澤登正朗が監督に内緒で開いた決起集会 チームを裏でまとめた工夫とは

プロサッカーチームは負けが続くと暗い雰囲気になります。一般企業でも業績が上がらないとピリピリとしたムードになってしまいますよね。そんなときこそ「幹事」の出番なのかもしれません。修羅場をくぐったサッカー選手はどうやってチームを再生したのか? 元清水エスパルスの背番号10にして元サッカー日本代表、現在は指導者・解説者として活躍する澤登正朗氏に、チームを裏でまとめた体験談を都内某所で伺いました。(送別会・歓迎会新年会・忘年会)

澤登正朗が監督に内緒で開いた決起集会 チームを裏でまとめた工夫とは

澤登正朗が監督に内緒で開いた決起集会 チームを裏でまとめた工夫とは

僕は、ピッチの上で他の選手に大声で指示を出すタイプではありませんでした。「オレの背中を見てくれ」というほうだったと思います。

でもピッチを離れると、みんなと話をしていました。清水エスパルスでの現役時代はよく若手を連れて食事に行ったものです。最初に呼びかけてくるのは中堅の選手。安藤正裕とか興津大三が、「ノボリさん、行きましょう!」ってやってくるんです。

オフの前はとことん無礼講で朝まで…

行くのは駿河区にある焼き肉屋さん。今でも選手は通っていると思います。僕が店に到着すると、最初に誘ってきた選手が別の若い選手も連れてきて、いつも5、6人は連れて食事していましたね。もちろん、会計は僕が払わなければなりませんでした(笑)。普通の食事のときもありましたし、オフの前だと、そこから移動して朝までカラオケで歌っていたりもしました。

その場では、あんまりサッカーの話はしなかったと思います。いや、したのかもなぁ。覚えていません(笑)。途中から話した内容を覚えていないくらい飲んでいましたから(笑)。その場には先輩も後輩もありませんでした。とことん無礼講です。

降格の危機に直面し「僕が裏でまとめなきゃダメだ」と感じた

そんなプライベートな食事会を気が向いたらやっていました。でも、2005年だけは違いました。この年は本当にチームをまとめなければいけないと思ってやっていました。

2005年は長谷川健太監督の就任1年目でした。ケンタさんは初めてのJリーグの指揮で、本当は最初にコーチとして入閣できればよかったのでしょうが、チーム事情から監督になったようでした。

ちょうどチームも世代交代の最中で、なかなか勝てませんでした。ケンタさんはすごく頑張っていたけれど、勝ち点が積み上げられない。ケンタさんも本当に辛かっただろうと思います。ピリピリしていましたね。

降格の危機すら感じました。だから、これは僕が裏でまとめなきゃダメだと感じたのです。何回も選手だけでミーティングをやりました。ケンタさんがやりたいことはわかっていたので、それを他の選手たちに伝える。こういうときはこう動けとか、こうやって声を出せとか、そういうミーティングですね。

監督には内緒で選手だけの決起集会を開いた

僕がそういうことをやっていたと、今でもケンタさんは知らないと思います。練習が終わった後、監督は監督室に行くので、筋トレルームにみんなを集めて話をしたりしていましたから。表だってやっちゃうと、監督の立場を悪くするとも思っていました。それに監督に、「選手たちだけでミーティングやっていいか」と言うのはイヤじゃないですか。「何をやってるんだろう」と思われるだろうし。食事しながら話したり、決起集会を開いたりもしてましたよ。

ケンタさんとは元々仲はよかったんです。けれど、監督と選手という立場になると、ここから先は行ってはいけないというラインがあります。ケンタさんもボクに気を遣っていたし、そういう微妙な空気はお互いが承知していました。でも、その壁があったからよかった。

その阿吽の呼吸がエスパルスっぽかったと思います。信頼関係が選手の時からできていたから。エスパルスにはいつまでもそんな、みんなが息の合ったクラブであってほしいですね。

合わせて読みたい人気記事

福田正博がいま振り返るドーハの悲劇「僕はプレッシャーに負けた」

現役時代は浦和レッズ一筋、引退後も解説者としての立場からレッズ、および日本サッカーを見つめてきた福田正博氏に、食事へのこだわりとドーハの悲劇で学んだ重圧への対処法について話を伺いました。話進めていくうちに「ミスターレッズ」からは、もがき苦しんだJリーグ開幕当初の挫折経験、そして2015年は惜しくもチャンピオンシップ準決勝で敗れた浦和レッズへの愛に満ち溢れたメッセージも飛び出しました。

著者・SPECIAL THANKS

澤登正朗

澤登正朗

元プロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。

1992年、清水エスパルスに入団し、引退する2005年までエスパルス一筋。日本代表としてドーハの悲劇も経験している。

引退後は解説者としてテレビ出演多数。2013年からは常葉大学浜松キャンパスサッカー部の監督も務めている。

静岡県出身、1970年生まれ。

取材・文:森雅史(もり・まさふみ)

取材・文:森雅史(もり・まさふみ)

佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本サッカー協会公認C級コーチライセンス保有、日本蹴球合同会社代表。

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.