ポーク卵おにぎり

[豚肉料理]
暑さが厳しい沖縄には、保存に適した缶詰がたくさんあります。
中でも、沖縄県民のソウルフードと言われているのが「ポーク缶」(ポークランチョンミート)を使った料理。
手軽に作れるポーク卵おにぎりで簡単ランチ 手軽に作れるポーク卵おにぎりで簡単ランチ

▲ラップに包んで持ち運びに最適(上)

▲ この材料(ポーク缶は半分)で3つぐらい握れます!(左下) ポークは、軽く両面をあぶって。(右下)

暑さが厳しい沖縄には、保存に適した缶詰がたくさんあります。中でも、沖縄県民のソウルフードと言われているのが「ポーク缶」(ポークランチョンミート)を使った料理。さっと焼いて、卵を添えた「ポーク卵」は、定食屋の定番メニューですし、チャンプルーにも使います。お味噌汁に入れても美味しく、ポーク缶は沖縄で「手軽に使える肉」として、頻繁に活用されています。

そのポークを、焼いて、卵と一緒にご飯にはさんだものが、この「ポーク卵おにぎり」。元々はハワイで「スパムおにぎり」として食べられていたものが移民を通して広まったと言われています。ポーク缶が大好きな沖縄人。ポーク缶を使った、手軽で美味しいおにぎりを取り入れない訳はないですよね。

ちなみに、ポーク缶の別名ポークランチョンミート。この「ランチョン」は「昼食」の意味だそうです。本当にランチにぴったりですね。

ポーク卵おにぎりの豆知識

ポーク缶は、豚や牛、鶏の、いわゆる「くず肉」をパテにして缶詰にしたものですが、戦後アメリカの占領下にあった沖縄では豚肉が手に入りにくかったこともあり、あっという間に浸透しました。ポーク缶と言えば「スパム」を思い浮かべる人も多いでしょうが、「スパム」は、ホーメルフーズ社の販売する、ポーク缶の商品名。他に有名なポーク缶は、「チューリップポーク」がありますが、近頃では沖縄県産豚を使用した「わしたポーク」も販売され、沖縄県民のポーク熱は、とどまるところを知りません。ちなみに、ポーク缶の消費量日本一は沖縄県。ポーク卵おにぎりの先駆け「スパムおにぎり」が誕生したハワイも、ポーク缶消費量全米トップだそうです。

沖縄料理一覧

豚肉料理
ラーメン・麺料理
家庭料理
すし・魚料理・シーフード
豆腐料理
丼物
天ぷら
カフェ・スイーツ
沖縄料理のご紹介「ポーク卵おにぎり」ページ上部へ