付き合う前の「片思いデート」で気を付けるべきマナー

お付き合いが始まる前、相思相愛の確認が取れていない段階の男女がデートに出かけることってありますよね。自分の側からしたらまだ相手の気持ちがわからない、いわば「片思いデート」です。付き合ってからするデートとは全く違う「片思いデート」で、気をつけるべきマナーはあるでしょうか?男女それぞれに聞き取り調査を行いました。

付き合う前の「片思いデート」で気を付けるべきマナー

付き合う前の「片思いデート」で気を付けるべきマナー

男性が気をつけているマナー編

絶対厳守したいと思っていること

「彼女の終電を必ず気にするようにしています。付き合う前にいい加減なことにはなりたくないし、終電を気にすることで『自分はいい加減な気持ちではありません』っていうのも伝わると思うから」(27歳/営業)

 

紳士な哲学、頂きました。女子からしてみても、自分で終電の時間をちょくちょくチェックするのは感じ悪い気もして、戸惑いがありますよね。こうした男子の心遣いは嬉しい限りです。

 

並んで歩くときに気をつけたいこと

「自分が車道側を歩くのはもちろんだが、決して体が触れ合わないように気を付ける。後ろから自転車とか来ても、手を引っ張ったりせずに口で注意を呼びかけるだけ。付き合ってもないのに触ったりするのは失礼だと思うから」(33歳/公務員)

 

並んで歩いて、たまに偶然で触れ合ったりぶつかったりするのが楽しかったりもしますが、こちらの男性はそれすらも潔しとしていない様子。彼なりに、彼女を大切に思う気持ちが伝わってきます。

 

お会計はスマートに

「食事の終盤に、相手が席に立った隙を見計らってお会計を済ます。紳士のたしなみです」(28歳/SE)

 

彼によれば「付き合ったらもう少し気を抜く」とのことですが、付き合う前だからこそビシッと決める……それにしてもこうして見てみると、男性は付き合ったあとに比べて、付き合う前の方が格段に紳士のような気がしてきてしまいます…!

 

男関係の話は禁句?

「彼女のこれまでの恋愛や、恋愛的な近況に話がいかないように心がけている。探りを入れるみたいで嫌だし、もちろん聞くのがこわいっていうのもあるけど、自分が好きなのには変わりないから」(26歳/企画)

 

付き合う前だからといって恋愛話をタブーにしているのは珍しい気もしますが、こうした男子もいるようです。

 

女性が気をつけているマナー編

音信不通になること

 

「スマホをマナーモードにする。連絡が来ても、デートの間は返さない」(22歳/学生)

デート時間中は2人の時間を徹底的に楽しむという意志の表れ。たしかに、付き合う前から盛んにスマホをいじられたら、取り残された方はあまりいい気分はしませんよね。

 

服装に気をつける

「露出の度合いは私の中で重要なチェックポイント。露出しすぎは失礼な気がするけど隠しすぎも好きじゃないし、丁度その真ん中を狙います」(25歳/総務)

 

「露出しすぎは失礼」の真意は、付き合う前から誘惑することのないように努めるということらしいです。皆さんいろいろ考えていらっしゃる…。

 

脚を組まない?

 

「座っているとき、脚を組まない」(28歳/営業)

 

その理由について尋ねたところ「だってなんか感じ悪いじゃん」と、脚を組んだまま答えてくれました。猫かぶった保身のような気がしないでもないですが、相手を不快にさせない心遣いに基づいたものなので、たしかに“マナー”といえそう。

 

初心忘るべからず

片思いデートでは、男子はより男らしく、女子はより女の子っぽくなる傾向があるようです。その後付き合うことになっても、初心を忘れることなく続けていきたい…ですね!

 

ラブホスタッフ上野さんも登場するデートに関するハウツー記事

r.gnavi.co.jp

 

著者・SPECIAL THANKS

藤井弘美+プレスラボ

 

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.