歓迎会でスピーチ!困った時に役立つスピーチ・挨拶例文

新入社員が入社したり、人事異動で職場に新たなメンバーが加わることになれば、自然と歓迎会に呼ばれる機会も増えますよね。しかしもし突然、歓迎会で挨拶やスピーチを頼む!と言われてしまったら・・・。苦手な人にとっては辛すぎる挨拶&スピーチ。今回はいざという時に困らないために、スピーチの際のポイントと実際に使える例文をご紹介していきたいと思います。(送別会・歓迎会特集)

歓迎会でスピーチ!困った時に役立つスピーチ・挨拶例文

歓迎会でスピーチ!困った時に役立つスピーチ・挨拶例文

迎える立場でのスピーチする際のポイント&例文

 

迎える立場でのスピーチする際のポイントとは?

会社や部署を代表しての歓迎挨拶、すごく緊張しますよね。しかしそれは、迎えられる側も同じなので、お互いに硬い挨拶やスピーチになってしまいがち。そんなタイミングなので、過度に堅苦しさを感じさせるようなスピーチは避け、和やかな雰囲気を保つようにしたいものです。

 

まずはこれから一緒に働く仲間に対して、期待を込めて迎えていることが伝わるようなスピーチ内容をするのが大切。特に新入社員の歓迎会などの場であれば、職場に関する紹介や、社会人としての心構えなどについて優しくアドバイスしてあげるのも良いでしょう。

 

また、もし社内の人事異動で新たなメンバーを迎えるタイミングの場合なら、スピーチの中に職場へ温かく迎え入れる気持ちを現すのが大切。仕事の面で経験は積んでいるものの、新しい職場への不安が先に立つ状況ですから、みんなで温かく迎え入れる言葉を掛けてあげるようにしましょう。

新入社員を迎える側の歓迎会スピーチ例文

新入社員の皆さん(人数が少ない場合は名前で呼んであげましょう)、

入社おめでとうございます。

皆さんを、新しい仲間としてお迎えすることができて、本当に嬉しく思っています。

 

今年に入り、ますます勢いが増している職場ですので、若く、バイタリティーの溢れている皆さんならば、活躍できる場所はたくさんある事と思います。

しかし、社会人生活をスタートさせた皆さんにとって、初めての職場には不安もあるかと思います。最初に覚えることも多くあり、分からないこともたくさん出てくるかもしれません。

 

時にはなかなか仕事が覚えられないと感じることもあるかもしれませんが、私も含め、ここにいる先輩社員たちも、そういう段階を経て今ここにいます。

初めは分からなくても当たり前ですから、遠慮なく先輩たちに尋ねて、どんどん学んでいってください。皆さんの活躍を、心より期待しています。

 

迎えられる側の歓迎会スピーチのポイント&例文

 

迎えられる側の歓迎会スピーチのポイントとは?

では、歓迎会であなたが迎えられる立場の場合は、どのようなポイントに気を付けて挨拶を行なったら良いのでしょうか?迎えられる側として行うスピーチのポイントは以下の通りです。

 

(1)まずは簡潔な自己紹介を行なう(入社年度や氏名など)

(2)歓迎会を開いて頂いたことへのお礼を述べる

(3)自分について知ってもらうための情報も含める

(4)今後の抱負や決意などを述べる

(5)最後は「宜しくお願いします」などと結ぶ

 

自分について早く知ってもらうことは、職場環境に馴染みやすくなり、スムーズに仕事ができる事にもつながっていきます。

 

スピーチが冗長にならないように注意しつつも、趣味や特技、異動のケースならば前部署での業務内容など、自分についての情報を盛り込むようにしましょう。

 

また、先輩方からのご指導をいただきたいという低めの姿勢はやはり好印象です。

過度にへりくだる必要はありませんが、腰を低くして謙虚に、スピーチに臨むことをお薦めします。

迎えられる側のスピーチ例文

この度、○○部△△課に配属となりました、○○と申します。



本日は、私(達)のためにこのような素晴らしい会を開いていただき、ありがとうございます。



この度は、この会社に入社させていただくことができ、私自身も本当に嬉しく思っています。

私にとっては初めての職場となりますので、分からないことも多く、皆さんにご迷惑をお掛けすることも多々あるかもしれません。

しかし、一日でも早く仕事のこと、そして職場のことを理解し、皆さんのお役に立てるようになりたいと願っています。



どうか皆さま、ご指導のほど宜しくお願い致します。

さいごに

いかがでしたか?迎える側は、職場へ温かく迎え入れる気持ちを現すこと、また、迎えられる側は、腰を低くして謙虚に望むことが大切です。歓迎会のスピーチ・挨拶でお互い好印象を与えて、その後の宴会も盛り上げましょう!

r.gnavi.co.jp


 

合わせて参考にしたい幹事必見記事

 

著者・SPECIAL THANKS

森山まなみ

森山まなみ

湘南エリアの真ん中で理想スローライフを追い求めつつも、いつまでたってもバタバタな働くママ。会社員歴9年+専業ライター歴8年。湘南生活6年生。5児+1にゃんこのママ歴14年です。

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.