博多っ子が全力でオススメする名物屋台3選!あの「アメトーーク!」でも紹介された福岡のガチで旨い屋台メシ

福岡の夜の風物詩といえば屋台!天神・中洲・長浜を中心に小さな屋台が登場します。あちこちに明かりが灯り、賑わっていく様子は福岡ならではの光景です。実は地元の人でもまだ行ったことが無いという方も多いそうです。そこで!せっかく行くならあのお店ということで人気テレビ番組「アメトーーク! 博多屋台大好き芸人」で登場した屋台にお邪魔してきました。(福岡 歓迎会・送別会)

博多っ子が全力でオススメする名物屋台3選!あの「アメトーーク!」でも紹介された福岡のガチで旨い屋台メシ

f:id:maki_a:20161223212918j:plain

福岡の夜の風物詩といえば、屋台ですよね。

日が落ちてくると、天神エリア・中洲エリア・長浜エリアを中心に、いそいそと小さな屋台が登場。あちこちに明かりが灯り、賑わっていく様子は福岡ならではの光景です。

 

他県の人から見れば、屋台は福岡県民にとって馴染みある場所に思えるかもしれませんが、「なかなか屋台って行かんよね」という人も実は少なくないんです。

 

そこで博多っ子である私が全力でオススメする屋台をご紹介します。実はここで紹介する屋台は「アメトーーク! 博多屋台大好き芸人」でも紹介されたほどの由緒正しき(?)屋台でもあります。

 

女性の大将だから入りやすい!フルーツ串で有名な「かじしか」

f:id:maki_a:20161224125135j:plain1軒目に訪れたのは「かじしか」です。のれんに書かれたポップな絵がかわいいですよね~♡

 

放送でも紹介されていましたが、ここは大将が女性の屋台です。だから屋台デビューや女性同士でも気軽に入れると、観光客からも大人気!

いつもお客さんでいっぱいのお店ですが、今日はどうでしょう???

f:id:maki_a:20161223213009j:plainチラリ。

f:id:maki_a:20161223212310j:plain

やはり今日もほぼ満席状態でしたが、今回は事前予約をしていたので座ることができました。

(屋台によりますが、かじしかは予約が可能なお店です)

f:id:maki_a:20161223212241j:plain

席に着くと目の前には、串物や食材が並ぶショーケースが!もう屋台であることを忘れさせるくらいのインパクトですね。

整然と並べられた串を見ると、丁寧な仕事ぶりがうかがえますね。串は常時15~20種類が用意され、季節によってメニューが変わるそうです。

f:id:maki_a:20161223212553j:plainでは早速飲み物を…とドリンクメニューを見ているとこんなの発見!

ビールや酎ハイ、ハイボールと並んで、シャンパンやスパークリングワインまであるじゃないですか~。まさか屋台でシャンパンが飲めるなんて思いませんよね(笑)

これも「かじしか」の他とは違う魅力の一つ。

f:id:maki_a:20161223213053j:plain

私たちは瓶ビールで乾杯です!

くぅ~やっぱり寒い日もビールは美味かねぇ

f:id:maki_a:20161223212100j:plain早速、料理も注文しちゃいましょう。

「かじしか」は串物がメインのお店ですが、鮮魚や定番のラーメンも用意されています。

 

まずはやっぱり「アメトーーク」でも紹介されていたオススメのあの3串!

 

博多のネギ巻・ぶどう巻・レタス明太チーズ巻f:id:maki_a:20161223211700j:plain串は注文を受けてから、炭火で焼いていきます。熟練の技で丁寧に焼き上げるのは、大将のお父さん。

 

そう、ここは親娘で営んでいる屋台なのです。

ちなみに店名の「かじしか」は、大将・弟さん2人・お父さんの名前を一文字ずつとってつけられたのだとか。

f:id:maki_a:20161223212613j:plain

さて、そろそろ串物が焼き上がったようです。まずは「博多のネギ串(1本250円・税抜)」。

 

博多のネギがびっしり詰まった、ネギ好きにはたまらない一串です。

もうこれがたまらなくうまい!!

口に入れると肉の脂がジュワーっと広がるんですが、新鮮なネギの香りとうまく調和し、あっさりしていて美味い!ネギのシャキシャキ具合もたまりません。あまりの美味しさに一串食べてすぐに、追加注文しちゃいました(笑)

f:id:maki_a:20161224125617j:plain

「ぶどう串も焼き上がりましたよ~」

f:id:maki_a:20161223212648j:plain

「ぶどう串(1本200円・税抜)」です。

 

「え?!ぶどう!?」と思ったアナタ。これが「かじしか」を代表する創作串なんですよ。

「季節の野菜串が美味しいんだから、季節の果物を使っても美味しいでしょ!」ということで、旬の果物を使った串を考案したのだそう。

ぶどう以外に冬は、干し柿串やキンカン串なども登場するのだとか。

旬の果物を使ったフルーツ串、これは必食です!

f:id:maki_a:20161223212729j:plain

一口噛むと、口の中でぶどう汁がプシャーーー!!!!(笑)

炭火で温められたぶどうは糖度が高い!

ぶどうの甘みにベーコンの塩気が合わさって、なんだかクセになるお味♪

これはワインorシャンパンと一緒に食べてほしいですね。

f:id:maki_a:20161223212137j:plain

そして「レタス明太チーズ巻」です!!

見てください、この断面!明太子がびっしり。とろ~りチーズとピリ辛明太子の相性はバッチリ。これがあれば一生お酒が飲める。(本当に。大袈裟ではなく。)。

f:id:maki_a:20161223211935j:plainということで二杯目は熱燗をセレクトしてみました。

f:id:maki_a:20161223211846j:plain

大将がなみなみに注いでくれた「松竹梅(1合・450円・税抜)」です。

冬はやっぱりコレでしょ~。

f:id:maki_a:20161223211815j:plain

お酒もすすんできたところで、最後にオーダーした「大将のトン足(650円・税抜)」が到着しましたよ。

 

ん?これって豚足??

 

不思議に思い大将に尋ねてみると「箸でも食べやすいように、ほぐした状態で焼いているんですよ~」とのこと。

確かに豚足って、かぶりつくのを考えると注文しづらいんですよね。でもここではそんな心配無用!女性大将ならではの心遣いが有難いです♪豚足は、表面はカリッ、中はもっちり♡

甘めの酢ダレとよく合うんです。

こんなに美食のオンパレードなら、毎日屋台に通いたい!そう思わせるレベルの高いメニューばかりでした。

 

アツアツの天ぷらが食べられる「大政」

f:id:maki_a:20161223213134j:plain

さて「かじしか」の大将に別れを告げ、続いては「大政」へと向かいましょう。「かじしか」と道を挟んでほぼ向かいにある屋台なので、徒歩1分ほどで到着しました(笑)

f:id:maki_a:20161223211540j:plain

こちらもほぼ満席状態でしたが、なんとか滑り込むことに成功!またもやビールからスタートです。

 

ここでのお目当ては天ぷら

「アメトーーク」ではアツアツの天ぷらを芸人さんたちが、美味しそうに食べていたのが印象的でした。「天ぷら小盛(800円)」を注文しましたよ。天ぷらが揚がる前にちょっとつまみを…。

f:id:maki_a:20161223212213j:plain席に着いたときから気になっていた、目の前のおでんからセレクトしたいと思います!このどっぷりダシに浸かった感じ!絶対美味しいはず~♡

f:id:maki_a:20161224130206j:plainこんにゃく・枝豆天・きくらげ天の3点盛りを頼みました。

 

1個100円なのに、一つひとつの具がでかい♪

中でもヒットだったのが、きくらげ天。シャキシャキとした独特の食感がたまらん~。

 

おでんを堪能していると、「はい、どうぞ~」と横に座っていたお姉さんの元に「銀だらみりん(600円)」が到着。

「わぁ!美味しそう~」と思わず声を漏らすと、「これすごく美味しいんで、よかったら撮影してください」と差し出してくれました。屋台の大将もいい人ばかりだけど、集まる人も温かい人ばっかりや~。

お言葉に甘えてパシャリ。

f:id:maki_a:20161223212409j:plain

お姉さんは常連らしく、「銀だらみりんは、このパリパリの皮が美味しいんですよ~」と教えてくれました。次来たら絶対頼みますね!

そんな優しいお姉さんとお話ししていると、天ぷらが運ばれてきました。

じゃじゃん!

f:id:maki_a:20161223211735j:plain

これで小盛り?!サービス良すぎでしょ!!

エビ・キス・しいたけ・ピーマン・レンコン・山芋・豚肉…とバラエティ豊か。

アツアツの出来立てをいただけるのがいいですね。衣もサクッサクです。

「大政」を訪れたらぜひ頼んでみてくださいね。

 

〆のラーメンを食べたい方はこちらへ

f:id:maki_a:20161223212528j:plain「大政」からまっすぐ天神方面に歩くと見えてくる「ともちゃん」で締めくくりましょう。番組内では、芸人さんたちが朝3:00まで飲み続けていました(笑)

 

ここは毎日仕事帰りによく横を通るのですが、かなりの確率で行列ができている人気店。牛サガリや和牛タンなど、美味しいお肉が自慢の屋台です。

またラーメンの味も秀逸!

あっさり系の豚骨スープですが、しっかりコクがあって美味!さんざん飲み食いしたあとなのにラーメンが食べられるって、福岡県民の特質ですかね?(笑)

 

福岡には今回紹介しきれなかった素晴らしい屋台が、まだまだたくさんあります。一度も行ったことがないという福岡県民のみなさん。

こんな素晴らしいものがあるのに行かないなんてもったいないですよ!ぜひ今回紹介した3軒から足を運んでみてくださいね。

屋台はいつでも!誰でも!ウェルカムですよ~♪

 

今回紹介したお店はコチラ

▽かじしか

住所/福岡博多中洲中島町一番地先

営業時間/19:00~翌2:00

休み/日曜(雨天時はお休みの場合有)

TEL/090-1877-3773(予約可)

 

博多屋台 大政

住所/福岡博多中洲5丁目昭和通り 中洲バス停前

営業時間/18:00~翌2:00

休み/不定休(雨天時はお休みの場合有)

TEL/090-3734-1618

 

▽ともちゃん

住所/福岡市中央区天神1-14-16

営業時間/19:00頃~翌2:30

休み/なし

TEL/090-3667-5782

※掲載されたお店や情報は取材時点のものであり、屋台条例などによって変更されている可能性があります。

 

あの人気ローカル番組「福岡人志」で紹介されたあのお店にも行ってきた!

r.gnavi.co.jp

著者・SPECIAL THANKS

Maki

Maki福岡九州の編集プロダクション・シーアール所属。 フリーペーパー営業、旅行雑誌編集部を経て、 現在は編集プロダクションに所属。 気になる飲み屋があれば、一人でもふらりと入ってしまうほどお酒が大好き。 今では同世代から親世代まで、幅広い世代の飲み友達をもつ。
 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.