吉祥寺・生姜専門店「黒兵衛」はお通しからデザートまで本当に生姜まみれ

生姜好きにオススメしたい吉祥寺にある「生姜屋 黒兵衛」です。お通しは冷たい生姜のポタージュから始まり300グラムの名物ポークソテーは生姜ソースで。デザートは生姜のシャーベットと店名通り生姜メニューがたくさんあります。お酒の種類も豊富で日本酒もあります。吉祥寺駅から徒歩約30秒の生姜天国をほそいさんがレポートします。(東京 ビアガーデン)

吉祥寺・生姜専門店「黒兵衛」はお通しからデザートまで本当に生姜まみれ

生姜屋 黒兵衛こんにちは! ほそいです。

今日は生姜好きならぜひいってもらいたいお店を紹介します。生姜屋 黒兵衛「生姜屋 黒兵衛」は、吉祥寺駅南口からすぐ!

どれくらいすぐかというと、駅のエスカレーターで下る途中で見えるくらいすぐ。生姜屋 黒兵衛高級感漂う店内は広々していてゆったりしています。早く生姜食べた〜い。

今のところ生姜の匂いはしません。生姜屋 黒兵衛お通しは冷たい生姜のポタージュ

ビシソワーズですね。

じゃがいもと生姜の素敵なハーモニー……胃に染み渡ったら食欲が湧いてきた。生姜屋 黒兵衛生姜を使ったメニューには、赤いマークが付けられているので、このマークを中心に攻めていくぞ。生姜屋 黒兵衛自家製ジンジャーエール(400円)とシャンディガフ(600円)。

生姜たっぷりのようで、2杯とも不透明です。高まる期待。

 

私はジンジャーエールは自作するくらいには好きなのですが、今まで飲んだ中で一番うまかった……。生姜が限界まで凝縮されているような1杯。遠慮ない辛さが舌を揺さぶります。のどがカーッと熱くなる快感!

当然シャンディガフも他では飲めない生姜感となっております。生姜屋 黒兵衛ドリンクカウンターで丁寧に飲み物を作るスタッフさん。

そこに見えるのは、秘伝のジンジャーシロップでは?生姜屋 黒兵衛見るからにすごい濃さですね。生姜そのものより濃いのではないか。

時間をかけて煮出し、シナモンなどのスパイスを入れて作るそうです。

これそのまま飲んだら風邪なんて0.5秒で治りそう。生姜屋 黒兵衛自家製ガリ(350円)。こんなお洒落なガリがあるのですね。

普通のガリより甘さはなく、浅漬け感があります。生姜に特化したお店のガリはこうなるのか。華麗におつまみに変身しています。生姜屋 黒兵衛黒兵衛ポテトサラダ(580円)。

スモークベーコンの存在感よ。こんなに肉がごろごろ入っているポテサラアリ? 大アリです。

 

あと、明らかに肉ではない何かも入ってる。なんと自家製の生姜の漬物が練りこんであるのです。常識にとらわれないポテサラだ。ちょっとびっくりするかもですが、美味しいので問題なし。生姜屋 黒兵衛レバーパテ(650円)。

羊羹みたいな重量感。鶏レバーで、和風の味付けなのです。 ちょっと甘めで珍しいタイプのレバーパテでした。生姜屋 黒兵衛付け合せの生姜の砂糖漬け。レバーパテの付け合せとしては異色だけどおいしい。生姜屋 黒兵衛こってりしたレバーには、さっぱりとした生姜番茶が合いました(生姜番茶サワーもあります)。 生姜番茶は甘くなく、夏にがぶ飲みするのにももってこいです。生姜屋 黒兵衛名物ポークソテー(1200円)。

今日のメインディッシュです!

名物と付くだけあって、すごい存在感。なんと300グラムですって。

ソースは、生姜ソースとリンゴソースという間違いないコンビネーション。たっぷりかかっています。 (ステーキ用の鉄板でじっくり焼くので時間がかかります。最初に注文するのがおすすめ)生姜屋 黒兵衛このおいしさ、ジンジャー(尋常)じゃない。

思わずわんぱく食いをしたくなるような肉塊。お肉も柔らかくて素晴らしい。やっぱりポークソテーは生姜に限る。ぶ厚いお肉も生姜の食欲増進パワーでどんどん入ってゆく。

……しかしボリュームすごい。締めのご飯ものが入らなくなってしまったではないか。生姜屋 黒兵衛今日は生姜のドリンクを中心に攻めたけど、実は日本酒の品揃えもナイスなのです。生姜屋 黒兵衛風の森、いいなあ。 生姜料理に日本酒は絶対合うよなー。生姜屋 黒兵衛しかし今日は生姜縛りでいきたい。

生姜モヒート(550円)、これも夏の飲み物ですな。思ったより甘くなく爽やかだ。生姜屋 黒兵衛デザートは、生姜のシャーベット(300円)にしました。

生姜と蜂蜜レモンの自家製ジンジャーエールのシャーベット。生姜というやつはスイーツ界でもいい仕事をするのですね。あっさりとした甘みと生姜の味で口の中がさっぱりします。

 

以上、吉祥寺駅から30秒の生姜天国「生姜屋 黒兵衛」でした。

冷たい飲み物を飲んでも身体がぽかぽかする不思議な店。女子には特におすすめしたいです。

 

合わせて読みたい!牡蠣は1年中食べられる時代に突入しています

 

著者・SPECIAL THANKS

ほそいあや

ほそいあや

「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ: http://seiten4go.com/
Twitter: https://twitter.com/hosoi/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.