忘年会の座席表どうすればいい?知っておきたい4つのポイント

忘年会の幹事さんの腕の見せ所の一つが、座席表です。どんなグループのどんな規模の忘年会でも、参加者がみな気持ちよく過ごせるために、万全の座席表を作りたいもの。今回は上座や年齢を考慮したスタンダードな配置から、意外な決め方のテクニックまでご紹介します。

忘年会の座席表どうすればいい?知っておきたい4つのポイント

忘年会の座席表どうすればいい?知っておきたい4つのポイント

一年の労苦をねぎらい、新たな年へとつなげるための定番の飲み会といえば忘年会。皆が気持ち良く忘年会を楽しむために、幹事役の人であれば周到な準備が欠かせませんよね。会社単位での開催はもちろん、プライベートでも大切な人がいる忘年会の場合、「座席表」を作成するのも幹事の仕事の1つ。失礼がないように、また、皆で和気あいあいと楽しくやってもらうために、座席表作成もしっかりと考えて行いましょう。

忘年会、座席作成時に知っておきたい4つのポイント

【ポイント1】上座(かみざ)には上司の席を準備

当然のことながら、上座には社長や顧問、部長などの役職のある上司の席を準備しましょう。ただ、会社によっては上司の人数も違いますし、会場の座席の並び方によっても、席の決め方は少し変わってくることもあるので難しい点があるかもしれません。一般的な順番としては以下の通りです。

(1)社長
(2)専務
(3)常務
(4)本部長
(5)部長
(6)課長
(7)係長
(8)主任

上座に上司を横1列に並べる場合は、真ん中に社長(会長がいる場合は会長がトップ)、右隣りにはその次に偉い上司を、左側には3番目に偉い上司という形で席を用意します。

【ポイント2】幹事は下座の出入り口側に座る

幹事の席は、お料理やお酒などが運ばれてくる下座にしましょう。お店の人に追加の注文をしたり、お酌のために回ったりとフットワーク軽く動くためには、下座が便利で都合が良いです。常に全体を見渡し、参加者の様子や食事の進み具合、飲み物の減り具合に気を配りながら、臨機応変に動いてください。

【ポイント3】年配者から奥へ詰める形で席を用意する

上座に上司の席を用意したら、後は奥の方から年功序列で席を用意しましょう。年功序列には賛否両論があるかもしれませんが、単純に決めやすいという理由で年配者から並べることは、参加者にも分かりやすいかと思います。そして、新人は幹事と同じく一番手前の出入り口側に座ってもらってください。新人のマナーを自覚し、気を利かせて動いてくれる新人には、気軽にお手伝いをお願いしても良いでしょう。

【ポイント4】男性と女性の位置、犬猿の関係などを配慮する

合コンではないので、男女を交互に座らせる必要はありません。女性同士は固まった方が安心するということも配慮に入れて、いくら女性が少なくても男性ばかりが座っている席に女性を1人だけポツンと入れるようなことは避けてください。職場によっては男性が多い職場、女性が多い職場があり、男女の人数に偏りが出てしまうことは仕方がないことと割り切りましょう。また、社内には少なからず犬猿の仲という人たちもいますよね。そういう場合には席を離したり、間にクッション役の人を入れて気まずい雰囲気にならないようにしてください。

【番外編】座席決めのテクニックあれこれ

参加者が多くて席決めが大変な時や、逆に参加者が少なくていつも同じ席順・・・という場合、上司の席はともかく、他の社員の席はクジ引きで決めるのも良いアイデアです。ゲーム性の高いクジ引きなら不満もそんなに出ないと思いますし、席が近くなったことで、普段は交流がない社員同士が話すようになったりもします。

他にも名前の50音順で席決めするという方法もあります。定番中の定番ではありますが、前もって席決めしておきたい場合に便利です。この方法もえこひいきなしで、納得できる席順でしょう。そして、最後に幹事の特典(特権?)として、気になる人を自分の近くに配置するというマル秘テクもあります。「助けてもらいたいと思って」「新人が多いので下座を盛り上げてください」などと頼る言葉でお願いすれば、自然に席についてくれますよ。

いかがだったでしょうか?ここに挙げたポイントを押さえて座席表を作れば、失礼のない席決めができること間違いなしかも!忘年会は一年を締める会なので、座る位置で雰囲気が変わるようなことのないように、参加する皆さんが和気あいあいと楽しめる会にしてくださいね。

 

合わせて参考にしたい幹事必見記事

 

f:id:g-mag:20180426193531p:plain

著者・SPECIAL THANKS

森山まなみ

森山まなみ

湘南エリアの真ん中で理想スローライフを追い求めつつも、いつまでたってもバタバタな働くママ。会社員歴9年+専業ライター歴8年。
湘南生活6年生。5児+1にゃんこのママ歴14年です。

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.