読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博多駅構内の立ち飲み居酒屋「住吉酒販」は花札の役が揃えば1杯サービス!

九州の玄関口博多駅構内に九州のお酒がそろう角打ちのお店「住吉酒販」があります。注文システムは1人10枚(1枚324円)の花札を受け取り注文ごとに引き換えます。お勧めの日本酒は一度に4種類味わえる「名物イロハニ枡」です。たくさん種類があるので飲み比べセットは嬉しいでね。福岡在住の酒好きさんはもちろん、観光や出張帰りの方もぜひ訪れてみてください。(博多 送別会・歓迎会)

博多駅構内の立ち飲み居酒屋「住吉酒販」は花札の役が揃えば1杯サービス!

f:id:maki_a:20170125005329j:plain

最近、ビールやクラフトビールとともに、日本酒にもスポットライトが当たる機会が増えてきました。寒い日は熱燗をくっと一杯もいいけれど、やっぱり冷も捨てがたい。

 

そんなことを日本酒好きの先輩に話すと「博多駅に九州のお酒がそろう角打ちがあるから、行ってみんね」と何やら本格的な日本酒好きが集まりそうなお店の情報を教えてもらいました。

 

九州の玄関口・博多駅角打ちができる・・・だと。仕事を早めに切り上げ、混む前にお店へGO!

f:id:maki_a:20170125004659j:plain

▼JR博多駅筑紫口方面

f:id:maki_a:20170125004336j:plain

そこから、博多デイトスみやげもんコーナーへ。

f:id:maki_a:20170125005240j:plain

教えてもらったお店を探していると…あ、ありました!

 

花札が登場する「住吉酒販」

f:id:maki_a:20170125003459j:plain

今回紹介する「住吉酒販」です。本当に、ここで角打ちできるのかしら?

半信半疑のまま店内へ足を進めると、お店の奥でお酒を楽しんでいる人の姿を発見!!

f:id:maki_a:20170125004923j:plain

訪れたときは、すでに満席状態(汗)。

運良く2名分のスペースが空いていたので、そこに通してもらいましたよ。サラリーマンの男性が多いイメージでしたが、若い女性客もチラホラ。結構女性一人でも入りやすいかも。

f:id:maki_a:20170125003409j:plain

「では、注文の流れをご説明しますね~」と説明にきてくれたスタッフさんから受け取ったのは、なんと花札!

 

気になる注文システム

f:id:maki_a:20170125003325j:plain

・1人10枚の花札を受け取り注文ごとに引き換える

・会計時に1枚324円で精算

という流れ。

花札の数は、それぞれのメニュー名に明記されています。

 

スタッフさん:

「花札ですが、一杯サービスの柄の組み合わせがあるんで、ぜひチェックしてみてください」

 

なぬっ?

花札のルールは知らないけど、受け取った中には見つからず、残念。でもこんなサービスがあるなんて嬉しいですね♪

 

1杯目「宮崎ひでじビール

f:id:maki_a:20170125003013j:plain

お酒はもちろん、料理も充実してる!!

住吉酒販は、住吉に本店を構える酒屋さん。福岡の日本酒好きの間ではとても有名なお店です。

 

本店では、イベント時にしか楽しめない角打ちですが、ここでは毎日角打ちOK!お酒はもちろん、料理、器、調味料などすべて九州産にこだわっており、実際に住吉酒販の専務さんが足を運び、厳選されたものを提供しているのだとか。

しかも、生産者から直に仕入れるという徹底ぶり。角打ちで提供されるものは全て、販売コーナーで購入も可能です。

f:id:maki_a:20170125005153j:plain

迷いに迷った挙句、まずは札2枚で「宮崎ひでじビール」を注文することに決定!

日本酒からビールに戻りたくはないので、最初はビールってことで(言い訳)。

 

目の前できめ細やかな泡が注がれていく~。早く飲みたいっ。

f:id:maki_a:20170125005102j:plain

今回は宮崎ひでじビールから、店員さんオススメの「蔵出し限定ビール」「住吉酒販ラドラー」を選んでみましたよ。

 

まずは、蔵出し限定ビール

時期により異なりますが、この日は「きんかん」を使用したものでした。口に近づけると、上品な柑橘の香りがふわり。一口飲めば、ほどよい酸味とキンカンの甘みが口の中で広がっていきます。

 

更に甘みを感じたのが「住吉酒販ラドラー」。

宮崎ひでじビールの太陽ラガーと、レモネードが合わさった一杯です。レモンの酸味に、ほどよい甘さが加わり、普通のビールに比べ飲みやすさがぐーんとアップ。ゴクゴクッと飲めちゃうから、普段ビールが飲めない人にもオススメです。

 

ビール一杯でこんなに味を楽しめるなんて…。

さすが住吉酒販!こだわりの料理も堪能させていただきましょう。

f:id:maki_a:20170125003841j:plain

▼自家製 酒屋のぬか漬け(札1枚)

住吉にある本店で漬けたというぬか漬けは、酒に合う絶妙な酸味がたまらない一品。

それぞれの素材をいかしたコリコリッとした食感もいい感じ。カブは季節によって、オクラや山芋に変更されることもあるようです。食材を引き立たせる器もいい味だしてます。目でも楽しませてくれるなんて、気遣い良すぎです。

もうこれを食べるなら、お酒を頼まないわけにはいかないですね!

 

いよいよ当店自慢の「日本酒」

f:id:maki_a:20170125005406j:plain日本酒は

・さわやか

・すっきり

・はなやか

・やさしい

・どっしり

・ごちそう

のキーワードから選んでスタッフさんに伝えると、自分の好みのものを出してくれます。

どれにするか悩んでいると、スタッフさんから「いろいろ飲みたいなら、イロハニ枡がいいですよ~」とオススメされました。

 

何を飲むか迷ったらイロハニ枡!

f:id:maki_a:20170125005329j:plain一度に4種類味わえるなんて素敵!

早速「名物イロハニ枡(札3枚)」をオーダーしてみましたよ。

 

クラシックとモダンそれぞれ2種類ずつ。これを枡に書かれてあるイ・ロ・ハ・ニの順番で回しながら飲んでいきます。

 

【イ】佐賀県・五町田酒造「東一」

f:id:maki_a:20170125004518j:plain

数々の受賞歴を持つ九州の銘醸蔵が造る住吉酒販オリジナル商品です。香りがとってもフルーティ!

f:id:maki_a:20170125003634j:plain

お米の上品な甘みを感じられ、後味もスッキリ!

 

【ロ】福岡県久留米市・山口酒造場「庭のうぐいす」

f:id:maki_a:20170125004833j:plain

搾りたての純米吟醸酒を加熱せず、生で瓶につめたもので、うすくにごっているのが特徴。こちらもフルーツのような香りを楽しめます!

 

【ハ】大分県・浜嶋酒造「鷹来屋」

f:id:maki_a:20170125004242j:plain

完全手造り・槽しぼりにこだわった酒造のブランドです。

f:id:maki_a:20170125003933j:plain

先輩:

「さっきの2つに比べてコクがある!」

 

その理由は、「山廃づくり」という時間をかけて造られた手法にあるよう。日本酒って奥が深いわ~。

 

【ニ】佐賀県・矢野酒造「肥前蔵心」

f:id:maki_a:20170125004110j:plain

創業200年を超える老舗酒造がつくるお酒です。やや辛口な印象ですが、口当たりはまろやか。ポップなデザインのラベルで、お土産にも最適です♪

 

さぁこのお酒の一緒に食べるアテに、こちらを頼んでみましたよ。

f:id:maki_a:20170125004744j:plain▼酒肴の5点盛り(札3枚)

どれもこれも絶対酒に合うやつでしょ~!!!

 

袈裟丸印塩うに

f:id:maki_a:20170125003148j:plain

無添加の塩うにを海苔で巻いてパクリ。

f:id:maki_a:20170125003237j:plain

塩気がきいた濃厚なうに…、超美味!お酒と合わないはずがない!唐津産の天然生うにを原料に独自の手法でつくられたものだそうですよ。

 

蟹漬け

f:id:maki_a:20170125003105j:plain

有明産シオマネキ蟹の塩辛を、フロマージュブランと一緒にいただきます。ガリガリッとした、塩気のきいた蟹の甲羅が食べ応えある~。

 

そうそう!

この組み合わせもたまらんかった!!!

 

南国漬け・うるか・イカの内臓

f:id:maki_a:20170125004609j:plain

黒のシックなお皿に盛りつけられているのは、左から南国漬け・うるか・イカの内臓の3種類です。

南極漬けは、先ほど飲んだ東一吟醸の粕漬け。米の甘さがクセになる逸品です。鮫軟骨のコリコリッとした食感も楽しめます。

 

そして、うるかとイカの内臓!!

どちらも濃厚なお味。冗談ぬきに「うまい・うまい」を連呼しちゃうほどなんです。

もうこれは食べてみてとしか言いようがない!

 

美味しいアテと一緒に飲んでいると、イロハニ桝はあっという間に空っぽ。でもせっかくだし、さっきとは違う種類を飲んでみたいなぁ~ということで・・・

 

ごちそう4種(札5枚)

f:id:maki_a:20170125004154j:plain

先ほどの4種は、純米吟醸でしたが、ごちそう4種は大吟醸とグレードアップ!どれも透き通ったキレイな色ですね~♡

 

【イ】福岡県久留米市・旭菊酒造「旭菊」

思いっきりかぎたくなる、華やかないい香り♪深いコクを楽しめます。

 

【ロ】佐賀県・五町田酒造「東一」

袋にもろみを入れて、吊るした状態で落ちてくる雫だけを集めた「雫搾り」で造られた高級酒。どっしりと落ち着いた奥行きのある旨味が特徴です。

 

【ハ】福岡県大川市・若波酒造「若波」

スタイリッシュなラベルが印象的!女性の製造者を中心に造られたお酒なんだそう。

繊細かつフルーティな味わいで、雑味も一切感じられません。これは女性にオススメ!

 

【ニ】福岡県三井郡大刀洗町・みいの寿「三井の寿」

お米のダイヤモンドとも呼ばれる「愛山」を使って造られたもの。濃いお米の旨味が全身に染みわたっていく、飲みごたえ十分のお酒です。1,500円でこれだけの銘酒が楽しめるなんて、とってもお得!

f:id:maki_a:20170125004025j:plain大事にチビチビ飲みながら、「水イカの一夜干し(札2枚)」をいただきます。

まずは、手前の梅塩をつけて水イカをパクリ。

おぅ・・・身が厚く、弾力感ありまくり!お酒もどんどん進んじゃうよ~。

更に、半固形状のクリーミーマヨネーズ&塩辛をつけて食べると、もうたまりません!

酒と相性良すぎでしょ!

 

隣の男性は「甑島産きびなごの海上天日干し(札2枚)」を注文していましたよ。

許可をとってパシャリ。

f:id:maki_a:20170125005018j:plain

今度きたら絶対食べよう!!

こんな名店、今まで知らなかったなんて私損してた…。そう思わせるほど、お酒も料理もすべてが高レベルのお店でした。

帰りはお土産用にお酒や器、調味料をチェックするのもよし。

f:id:maki_a:20170125003715j:plain

f:id:maki_a:20170125003544j:plain

f:id:maki_a:20170125004427j:plain

近くのスタッフに尋ねれば、オススメのものを紹介してもらえますよ!

福岡に住む酒好きさんはもちろん、観光や出張帰りの方もぜひ訪れてみてくださいね。

r.gnavi.co.jp

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

福岡エリアで食べ飲み放題や人気の個室を探すなら

送別会・歓送迎会特集が今充実してます!

 

天ぷらひらお天神店」が大名に移転!福岡人志やアメトークで紹介された福岡エリアのグルメ取材記事まとめはこちら

r.gnavi.co.jp

 

著者・SPECIAL THANKS

Maki

Maki
福岡・九州の編集プロダクション・シーアール所属。
フリーペーパー営業、旅行雑誌編集部を経て、現在は編集プロダクションに所属。 気になる飲み屋があれば、一人でもふらりと入ってしまうほどお酒が大好き。 今では同世代から親世代まで、幅広い世代の飲み友達をもつ。
 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.