読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣った魚をその場で調理してくれる!釣り堀居酒屋「ざうお」が最高に楽しかった

釣ができる食事処として各地で話題沸騰中の「釣船茶屋 ざうお」。魚を釣る楽しみと、新鮮な活魚を食す喜びがそこにはありました。今回は関西エリアの難波本店でその話題になっている仕組みをご紹介します。(なんば・心斎橋)

釣った魚をその場で調理してくれる!釣り堀居酒屋「ざうお」が最高に楽しかった

グルメレポ 憶良 ビール 難波(なんば) 大阪 グルメ
釣った魚をその場で調理してくれる!釣り堀居酒屋「ざうお」が最高に楽しかった

まいど憶良(おくら)です。大阪は難波にやってきました。

今回紹介しますのは釣船茶屋「ざうお」難波本店。 看板には「楽しい」を釣ろうの文字。
釣ができる食事処として関東では新宿渋谷など各地に支店があり話題沸騰中です。

早速エスカレータを降りて地下へ。

正面のモニタには

海?
釣り?

なんだっ、このプロモーショムービー。
かっ、かっこいい。

そうです。勘のいい方はもちろんお察しと思うのですが、この店では自分で食べる魚は、自分で釣るのです。
そのために地下一階のこの店には巨大な生け簀があり、その生け簀の上に船が浮かんでいるというイメージで客席があります。

そう。

こんな感じに。
生け簀は、ほぼフロア全部を占めている様なイメージ。面積が半端ないです。
この、生け簀の中に自分がいるというシチュエーションだけでも、テンションが上がります。

さてさて、改めてシステム紹介です。

釣り竿は無料ですが、鯛対応の釣りはエサ代100円が必要です。
エサはもちろん、エビです。エビで鯛を釣りましょう。
釣った魚はどうやって食べたいか、リクエストできます。

半身は塩焼きにして、半身はお造りにして、アラは荒炊きにしてね、など、かなり自由に注文できます。
どんな料理法が美味しいか、わかんないや。という方は、スタッフに相談すると美味しい食べ方を提案してくれます。「とにかくバラエティ豊かに食べたいっ、方法は、おまかせで」と言って、どんな風になるかなぁという楽しみ方もできます。

とにかく楽しんでほしい、という精神が徹底している

そうなんです。メニューを選ぶまでにも、「楽しい」シーンが、いくつも用意されています。

まず、「何を釣ろうかなぁ」
どうやって、食べようかなぁ。

!! こっ、こいつは・・・。
つっ、釣れるかなぁ・・・。

釣りが苦手なら、

ひっかけ釣りも出来ますし、

選びたい放題、

釣り放題です。

大切なルール

ここで、1つ大切なルールのお知らせです。

それは、釣れたものは、必ず食べること。
何度もいろんな人に釣られて傷だらけの魚、食べたくないですもんね。ちなみに釣りセットは訪問時、竿+エサで100円、追加エサ代0円でした。ご確認を。

さて、竿を受け取ります。

釣り方、料理指定方法などは、スタッフの方が、笑顔で説明してくれました。このタモが必要なくらいの鯛を釣りたいです。

とりあえず、飲み物を注文
かんぱーい!

エサを付けたらしばし、待つ。釣れない時だって、あるんです。

釣れなかった場合、鯛は3600円で注文できますが、釣れば2750円(基本料理代金込み)。
頑張って、釣りましょう。

来たっ!ヒット!

た、タモ、タモっ。 
近くのお客さんからも声援が飛びます。

釣った魚はスタッフへ。鯛が釣れたら、スタッフさんから、釣れましたコールが飛びます。

すると、暴れ太鼓と、お客さんの拍手で祝ってくれました。

こいつは見事な鯛でした。

料理方法を伝えると、すぐそこの厨房で、「あいよぉおぉぉっ!」とさばいてくれます。

料理の到着を待つ間、お酒も、会話も弾みます。

半身を刺身にしてもらいました。

そりゃもう、今まで食べたどの刺身よりも、本っ当にうまい。
やっぱり、自分で釣った魚は格別ですよね。

半身は寿司にしてもらいました。

旨いっ!

頭は+200円で兜焼きになります。荒炊きだと+300円です。

さてさて、次は何を釣ろう。
お子さん連れでの利用も、喜ばれそうです。

こっ、これはない。

ターゲットを絞って、美味しそうなのを・・・。
狙いと違うのが釣れました。 

ま、いいやっ。

こんなん、子供が喜ぶ奴です。

鯵は、何にしよう・・・。寿司だな。

なんだか高級魚みたい。

これまた肉厚で、とろっとして、旨いっ!

お味も、良しです。
残りは・・・

骨せんべいに。 
頭もサクサク食べられます。無駄なしっ。

やっぱり、お酒もすすみます。

鮭とイクラの親子釜飯、海水晶と海藻のミネラルサラダも注文。

30分かかって、自席で炊き上げます。

美味しゅうございました。
宴会使いなら100人でもOK。個室もあります。

家族使いなら、ちょっと変わったサービスも。

お子様のお寿司屋さん体験。
料理人の服を着て、握りずしのレッスンを受けた後、家族みんなのために寿司を握る。 最後は寿司教室卒業証書を貰えるというもの。
おじいちゃん、おばあちゃんなんて、大感激間違いなし!

と、ことほど左様に、食に対するエンターテインメント性を追求した、そして事細かく楽しんでもらうことを考えたお店だと感じました。
楽しいだけでなく、しっかりと、旨いっ。

今回は3人で呑みメニューが生中×4、にごり杏、タンカレージン、カンパリ、フローズンビールも含んで12,800円。
釣り堀に行って、2~3,000円使うことを考えたら、釣った魚をプロの料理人がその場で料理してくれるこのシステムは、むしろ安いと感じました。
宴会で、家族サービスできっとウケると思いますよ。

紹介したお店(大阪府大阪市中央区日本橋

釣船茶屋 ざうお 難波本店

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

著者・SPECIAL THANKS

憶良(おくら)

元ゲームプランナー、元ゲームプロデューサー
ゲーム企画講師や駄菓子屋店長などを経て現在に至る。休日は名古屋から鳥取あたりの温泉に浸かり、地元スーパーで珍しい食材を買っては料理する。その際食べ歩きにも積極的と、食に対してはかなり貪欲。

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.