黒毛和牛ホルモンが食べ放題という天国!神田「情熱ホルモン」で「黒ホル」の規格外な旨味を存分に味わってきた

「神田酒場 情熱ホルモン」の2時間食べ飲み放題コースが男性4900円って高い印象ありますか?このコースには黒毛和牛ホルモン(通称『黒ホル』)も食べ放題に含まれているのです。通常は1人前900円近くするものもあるそうでなので、本当に美味しい黒ホルをとことん食べたいならこちらのお店がオススメです。タッチパネルで注文するので好きなメニューをどんどん注文できますよ。(ビール・ビアガーデン 東京)

黒毛和牛ホルモンが食べ放題という天国!神田「情熱ホルモン」で「黒ホル」の規格外な旨味を存分に味わってきた

※本記事に記載されている値段は2017年取材時のものです。

 

f:id:shimazukio:20170504130338j:plain

焼肉デート」。

それは、ひと昔前なら「ラブラブでアツアツなカップル」にしか許されない特別なものでした。それが今では、初デートからいきなり行く、カップルじゃない男女で楽しむなど、デートで焼肉に行くことのハードルがずいぶん低くなった気がします。

 

とはいえ、高級なお店や珍しいお肉が食べられるお店での「焼肉デート」は、やはり特別味を帯びるというものです。

 

焼肉デートがしたい!

珍しいお肉が食べられるお店で、特別な焼肉デートがしたい!!

 

でも高級店は気が引ける。どこかに「珍しいお肉が食べられ特別感のある焼肉デートができる店」はないかな……と思っていたら、ありました。お店の名前は『神田酒場 情熱ホルモン』。

 

気軽に利用できそうな店名ですが、看板メニューであるホルモンがマジですごい。

なんと、「黒毛和牛」のホルモンなんですよ!

カルビやロースなら高級店(の広告)でたまに見かけるけど、ホルモンが黒毛和牛って、聞いたことない。

どんだけ美味しいんだろう……。

 

しかも、食べ放題にすれば貴重な黒毛和牛ホルモンが何皿でもおかわり自由らしい!

これは行くしかない!!

 

ということで、新婚のはずなのに全然ラブラブじゃない、むしろ夫婦間は筆者(私)の主食である冷蔵はんぺん並みに冷めている、そんな筆者が夫と一緒に焼肉デートをしてきました。珍しい特別なお肉を食べれば、夫婦仲はよくなる……のか!? (※あくまでもグルメレポです)

 

落ち着いたきれいな店内で炸裂するハイグレード食べ放題

f:id:shimazukio:20170504130413j:plain

神田酒場 情熱ホルモン』は、JR神田駅南口を出て本当にすぐ、徒歩5秒くらいのビルの3階。

f:id:shimazukio:20170504130434j:plain

店内は、ホルモンを売りにしている焼肉店にもかかわらず落ち着いた雰囲気。

 

「ビジネスマンや女性客でも入りやすいよう、落ち着いた雰囲気にしています。個室が多いところも『情熱ホルモン』の神田店の特徴です」と店員さん。 

f:id:shimazukio:20170504130500j:plain

f:id:shimazukio:20170504130512j:plain雰囲気のよい焼肉店で個室。個室。素晴らしい。

例えば、パートナーの口元に焼肉のタレが付いていて「取ってあげるね♪」とか言いながらキスをしても誰にも見られないし、逆に誰かがそういう「青春時代にやりたかったやつ」をかましていても見なくて済む。

筆者はむしろ後者だが最高です。 

f:id:shimazukio:20170504130527j:plain

▲「上ホルモン」と書かれているのが“黒ホル”。

 

個室に案内され、予約していた「特選・焼肉食べ放題+飲み放題コース」がスタート。料金は

・男性4900円

・女性4680円

 

高いって?

そんなことはありません。このコースは黒毛和牛ホルモン(お店での通称は『黒ホル』)と多様なホルモン、1人前900円近くするものもある赤身肉、バリエーションに富んだサイドメニューが2時間思うぞんぶんいただけるのです!もちろんお酒も!

 

ヤバい。これヤバい

f:id:shimazukio:20170504130555j:plain

まずは、お店のイチオシである『黒ホル』をオーダー。

f:id:shimazukio:20170504130609j:plain

ありがたいことに、卓上に焼き方の説明書きが置いてあります。でも、上手く焼けるか心配なので、最初は店員さんに焼いてもらいました。

f:id:shimazukio:20170504130622j:plain

まずは網の中心で何度も転がしながら焼き、

f:id:shimazukio:20170504130637j:plain

表面がカリッとしたら、網の端に寄せ3分ほど蒸し焼きにして中まで火を通します。

説明書きとは若干違いましたが、こうする事によって旨味と上質な脂を閉じ込めることができるんだとか。 

f:id:shimazukio:20170504130654j:plain

ビールとともに、

f:id:shimazukio:20170504130708j:plain

焼きあがった黒ホルをいただくと……

何この天国!!

ヤバい!!!!

美味い!!!!!!

脂ががっつり乗っているのに胸焼けすることもなく、甘みとうま味が濃厚で外はカリカリ中はプルプル!臭みも全くなくて食べやすい!

 

基本的に肉の脂が苦手な筆者にすら「食べなきゃ損だ!」と思わせる極上の味。1人前をペロリと平らげることができました。 

f:id:shimazukio:20170504130725j:plain

対する夫は、「これは冗談抜きで美味い」と1人前を瞬殺し、タッチパネルにホルモン×5」と迷いなく入力。

 

いくら美味しくて食べ放題だからといっても、さすがにそれはどうなんだと問うたものの「これは食べ放題・飲み放題タイムに、どんだけ充実した食を満喫できるか120分1本勝負のデスマッチだ!

闘いから逃げるわけにはいかぬ!」と異常なテンションで返される始末……。

 

“黒ホル”が美味すぎて何故かゲームが始まる

f:id:shimazukio:20170504130338j:plain

結局、決して裕福とは言えない我々のセコい根性により、「お互いどれだけ元を取れたかで勝負。オーダーした皿の単価を集計し、食べ飲み放題料金を上回った金額の少ない方が負けとなり、全額払う。お残しを出した場合は反則負けとし、金額に関わらず全額払う」という謎ゲームをする羽目になりました。

 

筆者は「珍しい肉(黒ホル)を食べられる店で“焼肉デート”をすれば冷めた夫婦仲が少しは熱くなるのでは」との思いがあって夫を呼んだのに……。

冷めているがゆえ、夫婦間で意思疎通がひとつもできていないようです。

 

黒ホル以外のメニューも充実!追加オーダーが止まらない!

だが売られたケンカは買う!

その勝負受けて立つ!

ということで、各自気になった食べ放題+飲み放題メニューを好きなだけじゃんじゃんオーダーすることに。

f:id:shimazukio:20170504130844j:plain

ふたりともオーダーしたのは、黒ホルの次に人気という『シマチョウ』。弾けるような弾力とプリプリとした脂身の食感が絶妙!

f:id:shimazukio:20170504130900j:plain

その次に人気の『マルチョウ』。プルップルでジューシーな脂身が、口の中でトロッフワッと溶けていきます。ビールが進んで仕方ない!

f:id:shimazukio:20170504130926j:plain

ちょっと脂疲れした筆者は、サイドメニューへ。

『塩キャベツ』『キムチ(白菜・カクテキ・オイキムチ)』『ナムル盛り合わせ』の3種類。

『塩キャベツはサッパリしたレモン風味のタレにゴマがアクセントになっていて、これだけでもずっと食べていられる美味しさ(筆者は4回おかわりしました)。

『キムチ』は甘めの味付けの中にしっかり深いコクがあり、ハイボールとの相性が抜群!

『ナムル盛り合わせ』は素材によって味付けが違うので、量は多くても飽きずに食べきれちゃいます。

f:id:shimazukio:20170504130947j:plain

筆者がサイドメニューをつまみにゴクゴクいっている間、夫は「えーと、ハチノスとギアラとフワとミノとコリコリ。箸休めにハラミも……」と、タブレットから食肉業者の仕入れかの如く次々とオーダーを入れていきます。

 

「箸休めにハラミってどういう感覚だよ」と筆者が思っている間にも、「脂の乗った旨味を味わうジューシー系の部位と、食感を楽しむ部位があるよね。コリコリなんかは食感がいいから、ジューシー系の間に挟むと“闘肉”(筆者注:肉を食べることらしい)がはかどるわ。醤油だれもいいけど、味噌だれにすると一気に濃厚になるね! 肉厚なハチノスと味噌だれの相性が最高だ」

 

などと感想を述べつつ箸をまったく止めない夫。人が嬉しそうな顔をしていると、こっちまで嬉しくなってきて、自然と会話が弾みます。

 

冷めきった夫婦仲が温かくなっている!

美味しい肉バンザイ!

食べ放題バンザイ!

 

と思ったのですが――

ビビンバとごはん大と黒ホル2人前とロースとハラミと中落ちカルビと……まだまだイケるな」

どんだけ食べるんだよ(再びドン引き)。 

f:id:shimazukio:20170504131036j:plain

ビビンバ。美味い美味いと言いながら即完食していました。

 

食べ放題で得をしたのか損をしたのか!? 結果は……!

f:id:shimazukio:20170504131108j:plain

夫はひたすら肉を焼き、

f:id:shimazukio:20170504131127j:plain

筆者はひたすら酒を飲む。そんな120分が過ぎ、ゲームの結果発表の時が。

「本来、食べ放題ではない形でオーダーしたら、いくらになる分を食べたか」の計算に勤しむ我々。極上のホルモンビールやハイボールを満喫し、単価高めのサラダ類なども豊富にいただいた筆者は約7600円分、ホルモンと肉を焼き続けた夫は約9700円分の飲み食いをしていることが判明しました。

 

男性4900円・女性4680円の食べ放題+飲み放題料金よりも、筆者は2920円、夫は4800円も得をしたということです!!

f:id:shimazukio:20170504131144j:plain

しかし、夫より得した金額が少なかった、つまり筆者はゲームに負けたため、食べ飲み放題2名分をそっくり全額支払うことに。

震える手で1万円札を差し出しながら「勝手にゲーム始められてこの仕打ちってなに? そもそもコイツ(夫)、昼メシ抜いて調整してたもんな。おかしいだろ」と、不満を抱かずにはいられませんでした。

 

まとめ

f:id:shimazukio:20170504131212j:plain

▲最後に頂いたアイスクリーム。

 

激ウマな黒ホルはもちろんのこと、そのほかのホルモンやお肉、サラダやご飯もののラインナップも手抜きナシの超充実食べ放題コース、最初はお高いように感じてもキッチリ元がとれる、どころか倍額ぐらい食べてしまう(奴もいる)ので頼まない手はありません。

 

男性でも女性でも元が取れてしまう良心的な価格設定、看板メニューの黒ホルは必食!

黒ホルを軸に攻めるも良し、充実したサイドメニューをたくさん頼むも良し、カップルや職場の仲間、あるいは女子会などで会話を楽しみながら使うも良し。さまざまなシーンでオススメの『情熱ホルモン』で、皆さんもゼヒ、特別な1日をお過ごしください!

 

ただし、お金が絡むゲームは止めましょう。

人は金が絡むと悪魔になる生き物なので、せっかく楽しくアツアツな仲で焼肉を楽しめても、最終的にはヒエヒエな仲になること間違いなしですから……。

調子こいて手をつなごうとしていきた夫のその手を全身全霊で払いのけ「実家に帰る! お前は土に還れ!!」とブチ切れた筆者でした。。

r.gnavi.co.jp


\オススメあります/

大満足の焼肉・ホルモン

 

毎月29日と2月9日は肉の日!お肉が美味しいお店をまとめました

r.gnavi.co.jp

 

崎陽軒のシウマイや北京ダックなど食べ放題のお店まとめはこちら

r.gnavi.co.jp

 

著者・SPECIAL THANKS

シマヅ

ライター/シマヅ

1988年生まれ。フリーライター。 武蔵野美術大学造形学 部芸術文化学科を卒業後、2年ほど美術業界を転々としていたが現在は主にWEB上で文章を書き生計を立てている。女性向けコラム、インタ ビュー記事、グルメレポート、体験記事など、幅広い分野で執筆活動を行う。

https://twitter.com/Shimazqe

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.