カレーはおつまみ!酒との相性を追求している高円寺のお店「オイト」に行ってみた

高円寺駅の北口改札から徒歩2分ほどにある「カリール&リカー オイト」というお店。カレーに含まれるターメリック(ウコン)には肝機能を高めてくれる働きも期待できますのでお酒を飲む人にとってはカレー×お酒のコンビは最高なのです!常時5種以上あるオリジナルの果実酒とそれぞれのカレーとの最高の組み合わせについて、店主直々に教えていただきました。(東京送別会・歓迎会)

カレーはおつまみ!酒との相性を追求している高円寺のお店「オイト」に行ってみた

カレーはおつまみ!酒との相性を追求している高円寺のお店「オイト」に行ってみた

こんにちは!フードコーディネーター&ライターの音仲紗良です。
ぴりっとスパイシーなカレーには昔からマイルドな口当たりの牛乳が定番でしたが、いまやカレーはおつまみとして進化を遂げていることをご存知ですか?

カレーに含まれるターメリック(ウコン)には肝機能を高めてくれる働きも期待できますのでお酒を飲む人にとってはカレー×お酒のコンビは最高なのです!
そんなカレー界の新ウエーブのなかで、ひと際個性が光るお店を高円寺に発見! その名も「カリール&リカー オイト」。
さっそく潜入してきました!

「カリールリカーオイト」ってどこ?

高円寺駅の北口改札から徒歩2分ほど。 マクドナルドの脇にあるディープな雰囲気の漂う「中通り商店街」を入り、直進。右手に「イオンリカー」がある対面のビル2Fにあります。

移動式販売がまだ馴染みのなかった15年以上も前に、車で移動しながらカレーを販売していたという店主。 カレーへの情熱は途絶えず、昨年10月末に高円寺に店をオープン。

ここの特徴は、数種のスパイスをブレンドした店主こだわりのインド風カレーはもちろん、泡盛やブランデー、黒糖焼酎などにレモンやみかん、パイナップルなどの果実を数か月間漬け込んだ果実酒が、スパイシーなカレーに合うとカレー通だけでなく呑兵衛の間で評判なんです。

「ほかの店にないことをしたい」という常識に囚われないスタイルは、 まさにカレー界における新ウエーブの先駆けといっても過言ではありませんね。

このカレーとこのお酒が最高!な組み合わせ3選

3種あるカレーは、メインの食材に合わせてスパイスの配合が異なるこだわりよう。
常時5種以上あるオリジナルの果実酒とそれぞれのカレーとの最高の組み合わせについて、店主直々に教えていただきました。

(1)ナッツキーマカリール(880円)×レモン&ジンジャー泡盛(650円)

3種あるカレーの中で断トツ人気なのが「ナッツキーマカリール」。

クミンをベースに12種類のスパイスを配合。 サクサク食感のピーナッツがゴロゴロと入っていて、ピリッとスパイシーな中にナッツのコクを感じられます。
インドカレーとはいえ、ルーはシャバシャバではなく、ご飯に合う調度いい粘度。
ご飯はインドカレーには珍しく押し麦を使用していて、プチプチ、モチモチの食感が意外にもカレーと相性抜群です。

一緒にいただく果実酒は「レモン&ジンジャー泡盛」
さわやかなレモンの香りの奥で、ほのかにショウガを感じられるさっぱりとした口当たり。 泡盛なことを忘れてグイグイいけちゃう危険なお酒です…。

果実酒とはいえ甘ったるいわけでは決してなく、カレーのスパイスを十分に堪能した後に口に含むと、ふわっとした甘みが心地よく舌に残る、絶妙なバランス感覚。
カレーをおつまみにお酒を楽しめるなんて… ありそうでなかった、呑兵衛には貴重なカレー屋さんではないでしょうか(私にとっても)。

(2)サグカリール(880円)×パイナップルブランデー(650円)

クミンをベースに12種類のスパイスを配合。 サグ(ほうれん草)カレーといえば、ピューレ状にしたほうれん草のルーが一般的ですが、 カリール&リカー オイトでは、大きめにカットしたほうれん草がたっぷり入っています。

開店当初はピューレ状にして提供していたようですが、試行錯誤のすえ、食べごたえがあり、ほうれん草の旨味をダイレクトに感じられる現在のスタイルにたどり着いたのだとか。

トマト感もありながら酸味が抑えられたまろやかな口当たり、シンプルにおいしいです…!

一緒にいただくパイナップルブランデー」は、 パイナップルの甘酸っぱさとブランデーの豊潤な香りが絶妙なマッチで、 口当たりがよくこれまたついつい進んじゃう~。
旨味たっぷりのカレーに負けない奥深い果実酒、まさに最強のタッグですね。

(3)ダールカリール(880円)×みかんのホワイトリカー(650円)

マスタードシードをベースに8種類のスパイスを配合。 ひよこ豆やレッドキドニー、レンズマメ、緑豆など全部で6種の豆がゴロゴロと入っていて、食感を残した煮込み具合で食べ応え満点。 ココナッツミルクの甘い香りが効いていて、コクがあります。ご飯をクラッカーに変更できるというので試してみました。

クラッカーにディップしてスナック感覚で食べられ、ご飯よりもさらにお酒にぴったりですね。
一緒にいただく果実酒は「みかんのホワイトリカー」。 上品で華やかな甘みでこれまた口当たりがよく、ココナッツミルクの風味ともよく合います。

カレー以外のおつまみも美味しかった

豚肉とごぼうのビネガー煮込み(600円)

ビネガーとはいえ、酸味はなくまろやかで優しいお味。

ビネガーで煮込んでいることで豚肉が柔らかく甘みが出ていておいしいです。

ガルバンゾ―ののマリネ(400円)

ひよこ豆やレッドキドニー、白花豆を玉ねぎのみじん切りと一緒にマリネしたこちら、 オリーブオイルが味にコクを出していて マリネの酸味が苦手な方にもおすすめです。

ピリッとスパイスの効いたカレーをおつまみに、爽やかなほろ甘さの果実酒をいただく。
もちろん、カレーのみの注文でもよし、お酒を目当てに来てもよし、飲んだ後にカレーで〆るのもよし。 型にはまることのない店主の営業スタイルが、 カレーの楽しみ方を多種多様にしているのでしょう。

少し大人の香りが漂う「カリール&リカーオイト」で、「カレーとお酒」の究極な関係性をご堪能あれ。

紹介したお店(杉並区高円寺北)

Caril & Licor Oito(カリールアンドリカーオイト)(高円寺/インドカレー)

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

著者・SPECIAL THANKS

音仲紗良

某出版社にて美容をはじめ食やライフスタイル、ファッションなど幅広いジャンルの企画・編集に携わる。
現在、フリーランスとして主に美容や食を中心とした編集・執筆を務めながら、フードコーディネーター&スタイリスト、イタリアンの広報や料理提供、ケータリングなど幅広く活躍中。
雑誌:saita、サプリメント会社の季刊誌、東京ウォーカー
フリーペーパー:クーポンランド
WEB:大地を守る会、みんなのごはん、macaroni、byS、アンジー、みんなのごはん他
ラジオ:東京ラヂオ(企画・編集)、渋谷 東京モデルTV(出演)
出演:THEラブ人間「いつまでも愛しあってばかり」ミュージックビデオ他

(編集:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.