!安さにビックリ!」と書かれた外の看板を見ていると、ステーキが名物なのだろうと考える人も多いと思いますが、実は「すき焼き、しゃぶしゃぶの食べ放題」も1,990円~(税別)!という値段で味わえてしまう、神コスパの一軒となっています。しかも、「フル食べ放題コース」なる2,970円(税別)のコースを選べば、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキだって一度に堪能できてしまうのです!

 

f:id:minnano58:20170512231146j:plain

 

まずはステーキから。運ばれてきた熱々の鉄板の上には、最高級黒毛和牛の「サーロインステーキ(240g/3,500円)」がドドーン!とのっています。肉からは白い湯気が立ち上り、胃袋を刺激しまくってくるこの肉の匂いがまたすごい。半端ないシズル感に襲われてしまうこの逸品は、かなりインパクトもあって食べ応えも十分。これぞ肉らしい肉、豪勢な雰囲気がたっぷりと漂っております。

 

f:id:minnano58:20170512231155j:plain

 

サーロインステーキにナイフを入れていくと、切り口から鉄板に旨そうな肉の脂が滴り落ちていく。そしてカットした塊をガブっと頬張ると、肉の柔らかさとジューシーさが口の中いっぱいに広がっていきます。うわぁ、久々に食べるサーロインステーキは旨すぎ!このステーキは肉だけでなく、玉ねぎのソースの方の味わいも絶妙で、肉本来の旨みがさらに引き立っているような感じになっていました。

 

f:id:minnano58:20170512231204j:plain

 

そしてさらに、気になっていた「すき焼きの食べ放題」もオーダー。しばらく待っていると、運ばれてきたのはこのボリュームの肉!こちらはオーダー式の食べ放題になっていて、追加すればどんどんと肉を味わう事ができます。福岡市内にたくさんありそうで案外少ないのがすき焼きのお店ですが、こちらの肉が一番に来れば、思う存分すき焼きだらけの世界に浸る事ができるのです。

 

f:id:minnano58:20170512231213j:plain

 

鍋に割下を注いでいくと、あのすき焼き特有の甘辛い匂いが立ち上ってきます。同じお店にいながら、サーロインステーキからすき焼きまで味わえてしまうという贅沢感。薬院エリアからも近いこの場所に、こんなコスパ力が高いお店があるとは知りませんでした。肉が一番には他にもいろんな肉メニューがあるので、ぜひ皆さんも仕事帰りやデートなどのタイミングで立ち寄ってみるといいですよ!

 

r.gnavi.co.jp

 

3.霜降り赤身も食べ比べ!炙り肉寿司だって絶品!「一頭買焼肉 参星(ミツボシ)」

 

f:id:minnano58:20170512231221j:plain

 

続いては天神のど真ん中、天神ビルの地下に昨年12月にオープンしたばかりの「一頭買焼肉 参星(ミツボシ)」をご紹介。こちらは宮崎の牧場で育てられたA4以上の宮崎牛を、一頭買いならではのリーズナブルな値段で味わう事ができる新店で、様々な部位の肉を焼肉や刺し身、さらには肉寿司、アヒージョ、フォンデュなどのメニューでも味わう事ができる、非常に面白い一軒となっています。

 

f:id:minnano58:20170512231230j:plain

 

店内奥のカウンター席には、宮崎・有田牧場から直送されてきた宮崎牛の巨大な塊が並べられていました。また、地下にある空間の焼肉店というと、焼肉の煙が充満しそうといったイメージがあるかもしれませんが、参星(ミツボシ)では最新式の無煙ロースターを導入しているとの事で煙が圧倒的に少なかったです。そのせいもあってなのか、訪れているお客さんは女性が非常に多かったように思います。

 

f:id:minnano58:20170512231239j:plain

 

さらに様々な肉質の肉が揃っているのが参星(ミツボシ)のいいところ。例えばバラ三角、サーロイン、カイノミなど霜降りが入りやすい部位の肉から、ランプ、イチボ、ウワミスジ、シンシンなど、噛むと旨みが染み出してくる赤身まで実に多様なラインナップが揃っています。宮崎牛一頭の部位を様々に食べ比べる事ができるのも楽しいポイントになっていると思います。

 

f:id:minnano58:20170512231247j:plain

 

ゆったり寛げる店内で早速焼肉を開始。匂いがつくのを心配せずに、霜降り肉と赤身肉の両方を思いっきり堪能するって本当にいいですね!最近までは霜降り肉をウリにするお店が流行っていたように思いますが、こちらで赤身肉の数々を改めて味わうと、赤身の持つ魅力を再確認できると思います。口に入れた時の弾力感とじわっと染み出してくる旨み感、これぞ焼肉です!めっちゃ旨いっ!

 

f:id:minnano58:20170512231256j:plain

 

そして参星(ミツボシ)のメニューの中で、肉食欲が最も燃え上がったのは「炙り肉寿司(1貫390円~)」です!酢飯を包むようにサシの入った肉が覆い被さり、バーナーで肉の表面を炙ってもらったり、醤油のスプレーを優しくそっと吹きかけてみたり。そして口の中へ入れた瞬間にとろけていく肉、広がっていく甘みと旨み。見るからに絶対旨い、食べるとこの上なく幸せな気持ちになれる逸品でした。

 

f:id:minnano58:20170512231308j:plain

 

あまりの美味しさに赤身肉の炙り肉寿司も堪能です。赤身肉がバーナーの火で炙られ、表面がこんがりと焼けていく。今回は炙り肉寿司をたくさん食べましたが、次回は焼肉アヒージョや焼肉フォンデュだって食べてみたい・・・。こちらのお店はランチのコースも2,500円(税込)から楽しめて、人気となっている特選コースも3,500円(税込)で味わえて、パフォーマンス感にも大満足の一軒でした!

 

r.gnavi.co.jp

 

4.焼肉喰おうぜ!が目印の「東洋ショー」はリブロースと破壊的すぎる価格に仰天

 

f:id:minnano58:20170512231320j:plain

 

続いてご紹介するのは、西鉄の平尾駅と高宮駅の間にあるその名も「焼肉 東洋ショー」。「焼肉喰おうぜ!」のメッセージが目印になっているこちらのお店も、驚愕の値段で旨い肉を堪能する事ができる一軒です。後でご紹介しますが、29日(肉の日)にちなんで破格のサービスを行ったところ、お店の電話が鳴り止まないほどの人気ぶりだったそう。ここは近隣の住宅街に住む家族連れなどにも愛されているお店です。

 

f:id:minnano58:20170512231329j:plain

 

実は焼肉 東洋ショーも肉屋直営の焼肉店で、福岡市内の他の飲食店にも肉を卸しているという肉のプロのお店。壱岐牛佐賀牛宮崎牛など主に九州各地のブランド牛の中から肉を厳選し、レギュラーメニュー以外の本日のおすすめなどもあったりする一軒です。また、子供連れにも優しく、高校生以下はライス無料、さらに小さな子供は店内の駄菓子スペースから好きなお菓子がもらえてしまうといったサービスも。

 

f:id:minnano58:20170512231339j:plain

 

こちらで人気となっている名物はこの「Bigり リブロース(1,480円/税別)」。オーナーの田中さんの手よりも一回り大きく、七輪焼きの網にもギリギリ収まる程度のビッグサイズ!正直、これ一枚とご飯があればお腹いっぱいになる!という人もいそうですが、美味しい肉をお腹いっぱい、たくさん食べて欲しいというオーナーのサービス精神が詰まったメニューとなっています。

 

f:id:minnano58:20170512231348j:plain

 

七輪で焼き上げる特大サイズのリブロースはこのシズル感!焼きたての肉をカットして口の中へと運ぶと、肉汁が嵐のように押し寄せてきます!ちなみにこの特大リブロースも原価率100%で提供してしまっているのだとか・・・。少しでもいい肉を食べて欲しいというお客さん思いの精神には脱帽ですが、オーナーさん、ちょっとやり過ぎですよ!(笑)

 

f:id:minnano58:20170512231357j:plain

 

また、焼肉 東洋ショーはホルモンの味にもこだわっているのだとか。例えば「丸腸(750円/税別)」も旨みを引き出すために下処理を丁寧に行い、タレもホルモン用のものをわざわざ作っているのだそうです。ジュウジュウと焼けていく香りが食欲を呼ぶのはもちろん、パリッとした食感と噛んだ瞬間に出てくる甘みが堪らなく旨い逸品。こちらもぜひ食べておきたいおすすめだと思います!

 

f:id:minnano58:20170512231407j:plain

 

尚、焼肉 東洋ショーでは毎月29日の肉の日にちなんで、ものすごい肉祭りを行っているそう。当日はなんと「焼き物が全品290円!(一部メニューのみ除く)」という破格ぶりで、この日の夕方になると電話が鳴り止まないほどの勢いになる事もあるのだとか。南区エリアの住民もびっくりのサービス精神で肉も美味しい、ここは間違いなく通いたくなる一軒だと思いますよ!

 

r.gnavi.co.jp

 

5.豚ホルモンがこんなに旨いなんて!イメージが変わる「炭火焼肉ほるもん てっぽう」

 

f:id:minnano58:20170512231418j:plain

 

そして最後にご紹介するのは博多駅東のエリアにある「炭火焼肉ほるもん てっぽう」の博多店。こちらは警固の本店に続く2店舗目だそう。お店の名前の由来となっている「てっぽう」をはじめとした豚ホルモンの旨さで知られる人気店。知人に「ここのホルモンを食べて、ホルモンのイメージが変わった!絶対行ってみて」と言われて立ち寄った一軒です。

 

f:id:minnano58:20170512231429j:plain

 

初めての注文なら「豚9種盛り(1,600円/税別)」がおすすめという知人のアドバイス通りに早速オーダーしてみました。ちなみにこの9種盛り、タン、ハラミなどの王道的な部位ものっていますが、肉っぽいもの、柔らかいものなど、こちらの好みを聞いて調整してくれたりもします。

 

f:id:minnano58:20170512231439j:plain

 

この日に出てきたのは、かしら、のどがしら、のどぶえ、ハラミ、シロ、アゴ肉、ハツなどの豚ホルモン9種。ハラミは牛ハラミよりもさっぱりとしていてびっくり!店員さんにこの肉は何ですか?と尋ねてみると、豚肉は餌にもこだわって育てられた糸島のブランド豚、「伊都の宝」を使っているのだそうです。伊都の宝は初めてでしたが、柔らかくて甘みのある肉脂の味わいは牛ホルモン、いや牛肉にも引けは取りません。

 

f:id:minnano58:20170512231449j:plain

 

さらに「ネギタン(680円/税別)」も激ウマ!皿からはみ出るほどにのっているネギに目が行きますが、実はタンのカット法が注目点。より脂がのった根元からタン先までが味わえる、縦カットになっています。こうする事で根元とタン先の硬さの違いなども楽しめるとのことでした。メニューへのこだわりを聞いてみると、豚ホルモンを美味しく提供するための工夫がたくさん盛り込まれていると感じました。

 

f:id:minnano58:20170512231503j:plain

 

こだわりのネギタンは片面を焼いて味わうスタイルで、たっぷりのったネギが下にボロボロと落ちないで楽しめたのが個人的にヒット。あと、残念ながら食べ漏らしてしまいましたが、「トロトロなんこつ」も店長さん曰く、隠れた人気メニューだそうです。こちらは豚なんこつを8時間もかけて煮込んでいるそうで、すぐ出るおつまみメニューの中ではイチ押しとのことでした。

 

f:id:minnano58:20170512231514j:plain

 

メニューに「豚ホルモンを知ろう」という解説があるくらい、豚ホルモンの旨さにこだわっている一軒。福岡ではここでしか食べられない部位などもあるそうなので、豚ホルモンってそんなに美味しいの?と思った方はぜひ炭火焼肉ほるもん てっぽうに足を運んでみるといいですよ。自分も牛の焼肉ばかりを食べていましたが、豚ホルモンもヤミつきになりそうです!

 

r.gnavi.co.jp

 

※掲載された情報は取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

取材・編集/ソーシャルグッドマーケティング

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.