【新宿ゴールデン街まとめ】昭和の香り漂う街からオススメスポット3選

新宿区歌舞伎町1丁目にある飲食店街「新宿ゴールデン街」。聞いたことはあっても実際に足を運んで「新宿ゴールデン街」の魅力を知っている人は限られるようです。かつては文化人が集う街と呼ばれ、作家や編集者、役者、映画監督、カメラマンなど、様々な職業の人間が通っていて敷居が高いイメージがあったと思いますが近年は新しい店も増えたこともあり、実はかなり入りやすい街に変わってきています。そこで「新宿ゴールデン街」デビューを後押しするために「新宿ゴールデン街」の魅力と合せておすすめの3店舗をご紹介します。(新宿 忘年会)

【新宿ゴールデン街まとめ】昭和の香り漂う街からオススメスポット3選

新宿歌舞伎町の中、花園神社のすぐ側にある飲屋街「新宿ゴールデン街」。

かつては文化人が集う街と呼ばれ、作家や編集者、役者、映画監督、カメラマンなど、様々な職業の人間が通っていたことで知られている。

当時は一見さんお断りの店も多く、敷居が高い場所とされてきたが、近年は新しい店が増えたこともあり、実はかなり入りやすい街へと変わってきているのだ。

 

そんなゴールデン街の魅力を、3つの店舗を通して紹介していこう。

 

1軒目【昭和の香りを継承する店 かおりノ夢ハ夜ヒラク】

ゴールデン街初心者におすすめのお店

昭和を愛する若いママによる、昭和歌謡の店「かおりノ夢ハ夜ヒラク」。

店名は、ママが敬愛する藤圭子の代表曲「圭子の夢は夜ひらく」から。藤圭子もゴールデン街にゆかりのある歌手だ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

店内には常連客のボトルが山のように置かれている。店が気に入ったなら、あなたもボトルを入れるといいだろう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

かおりさん直筆のメニューには本人の似顔絵が描かれている。

ゴールデン街では、来店した際にママや店員さんに一杯ごちそうするのが粋な振る舞いだ。無理をする必要はないが、余裕があれば「ママも一杯どうぞ」と声をかけて一緒に乾杯しよう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

フードのラインナップは昭和の喫茶店風。一番人気は「打倒喫茶店!」という煽りが眩しいナポリタンだ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

見落としがちだが、実は自家製の熟成ウォッカも置かれている。洋酒好きはぜひ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

ママはおかっぱ頭がトレードマークのかおりさん。ハスキーな声と景気のいい笑い声はこの店の象徴だ。繰り出される軽妙なトークは人見知りのお客さんの警戒もあっという間に解いてしまう。元気が欲しい時にはこの店にくれば間違いないだろう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

オリジナルカクテルのかおりんサワー。フルーツジュースを使った、お酒があまり得意でない人にも飲みやすいカクテルである。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

お酒を受け取ったら早速乾杯! この店では「乾杯!」ではなく「カキーーーン!」という掛け声で乾杯するのが決まり。乾杯が始まったら、みんなで声を合わせて「カキーーーン!」と叫ぼう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

ビールはサッポロの赤星。店のコンセプトカラーである赤にあわせて、ビールは赤星しか置いていない。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

ホッピーも、コンセプトカラーに合わせて「赤ホッピー」を置いている。赤ホッピーがある店は新宿でも少ないそうだ。
かおりさん曰く、どこでも飲めるお酒は店に置かないとのこと。「ウーロンハイとかが飲みたいならよそで飲めばいい。うちのお酒が好きなひとに来て欲しい。」と、店のこだわりについて語っている。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

密やかな人気メニュー「とまと割り」は、トマトジュースに加えてお酢とハーブ岩塩、胡椒、タバスコが入ったサラダのような一杯。女性におすすめしたいメニューだ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

ボトルを入れる時は自分で名前やイラストを描くシステムになっている。大抵の店ではボトルの保存期間が決まっているが、ここでは無期限なので、仮に足が遠のくことがあっても永久に残るのだ。

 

かおりさん曰く、「めっちゃ久しぶりに店に来た時、自分のボトルが残ってたら嬉しいでしょ? いつ帰ってきてもいいように、来なくなっても捨てないようにしてる」とのこと。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

「最近ゴールデン街も若くておしゃれなお店が増えているからこそ、私は昭和の雰囲気を残したい。街の最年少オーナーとして、昔のゴールデン街を継承したいと思ってる。」
そう笑顔で語るかおりさん。彼女がいれば、ゴールデン街の未来も安泰だろう。

 

2軒目【駄菓子バー 吉田商店】

ゴールデン街初心者におすすめのお店

お次は3番街にある駄菓子バー「吉田商店」。チャージ500円、ドリンクは全品700円という明朗会計だ。

f:id:c--cgn:20161006181806j:plain

店内は明るく、客層も若めなので、一見さんにも入りやすい店である。

f:id:c--cgn:20161001104544j:plain

籠に入った駄菓子は食べ放題で、無くなれば適時補充される。懐かしい味を楽しみながら昔話を語らうのも良いだろう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

カンパリソーダを注文し、店員と乾杯。今日の店員はサンミュージック所属の芸人でもある快児さん。今日も得意の軽妙なトークでお客さんを沸かせている。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

メニューは置いていないので、店内にあるお酒を確認して注文するか、店員に直接聞いてみよう。ウィスキーやラムなどの洋酒から、梅酒や日本酒まで揃っているので、大抵のものは注文できる。よほどマニアックなものでなければカクテルも注文できるとのこと。

f:id:c--cgn:20161001104749j:plain

一人につき1個、懐かしの玩具を持ち帰ることができる。外国人観光客には特に評判がいいそうだ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

せっかくなので、紙風船と竹とんぼのセットを頂いた。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

実際に膨らませてみると、なんだか子供に戻ったような気分になる。こうしてお酒を飲める年を過ぎた我々も、たまには童心に帰る時間が必要なのだ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

店の奥には映画で話題になったゴジラのフィギュアも。傾けると火を吹く仕掛けになっている。快児さん曰く、外国人に大好評だそうだ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

ゴールデン街では、オフの日の店員が飲みにくることも珍しくない。実は数時間前までこの店のカウンターで働いていたスタッフも、こうして飲みにきている。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

この店について、「一見さんや初めて会った客同士が気兼ねなく話せる空間を作ることを心がけている」と快児さんは語り始めた。

「一応芸人やから話すのは得意やけど、ただ話すんじゃなくてお客さんみんなを巻き込んで、お客さん同士が仲良くなれるよう考えてる。仕事も年も関係なしに友達を増やせるのがゴールデン街の魅力のひとつやからね。」


【老舗の名店 呑家 しの】

ゴールデン街初心者におすすめのお店

ゴールデン街初心者におすすめのお店

創業43年。歴史の古い名店「しの」。かつては直木賞作家の田中小実昌も通っていた、老舗の店だ。ゴールデン街では珍しく、チャージ料をとっていない。

f:id:c--cgn:20161001105653j:plain

テーブルには手作りの大皿料理が並んでいる。その日によって料理も変わるので、毎日通っていても新鮮な気持ちで料理を楽しめるというわけだ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

人気の料理は早々に売り切れてしまうことも。時にはクジラの刺身や鹿肉、ザリガニなど、珍しいメニューが供されることもあるので、もし目にすることがあれば早めに注文するといいだろう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

しのの名物のひとつである、ひょうたんの漬け物と大根、人参のいぶりがっこ。ひょうたんの漬け物と人参のいぶりがっこは、普段あまり目にすることがない料理なので、ぜひ一度味わってほしい一品だ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

料理は一皿500円で注文できる。自分の食べたい料理を盛ってもらおう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

歯ごたえのあるいぶりがっこは、噛めば噛むほど香ばしい香りが口の中に広がってくる。焼酎との相性も抜群だ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

焼酎の緑茶割りで乾杯。この店は音楽を流さないのがポリシーであり、笑い声とグラスがふつかる音だけが店内に響く。古き良き時代の音が残る場所だ。

f:id:c--cgn:20161001110017j:plain

こちらはなんと“鹿肉”のハンバーグ。手作りの鹿肉料理が食べられる場所はなかなか見つからないだろう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

くさみが強くなりがちな鹿肉だが、このハンバーグは驚くほどくさみが無かった。その秘密は、なるべく脂を落とした赤身を使っているから。獣臭さの原因は脂にあるのだ。粗挽きの肉の食感が楽しい、さっぱりとした一品である。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

店内に置いてあるギターは、店員の許可を取れば弾くことも可能。実はこのギター、ゴールデン街の伝説的な流し「マレンコフ」さんのギターなのだ。この店がゴールデン街の中でもいかに特別な場所かを示す一つの証といえるだろう。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

店で働いているこの男性は、ゴールデン街でも有名な名物ママ「しのママ」の夫である木島さん。最近はしのママが店に立つことがほとんど無いため、木嶋さんと若いスタッフで切り盛りしている。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

メインで店に立っている若いスタッフの一人、陸さん。夜12時以降は彼の時間だ。深い時間になるにつれ、客層も若くなることが多い。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

元々カメラマンだった木島さんは、15年ほど前から店を手伝うようになったそう。木島さん曰く、この店の特徴は“客も店も対等な場所”だという。タチが悪い客が「俺は客だぞ」とでも言えば「金はいらねぇから帰れ! 金払ってなきゃ客じゃねぇだろ」と追い返したこともあるそうだ。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

彼女がゴールデン街を支えた名物ママ、しのママだ。引退してからはめったなことでは店に立つことはないが、今回はママのご厚意で特別に店に立っていただいた。普段は店には立たないものの、たまに客として店に来ることもあるそうだ。

 

長い間この街で過ごすしのママに、ゴールデン街についてのインタビューをお願いした。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

——しのママさんは、どのくらい長くこの街にいるんですか?

 

しのママ:この店を始める前から10年ぐらいゴールデン街で飲んでて、店を始めてから43年経つから、50年以上この街にいるってことだね。楽しくなきゃこんな続かないよ。

 

——たまにお客さんを出禁にすることもあったと聞きましたが、本当ですか?

 

しのママ:しょっちゅうやってたね。どのくらい悪さをしたかによって「1ヶ月出禁!」とか「お前は半年出禁!」とか言うんだけど、大抵1、2週間くらい経つとひょっこり顔出してくるんだよ。まだ来ちゃダメですか?って。仕方ないから「じゃああと2日な!」って言って許すんだよ。

 

——じゃあ大抵の人は言われた日数より短く解禁されるんですね。

 

しのママ:2度と入れないみたいな出禁はめったにないね。

ゴールデン街初心者におすすめのお店

——この街の魅力はどんなところでしょうか。

 

しのママ:年も仕事も関係なく初対面が気軽に話せるところだね。一人で飲みにきても気付いたら隣の人と話してるような。

 

——確かに、この店はもちろん、この街には初対面でも自然に話せる不思議な雰囲気がありますよね。

 

しのママ:そうだね。そういう話なら、昔こんなことがあったよ。若い記者が一人、取材させてくれって来たんだ。まず端で1時間黙って飲んでろって言ってね。そのとき店の中では客同士みんなで楽しそうに喋ってたよ。でも、時間が経つとひとり帰る、またひとり帰る、みんなバラバラに帰っていった。それを見た記者が、「みなさん一緒に来たんじゃないんですか?」って聞くから「みんなバラバラだよ」って言うとえらい驚いて感動してたね。今でもよく覚えてるよ。


——この街を象徴するようないいエピソードですね。

 

個人の持つ肩書きやしがらみを捨て、ただ一人の人間として在れる街、ゴールデン街。あなたも、この街でまだ見ぬ未来の友人達に会いに行ってみてはどうだろうか。

  

著者・SPECIAL THANKS

今井辰実

今井辰実

今井辰実

新宿ゴールデン街の元バーテンダー。
お酒と海外小説が好き。

編集/ヒャクマンボルト
撮影/本藤太郎

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.