ソフトドリンク以外で!お酒を飲まずに飲み会をやり過ごせる方法5つ

歓送迎会や新年会・忘年会などは、どうしても参加しなければならない飲み会の代表ですよね。でも、飲めない人にとっては苦痛な時間かもしれません。今回ご紹介するのは、お酒が苦手な人でも、飲み会で周囲のテンションを下げることなく、お酒を飲まずにやり過ごす方法の決定版です!

ソフトドリンク以外で!お酒を飲まずに飲み会をやり過ごせる方法5つ

ソフトドリンク以外で!お酒を飲まずに飲み会をやり過ごせる方法5つ

お酒が飲めない。だから飲み会に参加するのは苦痛でしかない。でも付き合いで飲み会に参加しなければいけない時もある。あ~嫌だ嫌だ、憂鬱だわ…。そう、そんな方にぜひおすすめしたい。今回はお酒が苦手な人が飲み会に参加した時に、周囲のテンションを下げることなく飲み会をうまくやり過ごす術、対処法をご紹介していきますよ。

【1】乾杯のタイミングの時だけ、周囲の雰囲気に合わせておく

いくらお酒が飲めないからと言って、最初からソフトドリンクを頼むのはあまりおすすめできません。乾杯といえば、やはり「ビール」が定番なので、飲み会の席では最初からビールが用意されていることもしばしば。そこで改めてソフトドリンクを注文していると、周囲を待たせてしまうことにもなりますし、周囲の雰囲気に水を差す可能性も出てきます。「乾杯のタイミングの時くらい、周囲の雰囲気に合わせたらいいのに」。そんな風に思われることもあるかもしれません。ビールは飲まなくても良いので、最初の一杯、乾杯のタイミングだけでは周囲と合わせ、少し時間が経ってから他の飲み物をオーダーするようにしましょう。

【2】自分は「お酒が飲めない体質なんです」とハッキリ言ってしまう

お酒が苦手なのは体質にも関わることなので仕方ありません。世の中にはお酒に強い人もいれば、弱い人だっています。そしてお酒に弱い人が、無理をして飲むことは命の危険にも関わるかもしれないのでおすすめしません。もし周囲にお酒を勧められたら、「私、お酒が飲めないんです!」と、はっきり宣言してしまいましょう。

もし、お酒が飲めない!と言ってしまう事で、場の雰囲気がシラケてしまうのが心配ならば、「私、お酒は飲めないですが、コーラでも酔った気分になれるんですよ!」など、お酒が飲めない代わりの代替案を加えて宣言するのが良いでしょう。それでも無理にお酒を勧めてくる輩には、「以前お酒を飲んで意識を失ったことがある」「お酒を飲むとじんましんが出てくる」くらいの大げさ感で脅かしてやりましょう。

【3】お酒の事を言わせないくらい、食いしん坊のキャラになってみる

これはたくさん食べる事ができる人限定の技かもしれませんが、お酒が飲めない代わりに、相手に突っ込む隙を与えないくらいに食べる作業に没頭することです。周囲が「いい食べっぷりだね~」と思わず言いたくなるくらい、食いしん坊の称号を獲得してしまうのです。一旦食いしん坊のキャラが定着してしまえば、周囲もお酒より料理を勧めてくることが多くなってくるため、結果的に誰も、あなたがお酒を飲まないことを気にしなくなるでしょう。

【4】困った時はノンアルコールドリンク!という選択肢

最近はノンアルコールドリンクが随分と充実してきましたよね。ビールを始め、カクテル、チューハイなどノンアルコールのバリエーションもたくさんあります。まだ実際に飲んだことがない!という方は、ソフトドリンク一辺倒ではなく、一度試しに飲んでみるのもおすすめですよ。不思議と酔わないけれど「飲んでる感」が出てきますし、雰囲気だけはバッチリ楽しめます。お酒好きのメンバーのテンションにも、うまく合わせて同調できるツールになりますよ。

【5】どうしても嫌なら、ひたすら動いて「気が利く人」になる!

飲み会の席、ソフトドリンク一辺倒で周囲に付き合うのはなんだか居心地が悪い。そんな風に思ってしまうアナタは基本的に気遣い屋さんです。そんな気遣い屋さんの面があるならば、飲み会の席で動き回って周囲のお世話をしてあげるのもまた1つの方法です。末席に座って料理を取り分けてあげたり、オーダーを取りまとめてあげたり、空いたお皿を片づけてみたり、時にはお酌をしてあげたり。これだけ動き回っていると、お酒を飲む時間、お酒を勧められる時間もなくなってしまいます。周囲は助かる!と感謝してくれるでしょうし、「よく気が利く人」という評価も定着し、あなたの好感度も上がっていくでしょう。

 

▼あわせて読みたいお酒の記事

お酌上手になって株を上げよう♪ 飲みニケーションのお酌マナー

【二日酔い予防】忘年会を乗り切るためのお酒との付き合い方

【忘年会対策】飲み過ぎ、二日酔い、食べ過ぎを乗り切る方法

これで飲み会の不安解消!苦手な宴会を克服するハウツーまとめ

  

著者・SPECIAL THANKS

森山まなみ

森山まなみ

湘南エリアの真ん中で理想スローライフを追い求めつつも、
いつまでたってもバタバタな働くママ。会社員歴9年+専業ライター歴8年。
湘南生活6年生。5児+1にゃんこのママ歴14年です。

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.