怪しくて入りづらいそば居酒屋→実は名店だった!肉つけそばが超お薦めの新橋十割そば「健美」

新橋駅のSL広場から歩いておよそ5分。十割そば居酒屋「健美(けんび)」は、一見すると怪しげで入りづらそうな雰囲気ですが、実は知る人ぞ知る名店でした。今回は人気メニューの「肉つけそば」や、美味しい酒の肴が多数揃うこのそば居酒屋の楽しさを実食レポート。新橋のサラリーマンたちに愛されるお店の全貌をご紹介していきます。【PR】【健美】

怪しくて入りづらいそば居酒屋→実は名店だった!肉つけそばが超お薦めの新橋十割そば「健美」

f:id:minnano58:20161207181634j:plain

日本の働くお父さんたちが、酒と一緒に人情を酌み交わす街「新橋」。

サラリーマンの憩いの場、聖地とも呼ばれるこの街は、雑多過ぎるくらい雑多なのに、知れば知るほど深みにハマる面白さがあります。ネオン街、立ち飲み、ラーメン、路地裏の名店、昭和の臭い、激安、そして謎の店。

 

今回はそんな新橋の街で新たに発掘した、「怪しくて入りづらいけど、行くと好きになるそばの名店」を1軒ご紹介しておきたいと思います。【PR】【健美】

 

新橋駅から歩いて約5分。この外観のお店、見たことありません?

f:id:minnano58:20161207181746j:plain

 

新橋駅のSL広場前。今宵も一仕事終えたお父さんたちが大量に集い、首筋のネクタイを緩めて意気揚々と居酒屋に向かっております。

 

f:id:minnano58:20161207181811j:plain

 

そんな新橋駅から歩いて5分ほどの場所にあるのが、今回新たに発掘したお店。駅からのアクセスに関してはなかなか良好なんです。

 

f:id:minnano58:20161207181819j:plain

 

そして本日ご紹介するお店はココ。この手作り感満載の灯籠に、「けんび」と書かれた筆書きがわかりやすい目印です。新橋通の方なら、あ~そうえいばこのお店あったなぁ~と思い出す方もいるかもしれません。

 

f:id:minnano58:20161207181828j:plain

 

看板には「三たて当たり前の十割そば居酒屋さん」「朝4時まで営業。お蕎麦だけでもどうぞ!」と、若干お客さんに媚びた雰囲気を感じなくもないですが、そもそも新橋駅周辺で十割そばが味わえるお店は、恐らく2、3軒しかありません。ちなみに「三たて」とは、挽きたて・打ちたて・茹でたての略称です。

 

f:id:minnano58:20161207181836j:plain

 

入り口の横には十割そば特有の効能書きも。こういった看板も見慣れてしまった感があるかもしれませんが、小麦粉の比率が高い安いそばがたくさん出回っている昨今ではやっぱり貴重ですよね~。

 

店内に入ってからも、アンバランスなごちゃ混ぜ感が面白い

f:id:minnano58:20161207181851j:plain

 

そして店内に入ると、最初に迎えてくれるのはド派手な招き猫。お金の臭いがバリバリと伝わってきそうな、黄金の招き猫です。チャンピオンベルトみたいなものにマントをまとい、エラく派手に着飾っております。

 

f:id:minnano58:20161207181901j:plain

 

さらに店内には、手がいっぱいある千手観音と思われる仏像も置かれてあり・・・

 

f:id:minnano58:20161207181910j:plain

 

時には田舎を感じさせる、ザ・民芸っぽい品々がまた違う風情を醸し出しております。

 

f:id:minnano58:20161207181918j:plain

 

そして働くスタッフのお姉さんたちの背中には、デカデカと「けんび」の文字が踊る。風情があるような、ないような、この雰囲気の「ごちゃ混ぜ感」がこのお店の特徴の1つかもしれません。

 

f:id:minnano58:20161207181927j:plain

 

あっちこっちにいろんなものが置いてあり、ところどころに商売っ気があるような、ないような貼り紙がたくさん貼ってあるのですが、なぜかいつもサラリーマンのお父さんたちや忘年会の団体客などで賑わっています。

 

f:id:minnano58:20161207181936j:plain

 

店内の壁には「十割そばの心得」なる貼り紙も。これは後になって店主さんに教えてもらった話ですが、以前、あるお客さんが出来たてのそばを30分ほど置いておき、後日口コミサイトでそばが美味しくなかったと書かれてしまった事に落胆。改めてそばの食べ方の基本から、きちんと店の方で伝えないといけないと考えた結果なのだそう。皆さん、そばは早めに食べましょうね!

 

ごちゃ混ぜ感満載だが、実は食の専門誌でも取り上げられる名店だった

f:id:minnano58:20161207182005j:plain

 

一見するとアンバランスでごちゃ混ぜ感満載のお店のように見えますが、実はこちらのお店、様々な食の専門誌でも取り上げられている、知る人ぞ知るそば居酒屋なのです。創作そばから一品料理まで、他にも結構な数の専門誌などで紹介されています。

 

f:id:minnano58:20161207182015j:plain

 

そんなそば居酒屋の名店なのに、営業姿勢に関してはめっちゃポジティブ。いろんな人にもっと美味しく、もっと楽しんで欲しいという想いから、お客さんの要望に合わせてたくさんのメニューを作り出してきた結果、とうとうランキングが出来上がるほどの数になったのだそうですよ。

 

f:id:minnano58:20161207182024j:plain

 

また、そば居酒屋の名店なのに、「肉つけそば」や「豚バーグカレーそば」といった、今風の新たなメニューにも挑戦。今ではランチタイムの大人気メニューになっているのだとか。

 

f:id:minnano58:20161207182032j:plain

 

そしてさらに勢いづいたのか、明らかに女子を意識したであろう「十割そば屋のガレット」なるメニューも(笑)。そばに対してめっちゃ真剣なのに、お客さんが食べたいものを追求しまくる姿勢が胸熱です。

 

本日はランキングの中から、お薦めメニューを食べ飲みしながらご紹介!

f:id:minnano58:20161207182049j:plain

 

そば居酒屋「健美」で味わった一品目は、生ビールのお供にぴったりの「揚げそば(740円・税抜)」。これさえあればビール党も大満足!というくらい人気の一品。このカリッカリの食感とそばの風味が一杯目にはどストライク!

 

f:id:minnano58:20161207182113j:plain

 

そして2品目は「こだわりの鳳凰卵 山吹の明太だし巻き玉子(780円・税抜)」。口に入れると外側の卵から出汁がジュワっと出てきて、その後に明太子の辛味がピリッとくる。これも明太好きはもちろん、酒の肴としてもハズせません。うわ~、ビールもいいけど、日本酒が飲みたくなってくる・・・

 

f:id:minnano58:20161207182121j:plain

 

さらにこちらは「キングポーク巻きごぼうの胡麻揚げ(820円・税抜)」。上からレモンを絞り、胡麻のザクザクした食感と中身の肉の旨味、そしてごぼうの歯ごたえ。レモンの酸味もほどよく加わり、これまた何個でもイケるぞ!という一品。

 

f:id:minnano58:20161207182129j:plain

 

そしてついに、酒の肴が美味しいとお酒がグイグイ進みだす。そばを味わう前に日本酒をクイっと一杯!夜の新橋がいよいよ楽しくなってきました。

 

f:id:minnano58:20161207182137j:plain

 

やっぱり「銀嶺立山(660円・税抜)」は何度飲んでもウマイ!

 

十割そばと霜降り牛肉がガッツリタッグした「肉つけそば」が来た!

f:id:minnano58:20161207182210j:plain

 

さぁ~本日のメインは、十割そばと霜降り牛肉がガッツリタッグを組んだ、こちらの「肉つけそば(昼は850円、夜は950円・税抜)」!こちらのお店のそばは、そば単体としての味わいだけでなく、食べ応えやボリューム感にもサービス精神があるのがいいですよね~。

 

f:id:minnano58:20161207182220j:plain

 

最近の肉そばブームで流行っているお店もたくさんありますが、こちらの肉そばはさらに「つけそば」になっているのがポイント。そばが劣化してしまわないうちに、卵とつけ汁を一気に混ぜてみます!

 

f:id:minnano58:20161207182230j:plain

 

卵を落としてお好みでつけ汁を入れ、ココから箸で一気に撹拌!

 

f:id:minnano58:20161207182239j:plain

 

そしてトロントロンになったところで、一気に十割そばと霜降り牛肉を投入!

 

f:id:minnano58:20161207181634j:plain

 

うわ~、肉つけそば大好き。ウマイ!もうそば好きだけでなく、ラーメン好きにも食べてみて欲しいかも。新橋のランチタイムや夜の酒の〆にも最高ですよ!

 

f:id:minnano58:20161207182258j:plain

 

いっぱい食べて飲んで、最後は健康的にそば湯で〆る。魔法瓶いっぱいでそば湯を出してくれたので、お代わりしまくってから帰りました。

 

f:id:minnano58:20161207182311j:plain

 

こちらが怪しげなそば居酒屋の名店、「健美(けんび)」の店長さん。

超恥ずかしがり屋さんのようで、照れながら記念撮影をさせてもらいましたが、ご馳走様でした!最後に、年末年始は結構な勢いで宴会が入っているそうなので、一度空き状況を問い合わせてから行った方がいいですよ~!

 

今回ご紹介したお店

r.gnavi.co.jp

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

取材・編集/ソーシャルグッドマーケティング

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.